産後骨盤矯正ブログ

産後の子育てって誰が教えてくれるの?

  • 2017年04月20日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

images-2

こんにちは。
大阪市玉造の保育士がいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 スタッフの門堀です。
今日は「産後の子育てって誰が教えてくれるの?」と言う話題です。

 

 

わたしは自分に子供がいませんが、
たくさんのママさんたちに出会ってきました。

 

 

赤ちゃんは可愛いけど、
自分の体がつらい時、
ママはとてもそう思えないようでした。

 

 

 

私も毎度思うのですが、
眺めてるだけの赤ちゃんは可愛いけど、
ずーっと泣いていて
何が欲しいか分からない子を、
相手にするのは大変だなぁ…と。

 

 

 

だって分からないんですもん。

 

 

 

骨盤矯正の整体院である、
当院がなぜこんなことを話題にするかと言うと、
産後のママたちの骨盤の開きや緩み、
歪みなどは子育てのやり方に大きく
影響を受けるからです。

 

 

 

誰だって初めてはあるじゃないですか。
子育てに関してはなかなか事前に、
学ぶことの難しい分野だと思います。
自己流でというか、
なるようになってるって方が多いですよね。

 

 

 

それが産後のママたちの骨盤を、
緩めてしまっているんです。
妊娠期間約10カ月、産後~カ月緩みっぱなし。

 

 

 

リボディ魚住では骨盤矯正プラス、
この育児に関しても口出しさせていただきます。
骨盤が広がっていかない動き方を提案していきます。
だから骨盤の緩みにくい状態をつくれるのです!!

 

 

 

ですが今回さらなる育児とゆうか、
乳幼児の専門家、妊産婦の専門家、
現役助産師さんを当院にお招きして、
産後のママたちの先生をしていただこうと
企画しているのです!

 

 

 

妊娠時期からママたちの体を診て、
お産に携わる助産師さんだからこそできるアドバイス。

 

 

 

授乳のタイミングや、
夜泣きのこと、
育児のあるあるをきっと解決してくれますよ。

 

 

 

ママも赤ちゃんも100人100様。
だからお1人ずつに、
寄り添ったアドバイスをしていきたいと考えています。

 

 

 

今回助産師さんの力もお借りして、
産後のママのお悩みにお答えしていきます。

 

 

 

気になられた方は、ご予約の方はこちらから。

もしくはお電話06-6763-2677まで。

 

 

 

今日はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住

産後の骨盤はおへそとネジの関係

  • 2017年04月17日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

images

こんにちは。

大阪市の骨盤矯正サロンリボディ魚住です。

今日は「産後の骨盤はおへそとネジの関係」という記事です。

 

 

 

産後って何に気をつけたらいいのか。

いっぱいありすぎやわ、、、

 

 

 

正解です(笑)

いっぱいありますよ。

 

 

 

でもそんな中でも、

僕がかなり注意して欲しいこと。

それはおへそです。

 

 

 

おへそに気をつけない人は、

背中が丸くなります。

こちら猫背と言います。

 

 

 

おばあちゃんの見た目の特徴ですね。

遠くから見てもわかります。

ちなみに私のおばあちゃんは背中が丸くなかったです。

 

 

 

踊りの舞台をしていたから。

 

 

 

ではなぜ舞台役者さんなどは、

まっすぐな背中をしているのでしょうか?

 

 

 

意識、、、(笑)

 

 

 

そうです。

意識をするんですが、

何を意識するのでしょうか?

 

 

 

それは背骨です。

 

 

 

舞台役者さんたちならわかります。

意識している背骨のこと。

背骨意識やでー!!って言ってもね、

一般の産後のママさんにはわからない。

何を意識する?

 

 

 

おへそ。

 

 

 

産後のママさんが意識するのは、

おへそです。

 

 

 

座った状態で体を横から見てください。

リビングなどのガラスで。

なければもガラスや姿見で結構です。

 

 

 

このおへその位置が、

後ろにあると背中は丸くなる。

前にあると背中は丸くならないのです。

 

 

 

簡単でしょ。

それだけの話です。

 

 

 

背中が丸くなると見た目は悪いです。

だからおしゃれな服を着てももったいないです。

でもね、もっと大事なことがあります。

 

 

 

骨盤がゆるむ。

 

 

 

骨盤はネジなんかと一緒なんです。

一方方向には緩みます。

その逆は締まります。

それがおへそと同じなんです。

 

 

 

姿勢を良くするといろんなメリットがあります。

例えば、ダイエットにも効果的。

だって姿勢をよくするだけで筋肉を使います。

だから代謝が上がります。

代謝が上がったら脂肪は燃焼されますからね。

 

 

 

産後、骨盤のまわりがパンパン。

ズボンのボタンが閉まらない。

いろんなダイエットで失敗した。

でもご安心ください。

おへそを気にするだけで変わります。

 

 

 

今日はここまでです。

ありがとうございました。

 

 

 

ご予約の方はこちらから。

もしくは06-6763-2677まで。

 

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン

リボディ魚住 院長 魚住行弘

産後は気になる骨盤とお尻のお話

  • 2017年04月14日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

写真 2017-03-09 14 52 19 のコピー

こんにちは。
大阪市の保育士がいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 スタッフの門堀です。

 

 

今日は「女子なら気になるお・し・り!!」についてです。

 

 

骨盤矯正の整体院ですから、
お尻の話は日頃からしているつもりですが、
お尻の形って骨盤の形が大きく関係しているってご存知ですか?

 

 

産後のママたちは、
痛みや違和感で骨盤の開きやゆがみを
なんとなく感じてる方も多いのですが、
1番多いのは、、、

 

 

「お尻が大きくなった」と言うことです。

 

 

当院ではダイエットサークルなるものがあり、
目標は様々ながら、
週に1回エクササイズを楽しんでいます。

 

 

そこで産後のママさんたちに
「どこが1番気になりますか?」と尋ねました。

 

 

すると、
「おしり!!ヒップアップしたい!」
と口々におっしゃいます。

 

 

ダイエットサークルの参加者は、
ほとんど骨盤矯正の治療を受けている方ばかりなので、
お尻の横幅は結構キレイに整ってきています。

 

 

問題はお尻のふくらみ!

 

 

骨盤の上には大きく3つのお尻の筋肉があります。
妊娠中から産後しばらくの間、
運動不足+骨盤が開いて上手に体を、
動かせなくなっているママたちのお尻の筋肉は
しぼみ気味・・・。

 

 

それならば!ということで、
次回のダイエットサークルではお尻の筋肉を中心に
エクササイズしていきます。

 

 

それもお尻の筋肉を鍛えられるだけではなく、
骨盤に歪みを作らない、
骨盤を開かせない、
背骨を整えていくようなエクササイズです!

 

 

子供さんで少し負荷を強めるのもいいかもしれません。
ママと赤ちゃんが一緒に楽しめるとよりやりやすくなりますからね!

 

 

お家で出来るエクササイズと、
注意点なんかもお伝えしていきます。

 

 

骨盤矯正でしっかり整えていっている骨盤を開かせたり、
歪めたりする運動はしないようにしましょう。

 

 

そしてみんなでヒップアップしましょう!!

 

 

ダイエットサークルに参加したい方、
骨盤矯正のご予約をしたい方へ。
ご予約の方はこちらから。
もしくはお電話からもどうぞ。06-6763-2677まで。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ページトップへ