産後骨盤矯正ブログ

運動すると足裏が痛いのはなぜ?

  • 2015年04月17日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

久々に運動をしたら、腰が痛い、足が痛い。

すぐに治るだろうと思ったのに、これがなかなか引かず

特に足の裏が痛い。

そんな症状が起こることがあります。

 

 

今まで運動をしていない場合、筋肉が弱っていて

この部分に炎症を起こすことがあります。

その場合はしっかり炎症を抑えるために

まずアイシングです。

 

 

しかし、筋肉がついてきたはずなのに

やはりまだ痛みが続く場合は、体重のバランスが

うまく両足にかかっていないのかもしれません。

鏡の前で見てみましょう。

足の長さが左右異なりませんか。

 

 

その場合は、いつまでも片足だけの痛みが続きます。

そしてそれをかばうのに反対の足やほかの部分までも痛むようになりますので

運動を続けたいと思うならば、早めに整体を行うことをお勧めします。

まず足の長さを整え、体重バランスの矯正を行えるようにしましょう。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は

オリジナルの整体法である「トライアングル整体」と採用。

骨盤矯正はもちろん、体重バランスの矯正、そして

日常生活におけるよくない癖の矯正もいたします。

せっかく体のために運動をしているのですから

それで痛みが出ないようにきちんと体のメンテナンスを

行っておきましょう!

ページトップへ