産後骨盤矯正ブログ

食事の量と産後の骨盤の緩みが関係あるってご存知ですか?

  • 2017年01月03日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

食事の量と産後の骨盤の緩みが
関係あるってご存知ですか?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「食事の量と産後の骨盤の緩みが
関係あるってご存知ですか?」
という記事です。

 

 

出産後に気になるのは、
・授乳しているから食べても大丈夫
・産後に骨盤矯正で痩せるし…
・我慢してもお腹がすくんです
・自分でどのようにケアすればいいかわからない

 

 

と不安になるママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
食事と産後の骨盤がどのように
関係しているのかを解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

産後の骨盤、大きな勘違い

なぜこの内容を書くのかというと、
産後で骨盤が緩んでいる、
または開いている人は勘違いしているからです。

 

 

緩んでいるから閉めたらいい。
開いているなら整えたらいい。

 

 

簡単やん。
そう思っていませんか?
うちの骨盤矯正サロンに来られる産後のお母さんは、
ほとんどの方がこう思っています。

 

 

これ大きな間違いです。
物理的に出産で骨盤が開く。
これは当たり前のことです。

 

 

一流と二流の違い

骨盤を締めたり、
整えたりすることは大切です。
でも産後は骨盤のいい状態をキープするのが、
一苦労なんです。

 

 

骨盤がグラグラ、、、
歩いてもふらふら、、、
抱っこしていたら疲れやすくて、、、

 

 

骨盤をキレイに整えてあげるのは二流です。
その状態をキープできるようにするのが、
一流の仕事と私は思います。

 

 

産後の生活習慣とは

産後の女性が骨盤を開かないようにするには、
生活習慣を整える必要があります。

 

 

例えば、
バギーの押すときの歩き方
産後で授乳の時の注意点
抱っこひもの巻き方
台所で家事をするときの立ち方  などです。

 

 

食事の量と骨盤の関係

今日は冒頭でも言った通り、
食事量と骨盤の緩みの関係をご説明します。

 

 

骨盤の中には内臓が入っています。
わかりやすいのが腸です。
大腸と小腸です。
その上にあるのが胃袋です。

 

 

たくさんの食事を食べたときにお腹はどうなりますか?
ズボンのベルトを緩めませんか??
緩めますよね。

 

 

なんでですか?
お腹が苦しいからですね。

 

 

骨盤の中には胃袋という風船が入っていると思ってください。
たくさんの食事を食べるとこの風船が膨らみます。
骨盤の中にこの風船があるので、
膨らむと骨盤さえもベルトと、
同じように緩める作用があります。

 

 

ぜひ注意してください。
ベルトを緩めないとしんどいくらい
ご飯を食べたとしたら確実に産後の骨盤は緩みます。
骨盤が開きまくってグラグラになっています。

 

 

もしあなたのお友達などがご存知なければ、
教えてあげてください。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

LINE登録してお名前(フルネーム)を
送信していただくと、
お得な情報GET出来ちゃいま~す!!
https://line.me/R/ti/p/%40btx4824g

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


産後の骨盤矯正の目的ってご存知ですか?

  • 2016年12月28日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

産後の骨盤矯正の目的ってご存知ですか?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「産後の骨盤矯正の目的ってご存知ですか?」
という記事です。

 

 

出産後に気になるのは、
・大きい赤ちゃんが出てきて骨盤大丈夫かな
・骨盤が実際に歪んでいるのが実感できないし
・難産だったから負担が大きいかな
・帝王切開だから関係ないし…

 

 

と不安になるママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
産後の骨盤に関して本当のことを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

骨盤矯正の本当の目的

出産して骨盤が緩んでいるから…
出産した後には骨盤が開いているから…
産後は骨盤矯正をしようと決めていたから…

 

 

確かにそれも大事です。
出産したら骨盤は緩みますし、
その緩みは取らないと筋肉に負担がかかります。
骨盤が開いた状態では脂肪が溜まりやすくなります。
だからお尻が大きく見えます。

 

 

でもその理由だけではもったいないですね。
今日はリボディ魚住が産後の骨盤矯正を、
オススメする理由をご紹介します。
それは腸内環境が整うからです。

 

 

骨盤の中にあるもの

実は骨盤という骨は存在しません。

 

 

骨盤とは左右の腸骨という骨と、
真ん中にある仙骨という骨のセットでできています。
3つの骨のセットで骨盤になっています。

 

 

この腸骨という骨盤のパーツですが、
なんで腸骨という名前が付いているかが大事です。
それは腸と守っている骨だからです。
だから1センチ以上もある分厚い骨なんです。

 

 

骨盤が緩むとどうなるの?

