産後骨盤矯正ブログ

股関節と骨盤の関係

  • 2015年05月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

歩くたびに足の付け根が痛む。

そんな症状にお悩みではありませんか。

それは、股関節と骨盤に原因があります。

股関節の動きがスムーズでない理由は

正しい位置に収まっていないからです。

 

 

足の骨は、骨盤のくぼみにはまるようにして入っています。

きちんと正しい位置にあれば、その中で回転するので

足は滑らかに動きます。

しかし、骨盤のゆがみが原因できちんとくぼみにはまっていない場合

骨が引っかかったり、その周囲の筋肉に負荷がかかって筋肉や筋の痛みを生じることがあります。

 

そのままにしていると、筋肉に弾力がなくなり

ちょっとしたことで痛みを生じやすくなります。

子育て真っ盛りの世代なら、子供を追いかけることさえ辛くなってきます。

これは早めに治療した方が得策ですよ。

 

 

治療はズバリ骨盤矯正です。

骨盤を正しい位置に戻すことにより、股関節も正しい位置に戻ります。

痛みの他、最近何だか足が上がらない、躓きやすいなどの症状も

改善の方向に向かいます。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は女性専門の整体院です。

骨盤を手のひらでやさしく押さえるだけの痛みも恐怖もない

オリジナルの整体方法での骨盤矯正を行っています。

ページトップへ