産後骨盤矯正ブログ

靴選び、大丈夫ですか

  • 2015年05月01日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

普段からスーツを着るお仕事をしている人は

革靴を履く機会が多いのではないでしょうか。

女性だとヒールのある靴を履くこともあるでしょう。

この時、サイズがきちんと合っていないと

歩いているうちに指が前に詰まってしまって

足の指が曲がったり、足にタコができたりしてしまいます。

 

 

足の指が曲がったり、サイズが合っていなくて

歩くたびに痛む、という靴を履き続けていると

いつの間にか歩き方がおかしくなってしまいます。

靴の裏を見てみましょう。

すり減り方が傾いていれば、それは股関節や膝が曲がっているサインです。

 

 

体のどこかにゆがみがあると、どうしても体全体に支障が出やすくなります。

肩こりや首こり、腰痛、背中の痛みや股関節の痛みなど

あらゆる部分にトラブルが発生してしまいます。

早めに骨盤のゆがみをチェックしましょう。

そして、靴を変えることをお勧めします。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

初診の際に徹底して検査をします。

何が原因でどの部分にゆがみがあるのか

また、何が良くないのか、靴はどうしたらいいのか

そのようなことについてのアドバイスも行います。

どのようなことにもぜひ一度ご相談ください。

ページトップへ