骨盤の中には腸が詰まっています。
構造的なことを言うと、
その腸は骨盤と膜でつながっています。

 

 

だから産後に骨盤が広がったり、
緩んでしまうとその膜を通して
腸が引っ張られます。

 

 

引っ張られた結果、腸は固くなります。
固くなると腸の内部が変化して、
吸収率が低くなります。

 

 

だから栄養価の高いものを食べても吸収できません。
もったいなくないですか?

 

 

いくらいいものを買っても、
いくら手をかけて料理しても、
しっかり噛んで食べても全てトイレで出てしまいます。

 

 

だから産後に骨盤矯正を受けて欲しいのです。
産後に骨盤矯正が必要な理由はこれなんです。
あなたは産後に骨盤矯正は受けましたか?

 

 

産後の骨盤矯正のメリット

産後に骨盤矯正を受けるとこんなメリットがあるのです。
でもこんなことを言われている整骨院や、
整体院は案外ないと思います。
できれば骨盤矯正をするところを選ばれる際に、
このような基準を持たれることをオススメします。

 

 

もしあなたのお友達などがご存知なければ、
教えてあげてください。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

LINE登録してお名前(フルネーム)を
送信していただくと、
お得な情報GET出来ちゃいま~す!!
https://line.me/R/ti/p/%40btx4824g

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


骨盤矯正って女性にはダイエットにいいってご存知ですか?

  • 2016年12月27日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

骨盤矯正ってダイエットにもいいの?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「骨盤矯正ってダイエットにもいいの?」
という記事です。

 

 

出産後に気になるのは、
・大きい赤ちゃんが出てきて骨盤大丈夫かな
・出産に長時間がかかって骨盤はグラグラ…
・産後、歩くと骨盤あたりに違和感が…
・骨盤矯正ってちょっと怖い…

 

 

と不安になるママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
産後の骨盤がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

骨盤矯正ってどこを治すの?

ダイエットなんて聞くと産後の女性だけでなく、
いろんな世代の女性がきっと興味を持ちますよね。
私もその一人。(笑)
ぜひご一読ください。

 

 

そもそも骨盤矯正ってどこを治すの?
私たちの骨盤は3つの骨で出来ています。
骨と骨のつなぎ目は関節として隙間になっています。
この隙間に施術していきます。

 

 

骨盤が開いていると○○がどんどん

広すぎても狭すぎてもダメなんです。
特に産後の女性はこの隙間が広がっている状態で、
ほったらかしになっている可能性が大!
隙間が広がっている状態だと体は不安定ですよね、
だから脂肪で隙間を埋めようとします。

 

 

にっくき脂肪!!ダイエットの敵、脂肪!!
「産後だからしょうがないわ。」
「授乳してたら痩せるっていうし。」
そんな風に思ってる方いませんか?

 

 

不安定な骨盤に必要なこと

でも、ちょっと考えてみてください。
骨盤が不安定な状態だから脂肪がついちゃうんです、
食事を抜いて、運動をして、苦しい思いをしたって取れないですよね。
もちろん授乳でカロリーを消費したとしてもこの脂肪はとれません。
そうなんです!だから骨盤矯正って必要なんです。

 

 

不安定な骨盤だから、優しい施術が必要なんです。
うまくいかないダイエットの救世主が骨盤矯正だったなんて~、
とまさに目から鱗じゃないですか?

 

 

もちろん骨盤の状態が良くなったら、
そのあとは努力をしないといけないこともあると思います。
何でもかんでも食べて、運動もせずにゴロゴロして
「わたし骨盤が広がってるからしょうがない。」
なんてナシです。(笑)

 

 

女性は骨盤が広がりやすい?

