産後骨盤矯正ブログ

「産後、台所で腰が痛いんです、、、」 という相談

  • 2017年03月17日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

02463000881

こんにちは。

大阪市の骨盤矯正サロンリボディ魚住です。

今日は「産後、台所で腰が痛いんです、、、」

という相談を受けました。

それについての内容などをお伝えしますね。

 

 

その方は30代産後の女性です。

お子様は3人いらっしゃいます。

一番下がまだ2ヶ月ですね。

 

 

その産後の女性が困っているのは、

産後、台所で家事をしていると腰が痛い。

気づくと体全体が前かがみになっているそう。

前傾姿勢になっているそうです。

で気づくと腰が痛いそう。

 

 

台所で腰が痛い。

 

 

これだけ取ると、

台所に問題があるのかな?と。

 

 

確かに台所での労働時間が長いと、

腰の筋肉も疲れてくるので、

腰痛にはなりやすいです。

 

 

それも少しはあるかな、、、

と思っていました。

 

 

私は整体の時に何かしらの改善策を、

提案するようにしています。

 

 

歩いていたいなら歩き方。

立っていていたいなら立ち方。

抱っこ紐で痛いなら抱っこ紐の巻き方。

 

 

こんな感じで整体をして、

産後の生活習慣も改善しているんです。

だから整体をしても再発しないんです。

 

 

で、この産後の女性の場合は、

「添い乳の回数」を注意・改善しました。

 

 

まずは回数。

聞くと4回されているそう。

添い乳は半分に。

あとは座ってしましょうと。

眠いけど。

 

 

それと添い乳は添い乳でも、

その方法を少し変えました。

詳しいやり方は言ってもわかりづらいので、

ここでは説明しません(笑)

 

 

添い乳は産後のお母さんにとっては

日常的にすることです。

 

 

赤ちゃんが窒息するから危険!

という意見も出ていますけど、

実際の育児の現場ではほとんどの産後ママはやります。

 

 

添い乳の方法を変更するだけで、

骨盤は広がりにくくなります。

 

 

だから結果的に産後の腰痛や、

股関節痛などが出にくくなります。

痛みも出にくいいですし、

疲れにくくなります。

 

 

疲れは産後の女性にとっては

めっちゃ大事!

育児は疲れますからね〜!

 

 

産後に疲れが気になる方は、

ぜひ添い乳の方法を見直してください。

きっと変わるはずですから。

 

 

今日はここまでです。

ありがとうございました。

 

ご予約の方はこちらから。

もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院

リボディ魚住 院長 魚住行弘

 

産後のママ99/100人が気にする骨盤のこと

  • 2017年03月16日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

4260983i

こんにちは。

大阪市の産後の骨盤矯正サロン リボディ魚住です。

今日は、『産後のママ99/100人が気にする骨盤のこと』についてのお話です。

出産や妊娠で“骨盤が開くこと”は、

今や誰しもが知っていることですね。

ですが、開いた骨盤を元に戻す方法や、

骨盤の歪みが出ないようにする方法は、

意外と知られていないですよね。

 

 

産後の骨盤矯正っていつから始められるんですか?

どうゆうところへ行けばやってもらえるんですか?

骨盤ベルトっていつから巻いたらいいんですか?

どんな運動から始めたら良いんですか?

 
などと、産婦人科ではよく尋ねられました。

 
まず、ひとつ確実に言えるのは、

“産後”を専門に整体を行っている治療院へ行くこと。

 

 

なぜなら、女性の中でも、“産後”というのは、

とっても特別な状態。

デリケートで、繊細。

不安定で、壊れやすい。

 

 

だからちゃんと知識があるところで、

治療をしてもらわないと危険なんですよ。

 

 

その他のことに関しては、

赤ちゃんの大きさ、お母さんの体形、出産の仕方など。

妊娠・出産だけに関わらず、

人それぞれ個性や特徴、クセがあるので

一概に「こう!」ってゆう答えはないんですね。

 

 

一人ひとりに違った回答を、せねばなりません。

歪みも、開きも個人差があるのです。

誰でもかれでも、左右均等に、なんてアドバイスはおかしい!

 

 

一人ひとり違うのだから、

しっかり検査して体の状態を

調べて、

説明して、

治療を行う。

 

 

リボディ魚住での施術の流れはこうなっているのです。

 

 

そして、大半の方が小さなお子様連れでいらっしゃるのだから、

お母さんが安心して施術を受けられるよう、保育士がいます。

 

 

授乳の時間、お昼寝の時間・・・

小さなお子様連れでも安心して来られるよう、

完全予約制で待ち時間もございません。

 

 

産後の骨盤矯正がまだの方はぜひ↓からご予約を。

ご予約の方はこちらから。

もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン

リボディ魚住 院長 魚住行弘

大阪市中央区玉造2-15-9

06-6763-2677

 

 

最後までお読みくださって、ありがとうございます。

産後のむくみって骨盤と関係あるの?

  • 2017年03月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

20161009001-695x430

こんにちは。

大阪市の産後専門骨盤矯正サロン リボディ魚住です。

今日は「産後のむくみって骨盤と関係あるの?」という記事です。

 

 

やっと出産が終わりました。

1ヶ月はほぼ安静です。

って言っても、ほぼ安静にできる人はいないですけどね。

生活は続いてますもんね。

 

 

慣れない育児が始まる。

今まで通り家事もしないと。

夜も時間関係なく授乳やし、、、

 

 

そりゃこんな生活続けてたら、

体はタイミングが乱れますね。

だから産後っていろんな症状が出ますよね。

 

 

腰痛、恥骨痛、ひざ痛←おばあちゃんか(笑)

股関節痛、頭痛、肩こり、腱鞘炎。

 

 

でもこれがリアルですね。

あっちもこっちも痛い。

でもゆっくり寝ている暇なんてないんですよ。

主婦は。

 

 

今日はその中でも「産後のむくみ」に関してです。

むくみって何か?

正体は水分なんですね。

 

 

人間の体の6〜7割は水分なんです。

この水分が出たり入ったりします。

 

 

入るのは、水を飲んだり料理で食べたり。

出るのはトイレや汗ですね。

このバランスが狂うとむくみになるんです。

 

 

産後はこのむくみが起こりやすいです。

それは骨盤の開きがとても関係あるんです。

そもそも骨盤が開くと循環が悪くなるんです。

 

 

なんで循環が悪くなるかというと、

筋肉が循環させているんです。

この筋肉が骨盤が開くせいで、

ちゃんと動けなくなるんです。

 

 

だから体内に取り残されてしまう。

これが産後のむくみの正体です。

 

 

骨盤矯正をするといろんなメリットがあります。

今言った循環が良くなります。

特に下半身がすっきりします。

 

 

ちなみに何で下半身がむくみやすいか?

重力で溜まりやすいだけ。

この重力に反抗して、

戻す働きが筋肉なんです。

 

 

でもむくんでしまうと余計に動きづらいので、

筋肉は疲れやすくなります。

だからむくみが改善すると疲れにくくもなるんです。

うちの患者さんも産後のむくみは多いです。

 

 

そして産後っていくら寝ても疲れが取れにくいですよね。

一度、自分のむくみなんかもチェックしてください。

 

 

今日はここまでです。

ありがとうございました。

 

 

ご予約の方はこちらから。

もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン

リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