産後骨盤矯正ブログ

産後、骨盤が広いままになっている・・・

  • 2015年06月02日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

出産後にどうも骨盤が広くなった気がする。

実際知人にもお尻が大きくなったとか、骨盤が大きくなった、とか言われてしまう。

日本女性は小尻を理想として掲げる人が多いので

これは結構ショックかもしれません。

 

 

実際、産後に骨盤が広がったまま戻らない、という人はいます。

しかし、実際には広がったままではなく

ゆがみでもとに戻れないという状態なのです。

骨盤は産後しばらくはリラキシンというホルモンの影響で

どうしても緩みがちですが

徐々にそのホルモンも減り、骨盤が閉まり始めますが

この時に整えてやらないと、骨盤のゆがみがそのままになって

結果、骨盤が広がったままのような状態になるのです。

 

 

骨盤が広がったままだと、周囲につく脂肪の量も増えますので

お尻が大きい、ということにもつながるんですね。

これは産後の女性が抱える大きな悩みの1つです。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

産後1か月からの骨盤矯正をお勧めしています。

保育士が常駐していますし、ベビーカーでも来られる環境になっていますので

お子様を預ける場所がない、と心配することなく

骨盤矯正を受けていただけます。

ご安心ください。

ページトップへ