当院ではダイエットのサポート(栄養面、運動面ともに)
プログラムもあるのでぜひどうぞ。

 

 

産後じゃない方、安心しました?
残念ながら骨盤が広がったり、
歪んだりするのって産後の女性に限らず
起こることなんですよ。
特に女性には起こりやすいんです。

 

 

生理の時に、腰が痛くなったり、
肩が凝りやすいと感じたり、頭が痛かったり…
生理痛の症状がひどいなーって
思っておられる方は要注意ですよ。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

LINE登録してお名前(フルネーム)を
送信していただくと、
お得な情報GET出来ちゃいま~す!!
https://line.me/R/ti/p/%40btx4824g

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


「妊娠中に骨盤矯正はダメなの??ってよく聞かれますが、、、

  • 2016年12月16日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

妊娠中に骨盤矯正はダメなの??

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「妊娠中に骨盤矯正はダメなの??」
という記事です。

 

 

妊娠中に気になるのは、
・ どこで骨盤矯正しようかな…
・ 早く骨盤矯正しないと…
・ 産後6ヶ月が骨盤矯正の期限でしょ?
・ 骨盤矯正って痛くないかな…

 

 

と妊娠中から不安になるママさんが多くいます。
そんなママさんの不安を解消するために、
産後の骨盤がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

妊娠初期のお腹の状態

産後は骨盤が緩みます。
誰でもそうです。
では妊娠中に骨盤は緩んで、広がるのか?

 

 

そもそも妊娠は10ヶ月かけて継続されます。
その10ヶ月という妊娠の間に
お腹の赤ちゃんはすくすくと成長します。
最初はお腹が少し出てきます。
そのうちにどんどんお腹の皮膚が伸びてきます。

 

 

妊娠中期以降の骨盤って?

今度は柔らかい皮膚が伸びにくくなってきた頃より、
硬い骨である骨盤が緩みだします。

 

 

柔らかい箇所が伸びてスペースを作る。
柔らかい箇所で足りなくなったら硬いものを緩めていく。

 

 

こうして作られるスペースに赤ちゃんがいるのです。
だから産後に骨盤が緩んでいるだけでなく、
妊娠中にも骨盤は緩むのです。

 

 

不安定な骨盤に必要なこと

実は、妊娠中であろうと、産後であろうと
骨盤がゆるむと腰痛になりやすいのです。
これは当たり前ですね。

 

 

では妊娠中に腰痛になった場合、
骨盤矯正はした方がいいか?
それとも妊娠中は骨盤矯正しない方がいいか?
どちらだと思いますか?

 

 

妊娠中の骨盤矯正がダメな理由

まあ、妊娠中期から後期なら骨盤矯正はダメでしょう。
理由は意味があって骨盤が緩んでいるからです。
その意味が上で書いたようにスペースを作るためなんですね。

 

 

わざわざ必要なスペースを作ったのに、
それを消すようなことをしていいはずがありません。
でも必要以上に骨盤が開いて腰痛になっている場合は、
処置は必要でしょう。
ただし必要最低限な処置になるでしょう。

 

 

例えばでいうと、骨盤ベルトを巻くことであったり、
腰痛軽減のテーピングを貼ることであったり、
マッサージをすることであったりです。
そうすることで腰痛が少しでもマシになると思います。
くれぐれも骨盤矯正などの処置はしない方がいいと思います。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

LINE登録してお名前(フルネーム)を
送信していただくと、
お得な情報GET出来ちゃいま~す!!
https://line.me/R/ti/p/%40btx4824g

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


ボキボキする骨盤矯正。産後に効果がないのをご存知ですか?

  • 2016年12月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

ボキボキする骨盤矯正。産後に効果がないのをご存知ですか?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「ボキボキする骨盤矯正。産後に効果がないのをご存知ですか?」
という記事です。

 

 

出産後に気になるのは、
・育児が大変で骨盤どころじゃ…
・育児したら、また骨盤が緩むでしょ…
・私は骨盤ベルトをしようと思う
・産後用に骨盤ガードルを買いました

 

 

と産後を気にするママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
産後の骨盤がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

骨盤の構造って?

産後は骨盤が緩いのです。
そもそも骨盤は3つの大きな骨が
パズルのようにはまっているのです。
そのパズルは軟骨という接着剤ではまっています。

 

 

産後はこの接着剤が結構緩いんです。
緩いというか、柔らかいから
なかなかズレやすいのです。
イメージは木工用ボンドとかと同じと思ってください。
固まるまではズレないように注意しないと、
すぐにズレてしまいます。

 

 

 

産後、ボキボキ整体がダメな理由…

上に書いた性質がある以上産後の女性にとって、
ボキボキの骨盤矯正は効果が出ません。

 

 

ボキボキの骨盤矯正は少しだけ痛いのです。
痛いということは余計な力が入っている証拠ですね。
この余計な力は治療側も入りますが、
患者さん側も入ります。

 

 

そうするとどうなるか?

