産後骨盤矯正ブログ

産後の骨盤矯正でお尻は小さくなる!

  • 2015年04月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は、産後の女性に向けて骨盤矯正のお話をしていきたいと思います。
今日の内容なんですけど、産後の女性によく言われるのが「骨盤矯正をしてる途中でお尻小さくなった」ってよく言われるんですね。
僕からしたら当たり前です。

でも患者さんってけっこう分からなかったりするんですけど、最近インターネットの普及でね、こういうことが言われるようになってきて、皆さんけっこう気づかれてる方がいらっしゃると思うんです。
産後の骨盤矯正をちゃんとしていくとお尻って必ず小さくなります。

どういうことかって言ったら、出産とともに骨盤ってこれ、ドーンと開くんですね。
で、ドーンと開いたら、人間って本来骨で支えてるもんなんで、その骨組みがガーンて開くとめっちゃ不安定なりますよね。

だから体ってこうぐらぐらして不安定になっちゃうんですけど、その不安定感をちょっとでも安定させようと思って、こう広がった骨盤の間にどんどん脂肪を埋めようとするんですね。
だから産後のお尻まわりっていうのはすぐ大きくなっちゃうんです。
ぽちゃっとね。

逆にそういう方を見ると、あ、骨盤矯正してないねんなと、まあしててもちゃんと受けれてないんやなっていうのが分かるんですね。
でもちゃんと定期的に骨盤矯正をしていくと、どんどん骨盤まわりってちっさくなるんですね。

なんでか言うと骨盤が整うから、脂肪がつくスペースがないっていう感じなんですね。
逆に産後の骨盤矯正を受けてるのにお尻ちょっとちっさならへんわなっていうのは、二つ原因が考えられるんですよね。

1個は骨盤矯正の技術が悪い。
骨盤矯正になってないっていうパターンですね。

もう1つは、産前からそれぐらい大きかったっていうことなんですよね。
要は、ちゃんと閉まってる状態でもそんだけ本来お尻が大きかったら、産後やから言うてそれが小さくなるかって言ったらそれちょっとなりませんよね。

まあよくあるんですけど「二人、三人てご出産されてて1回も骨盤矯正受けてないんです」っていう方は、受けられたらめっちゃ変わります。
なんでかって言ったら、それだけ受けてないシーズンが長かったんで、要はぐらぐらのままずーっと過ごされてるんですね。

本来、産後ってけっこう骨盤矯正をして効果が得やすいタイミングなんです。
ですんで、「2、3人産まれててまだ骨盤矯正してないよ」っていう方はね、受けられるとけっこうお尻まわりちっさくなりますんで。
けっこううちの患者さんでも喜ばれてる方は多いです。
そしたら今日はこれで終わりたいと思います。ありがとうございました。

ページトップへ