産後骨盤矯正ブログ

あぐらも正座も絶対ダメなの?

  • 2015年04月26日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

あぐらや正座についてお話をすると、必ず来る質問が

「あぐらも正座も全般的にダメなのですか。全て骨盤がゆがむのですか。」

というものです。

確かに、ゆがむ原因にはなるんです。

 

 

でも、正しい座り方、というのもあります。

力を入れる場所や、座る場所などに気を付けて

長時間同じ姿勢を取らないように気を付ければ、ある程度は大丈夫なんです。

あぐらも正座も、あまり固い床の上ではしない方がよいです。

何かお尻の下に敷いてください。

冷えの予防にもなります。

 

 

また、どちらもおなかと背中に力をいれ

しっかり背筋を伸ばして座るようにすると

腰痛や骨盤のゆがみを予防することができます。

しかし、正しく吸われているのかどうかというのは

自分ではなく、他人に見てもらう方が分かりやすいですね。

また、本当に正しいものはどんなものなのかを知る必要があります。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

3つの方向からトータルで体を整えていく方法をとっています。

まず、骨盤矯正。

そしてゆがみを作りやすい体重バランスの乱れを矯正。

そしてゆがみを起こす日常生活の癖の矯正です。

この癖には座り方ももちろん含まれます。

丁寧に指導しますので、一度いらしてみてください。

ページトップへ