 

 

ボキボキすると体はこうなる

自然と防御反応をしていることなんです。
だから骨盤が整うどころか崩れてしまいます。
体にとって味方なら防御反応は出ませんよね。
そういうことです。
だからボキボキの骨盤矯正は、
体にとって敵と同じなのです。

 

 

言葉では「産後の骨盤矯正」とうたっている整体院でも、
中身は全然違うものなんです。
だから注意してほしいものです。
産後の女性の骨盤は壊れやすい。

 

 

痛くない骨盤矯正のメリット

産後に痛くない骨盤矯正を選ぶとこんなメリットがあります。

 

 

例えば、
痛くないので早く骨盤が整う。
整体をした後に体が疲れない。
骨盤矯正に通うのが苦痛でなくなる。

 

 

特にリボディ魚住では保育士もいますので、
お子様連れでお越しいただけます。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


産後はなんでお尻が大きくなるのかご存知ですか?

  • 2016年12月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

産後はなんでお尻が大きくなるのかご存知ですか?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「産後はなんでお尻が大きくなるのかご存知ですか?」
という記事です。

 

 

出産後に気になるのは、
・最近、体重が増えていく一方で…
・産後、体重が一向に減らない…
・授乳していても体重が減らない…
・いろんなダイエットしたけどイマイチ…

 

 

と不安になるママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
産後のダイエットはどうしたらうまくいくのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

産後に骨盤が開く理由はコレ

答えは骨盤が開いているからです。
なんでもかんでも「骨盤が開いている=お尻が大きくなる」
という簡単なものではありません。
大きくなってしまう条件があります。
この条件については後で説明します。

 

 

そもそも骨盤が出産で開きますね。
開かないと出産できませんから。

 

 

骨盤が開くと当然安定性が悪くなります。
この開いた後に骨盤矯正をしてないから、
骨盤は不安定なままです。

 

 

骨盤のまわりに○○が付く理由

不安定なまま、ある程度の期間が過ぎた場合、
次に起こるのが脂肪で安定させようとします。
産後の女性が嫌いな脂肪がついてしまうのです。
脂肪がつく理由は骨盤が不安定だからなんです。

 

 

脂肪がつく場所=骨盤まわり

 

 

だからお尻も大きくなる。
骨盤矯正をするとお尻が小さくなる。
こんなのは当たり前です。

 

 

脂肪が不必要になったから!

 

 

あなたが産後ダイエットで失敗する原因

この原理を知らないまま、
あなたが食事制限やハードな運動をするとどうなるか?

 

 

結果は出ないままです。
体のいたるところが痛くなります。
脂肪は取れないままなので不健康そのものです。

 

 

でもご安心ください。
骨盤矯正をするといろんなメリットがあります。

 

 

産後の骨盤矯正のメリットとは

例えば、産前に履けていたズポン。
産後は履けなくなるというのがお決まりです。
しかもほとんどの産後の女性が体重は元に戻った。
でもズボンが履けないというお悩みを持たれています。

 

 

骨盤のまわりがパンパン。
ズボンのボタンが閉まらない。
太ももの付け根のところで引っかかる。
でもご安心ください。

 
骨盤矯正をすると履けるようになります。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


「脂肪がなくなると骨盤が緩まるってご存知ですか?」

  • 2016年11月25日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

脂肪がなくなると骨盤が緩まるってご存知ですか?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「脂肪がなくなると骨盤が緩まるってご存知ですか?」
という記事です。

 

 

出産後に気になるのは、
・なかなか体重が落ちない
・食べ物を抑えることが無理
・体重は落ちたけどズボンが履けない
・体重は落ちたけど骨盤にグラグラ感が…

 

 

と不安になるママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
産後のからだがどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

