産後骨盤矯正ブログ

産後の骨盤矯正は痛くなくても必要なの??

  • 2015年04月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住と申します。

今日は産後の骨盤矯正「痛みがない場合もしないといけないの」っていうことをよく聞かれるんですけど、これの必要性っていうのをご説明していこうかなと思っております。

結論から言いますと、痛みがなくても骨盤矯正っていうのは産後は必要です。
なんでかっていう理由を今から説明していきます。

まず一つ目なんですけど、痛みがなかったとしても骨盤っていうのは出産で緩むからです。
なんで緩むと駄目なのかっていうのを今からご説明していきます。

それは骨盤っていう中には内臓って言われる大切なもの、人間の例えば栄養とか水分っていうのを食べ物を食べてからガーっと回ってきます。
その間に消化吸収っていうのをしていくんです。
消化したり吸収したりっていうのをしていくんですけど、そういわれる内臓ですよね、その内臓がちゃんとした働きをしないようになってくるからなんです。

要は骨盤が広がっていると内臓の調子が悪くなってくるんです。
これを皆さんよく言われる「産後やから体質が変わった」って言われるんです。
例えば冷え性なったりとか、あと何かな、肩こりやすくなったりとかいろいろあると思うんですけど、便秘になったとかいろいろあると思うんですけど、そうやって体質の変化っていうのを言われることがあるんです。

これは何も痛みが出るわけではないんです。
ただ、自分で何かちょっと産後変わったなっていうのを実感するんです。
これなんでしてくるかっていったら、さっき説明した骨盤の広がりによって内臓がちゃんと動かないっていうことになってきますので、痛みがなかったとしても骨盤矯正っていうのは産後必要になってきます。

ですので産後で特に痛みもないって言われる方でも1度お越しいただいたほうが僕はいいと思います。
どこでもいいので、そうやって産後骨盤矯正っていうのをしていただいて、ちょっと整えるところを探されたらどうかなと思います。

今日はここまでです。ありがとうございました。

ページトップへ