産後骨盤矯正ブログ

なぜ骨盤が整うと、内臓の動きが活発になるのか??

  • 2015年05月14日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は骨盤矯正をすると、なぜ内臓の動きが良くなるのかをご説明します。

 

 

これ意外とみなさんご存知ない方が多いことです。

リボディの患者さんにも時々聞かれます。

だから今日はこの話をしようと思ったのです。

 

 

理由は簡単です。

骨盤に内臓が引っ付いているからです。

こんなことを言うと、頭のなかは????????だらけになります。

問題はこの先にあります。

 

ではなぜ骨盤に内臓が引っ付いていると、

骨盤を整えるだけで内臓が活発に動くのかです。

 

 

それは生理痛のところで一度説明したと思います。

骨盤がズレていると、引っ付いている内臓は引っ張られます。

引っ張られると内臓は固くなります。

固くなると収縮したり、伸びたりするのがしにくくなります。

だから働きずらくなるのです。

 

 

だから骨盤矯正したら、内臓の位置が戻って働きが良くなるのは当たり前です。

骨盤矯正で外側からの力と、骨盤が整うことで内側から体を整えるのが、

骨盤矯正のいいところでしょう。

 

 

体の不調は体の内部から起こっていることもあります。

だからリボディ魚住では体の内部のことまで、

カウンセリングの時にお尋ねします。

 

 

ただ単に骨盤が歪んでいるから骨盤矯正!整って良かったね!

では終わらないと思います。

私たちは骨盤矯正で予防も考えています。

今日はここまでです。

ありがとうございました。

ページトップへ