骨盤が緩むと何が悪いの

出産により骨盤が開く、
緩むというのはみなさんご存知ですよね。

 
開いたり、緩んだりという骨盤の状態ですが、
問題なのは骨盤が緩んでいるという状態が
「続くこと」なんです。

 
骨盤が開いていると骨の安定性が悪いのです。
骨の安定性が悪い(骨盤が開いている)と
骨盤の中に普段ではないはずの
スペースができるのです。

 

 

骨盤が緩むと脂肪が付く

上で言ったように緩んでいる状態が続くことにより、
脂肪がそのスペースを埋めるようになります。
人間の体は自動的にそうすることで
骨盤の安定性を高めようとするのです。

 

 

脂肪が巻きつきやすい2つの条件

こうなるまでにはある一定の条件があります。

 
骨盤が開いた状態で2週間以上経過している。
カロリーオーバーが1週間以上続いている。

 
この条件下では脂肪が骨盤周りに
巻きついてしまいます。
一旦巻きつくと落としていくにもある程度の条件が
必要になります。

 
骨盤矯正を定期的に受ける。
不必要なカロリー摂取を控える。
この条件が満たされると
骨盤矯正によるダイエット効果が出ます。

 

 

脂肪がなくなると骨盤が緩む理由

産後の女性が陥るワナで
よくあることをご紹介します。

 
骨盤が緩んでいて、骨盤の中や周りに
脂肪が付いているからその脂肪を落としていく。
そしたらまた骨盤が緩んでしまうのです。
意味おわかりでしょうか?

 

 

脂肪があることで安定しているのです。
だから脂肪がなくなると
一時的にグラグラの状態になります。
骨盤の緩みを取るはずが、
結果的に骨盤が緩んでしまう。

 
そうなんです。
これは定期的に骨盤矯正を「続けること」でのみ
解決できる問題なのです。

 

 

ですので、リボディ魚住では一定期間、
一定リズムで骨盤矯正ができないと
産後の骨盤の緩みを取ることは難しいと
お伝えしています。

 
骨盤矯正でダイエットをしようとするなら、
一定期間一定リズムでという条件が必要です。
あなたも骨盤ダイエットを考えるなら
この条件を大切にして骨盤矯正を
受けるようにしてください。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


「産後に巻く骨盤ベルト!実は巻いているだけでは効果がないのをご存知ですか?」

  • 2016年11月18日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

産後に巻く骨盤ベルト!
実は巻いているだけでは効果がないのをご存知ですか?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「産後に巻く骨盤ベルト!
実は巻いているだけでは効果がないのをご存知ですか?」という記事です。

 

 

出産後に気になるのは、
・とりあえず産後はベルトを巻く
・産後のガードルを買ったし
・出産セットで骨盤ベルトがあったし
・骨盤整えてから骨盤ベルトを巻くの?

 

 

と不安になるママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
産後の骨盤がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

骨盤ベルトで整う?

産後は骨盤が緩むというのはみなさんご存知のようです。
ではその緩んだ骨盤を整えるにはどうしたらいいか?

 

 

ここが1つの分岐点になります。
まず多いのが骨盤ベルトを巻くということ。
こちらは現状キープにしかなりません。
だから骨盤が緩んだ状態には変わりません。
だって骨盤を整えていませんからね。

 

 
骨盤ベルトを巻いているだけで
骨盤が整うことは絶対にありません。
現に私の骨盤矯正サロンには
「産後すぐから●ヶ月間、骨盤ベルトを巻きました。」
という産後の女性が多く来られます。

 

 

ほとんどの女性が腰痛や肩こり、
体重が減らないなどのエラーが出ていて、
そのエラーを解決しようと骨盤矯正サロンを訪れるのです。
少し考えてください。

 

 

骨盤を整える唯一の方法

骨盤ベルトを巻いて骨盤が整うなら?
そうです。
こんな腰痛や肩こりや体重が減らないという
エラーは出ませんよね。
骨盤の状態が悪いので、それをわかってもらおうと
体は信号としてエラーを出すのです。
そのエラーがいわゆる「症状」というのです。

 

 

産後で緩んだ骨盤を整えるには、骨盤矯正しかありません。
骨盤ベルトなどで整うのなら
『症状というエラー』なんて出ないはずですから。
だからあなたも骨盤矯正ベルトを巻いているだけでなく、
骨盤矯正をすることを考えましょう。

 

 

骨盤を整えるメリット

骨盤矯正をするといろんなメリットがあります。
例えば、産前に履けていたズポン。
産後は履けなくなるというのがお決まりです。
しかもほとんどの産後の女性が体重は元に戻った。
でもズボンが履けないというお悩みを持たれています。

 

 

骨盤のまわりがパンパン。
ズボンのボタンが閉まらない。
太ももの付け根のところで引っかかる。
でもご安心ください。
骨盤矯正をすると履けるようになります。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


慢性的な腰痛って治らないの?

