産後骨盤矯正ブログ

産後の骨盤ベルトの巻き方①

  • 2015年04月12日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は、ベルトの巻き方についてご説明していこうかなと思っております。
よくあるのが、産後の腰痛とかね、産後のトコちゃんベルトとか、ぎっくり腰なんかで骨盤ベルトを使ったりするんです。

何が必要になってくるかなっていうのなんですけど、要は巻き方なんですね。
巻き方がむちゃくちゃやったら、どんなええ商品使っても全部意味なくなるんです。
要は効果が出ないっていうことになってくるんですね。

だから正しい付け方、巻き方っていうのが大事になってきます。
巻き方が必要、正しい巻き方が必要になってくるのと、あとは正しい期間。
もう必要がないのに巻いてる必要もないので。
長期間巻く必要もないので。

巻き方と正しい期間です。装着期間です。
この二つなんですけど、まずは今日は正しい巻き方っていうほうを、ご説明していこうかなと思っております。

巻き方なんですけど、もうこれ模型見たら一番早いです。
産後なんかは、どこを安定させていきたいかって言ったら、もうここなんですね。恥骨っていうんですけど、前ですね。前側ですね。
ちょうど股の付け根になります。

ここを産後なんかは安定さしてあげると骨盤がすごく安定してきやすいです。だから治療のときなんかも大事にしてるんですけど、やっぱりこの骨盤全体を整えていかないといけませんよっていうことはご説明していってます。

ここを安定させたいんですけど、これってね、体の表面から触りづらいところにあるんですね。股関節、まあ股の付け根になるんで、確認しづらいです。

まずは今日はここまでです。
次回も産後の骨盤ベルトの巻き方をご説明します。
ありがとうございました。

ページトップへ