産後骨盤矯正ブログ

正座は膝に負担が大きい?

  • 2015年04月26日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

今日は正しい正座についてのお話です。

正座は誰でもできる簡単な座り方ですよね。

でも、正しい方法はご存知でしょうか。

間違った正座はいろいろなトラブルを引き起こします。

 

 

まず、正座は足がしびれますよね。

これは血行不良のため。

しびれる正座を繰り返していると

足が太くなったり、ひどいときには血栓ができたりして

メリットがありません。

 

 

本当の正座は、足がしびれにくいものです。

茶道等、長時間正座をする時には

お尻がべったり足の上に乗らない、少し腰が浮いたようなスタイルの

正しい正座を行うと、しびれにくいのです。

 

 

しかし、膝への負担は軽くすることが難しいです。

正座を長時間することで、膝が痛くなったり

O脚などになりやすくなるということです。

普段からあまり長時間の正座は行わないようにし

ときどき足のストレッチなどを行うと、膝が痛むことも

足の変形も予防することができます。

 

 

すでにO脚である、膝が痛いなどの症状をお持ちの方は

大阪市の整体院、リボディ魚住へどうぞ。

日ごろの生活についていろいろお聞きし

体の状態を確認してから、その原因がどこにあるのか

総合的に判断してお伝えしていきます。

ページトップへ