  • 2016年01月20日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

慢性的な腰痛って治らないの?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「慢性的な腰痛って治らないの?」
という記事です。

 

 

腰痛の女性が気にするのは、
・そもそも慢性的な腰痛って治るの?
・慢性的な腰痛ってどういう状態なの?
・お医者さんは年のせいだと言うけど
・腰に負担がかからないようにと言われるけど

 

 

と不安を感じる女性が多くいます。
そこで慢性的な腰痛を解消するために、
慢性的な腰痛とはどういうものなのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

 

整骨院の先生の説明とは

なぜこれを説明するかと言うと、
勘違いをしている腰痛の女性が多いからです。
そもそも慢性的な腰痛ってどういう状態なの?
これを理解していない方が多いですね。
 

 
もし整骨院などに行かれているなら、
先生にも聞いてみてください。
きっと長引いている腰痛のことと説明されるでしょう。
おそらくあなたもそれを聞いて、
そうなんだ〜って思っていてはダメです。

 

 

なぜ長引くのかを聞きましょう。

 

慢性的な腰痛とは…

長引く原因は1つです。
毎日毎日傷つけているからです。
大なり小なりの負担をかけているのです。

 

 

慢性的な腰痛の原因は●●

それはあなたの生活の中の習慣と言われるところです。
この生活習慣によって
腰の筋肉に負担をかけているのです。
 

 
そして最大の問題があります。それは、
そのことに気づいていないあなたがいる。
そりゃ、腰痛も長引きます。
筋肉だって傷。
骨盤のズレだって傷なんです。

 

 

これからあなたにしてほしい事

ネットや雑誌、テレビで話題だからと言って、
腰痛改善ネタに飛びつくとまた腰痛になります。
早く腰痛を改善しようと思うなら、
自分の行動を振り返ってみてください。
きっと近くに大きなヒントがあります。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で慢性的な腰痛を改善させたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


帝王切開で骨盤矯正は必要か?

  • 2016年01月19日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

帝王切開で骨盤矯正は必要か?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「帝王切開で骨盤矯正は必要か?」
という記事です。

 

 

産後の女性によく聞かれる事があります。
・帝王切開は骨盤矯正が不要。
・帝王切開は安静で骨盤が戻る。
・帝王切開は骨盤ベルトで戻る。

 

 

と帝王切開の後の骨盤の状態に
不安を感じる産後の女性が多くいます。
そこでその不安を解消するために、
帝王切開の出産に対する骨盤矯正の必要性を
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

 

帝王切開の産後の問題とは

なぜこれを説明するかと言うと、
勘違いをしている産後の女性が多いからです。

 

 

例えば、
帝王切開で出産したから、
骨盤矯正は必要ないと言われた。
帝王切開で出産したから、
安静にしていたら骨盤が戻る。
帝王切開で出産したので、
骨盤ベルトをしていたら大丈夫。

 

 

 

このあたりは産婦人科や、
助産院でも言われているようです。
しかしよくあるのが、こんな問題です。

 

 

安静にしていても骨盤の不安定感がある。
それに腰痛がなくならない。
骨盤ベルトを巻くと、
帝王切開後の傷が痛む。
だから骨盤ベルトを巻くことができない。

 

 

帝王切開には骨盤矯正が必要か

要するに、
帝王切開であろうと、普通分娩であろうと、
骨盤は矯正するべきなんです。

 

 

その理由は、
出産の形態は違えど、
骨盤が緩む過程は同じだからです。

 

 

産後の骨盤の状態は●●に関係する

妊娠している最中、
10ヶ月かけて骨盤が緩んできたのです。
出産の手段が違うかっただけです。
どんな産み方であれ、骨盤を整えるべきなんです。
当たり前ですね。

 

 

注意したいのは、
出産の時のダメージが大きいかどうかです。
それは骨盤を壊すことに直結するからです。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤矯正を受けたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


ページトップへ