産後骨盤矯正ブログ

産後の腰痛、骨盤のゆがみも原因です

  • 2015年05月16日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

産後の腰痛は、中腰が増えることでもなりやすいということを

お伝えしました。

そしてもちろん、骨盤のゆがみによっても起こります。

産後、骨盤が前後左右のどちらかにずれて戻っている場合

当然骨盤自体は不安定になります。

 

 

不安定でも、骨盤は上半身を支えなくてはいけません。

そこで、不安になった体はその骨盤を支えるために

周囲に脂肪を付け始めるのです。

そう、脂肪で支えようとするわけですね。

 

 

そのため、下半身が大きくなる人が増えるのです。

どっしりして強くなるような気もしますが

骨盤は不安定ですので、腰痛は起こりやすくなります。

そして体重が増えることで今度は膝にも負担がかかりやすく。

骨盤のゆがみで股関節にもトラブルが起こりやすくなります。

 

 

これを予防するには、やはり骨盤の矯正が必要になってきます。

まだ股関節も腰も大丈夫だわ、と言っても

子育てをするにつれて痛みがひどくなる場合もあります。

体のメンテナンスのつもりで整体にトライしてみてはいかがでしょうか。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は女性専門の整体院です。

保育士も常駐しておりますので、お子様連れでも安心して

通っていただけます。

ページトップへ