産後骨盤矯正ブログ

骨盤のゆがみの原因は出産だけではない!

  • 2015年03月22日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

産後に腰痛になってしまったと訴える人がいます。

確かに出産は骨盤をゆがませてしまう原因になりますが

それだけではないのです。

結局普段の生活の蓄積が、骨盤をゆがませる原因になってしまっているのです。

 

 

女性の体は、出産のために10ヶ月かけて骨盤を広げ

そのあとに徐々に閉じていきます。

普通にしていれば正しい位置に戻るはずなのですが

産後のママは大忙し。

授乳であぐらをかいたり、横座りをしたり。

大きな赤ちゃん用の荷物を片方に抱えて赤ちゃんをだっこしたり

どうしても骨盤をゆがませる動きが増えてしまうのです。

 

 

産後1か月は骨盤自体がとても不安定なので

その間は安静にしておくのがベストです。

まずは体を休めましょう。

しかしそれを過ぎたら1日も早く、骨盤矯正を行いましょう。

骨盤が完全に閉じてしまう前の方が

正しい位置に戻しやすくなっています。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

産後1か月からの骨盤矯正をお受けしています。

それまでは、骨盤ベルトなどを使用して、安静にしておきましょう。

体が落ち着き、回復したらお子様連れでどうぞ。

常駐している受付兼保育士がすぐそばでお子様の対応をしますので

ママも安心です。

ページトップへ