産後骨盤矯正ブログ

産後の骨盤矯正は本当に必要なのかと疑っている人へ

  • 2015年02月14日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

産後の骨盤矯正はとても大切だと言います。

しかし、みんながみんな骨盤がゆがむの?と半信半疑ではないですか。

産後、太らない人だっているじゃない、と。

ここではっきり言います。

骨盤は必ずゆがみます。

 

 

というのも、妊娠から出産までの間、女性の体は

出産時に骨盤がしっかり開くように準備を始めるからです。

坐骨がしっかり開かないと、赤ちゃんの頭が通りません。

体は出産に向けてしっかり準備をしていくわけですね。

通常は逆三角形になっている骨盤が、四角くなるくらいしっかり開きます。

 

 

そして、産後、半年ほどかけて骨盤は徐々に閉じていくのです。

その時にきちんと骨盤矯正をしてあげれば

産後すぐにスリムになることは可能なのです。

骨盤がゆがんだままだと、下半身太りの原因になるのはもちろんですが

腰痛や股関節痛などを引き起こす可能性も高くなります。

むくみや冷えなども気になる所です。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では、産後1ヶ月からの

骨盤矯正をお勧めしています。

保育士が常駐していますので、赤ちゃんを連れて来ても

安心して施術を受けることができます。

産後は骨盤矯正をするチャンスです。

ぜひ、トライしてみてください。

ページトップへ