産後骨盤矯正ブログ

慢性的な腰痛の原因は

  • 2014年12月23日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

ずっと同じ姿勢でいると腰が痛くなりますよね。

立ち仕事を生業としている人ならば

1度は「腰が痛い」という状態を体験したと思います。

腰が痛い、というのにはいくつか種類があります。

 

 

単純な筋肉疲労。

使い過ぎによるものですね。

それと、慢性的なもの。

特に何かしたわけでもないのにいつも痛いという状態です。

この慢性的な腰痛の場合は、骨盤のずれが原因として考えられます。

 

 

座り方、立ち方など日常生活におけるちょっとしたクセが

どんどん積み重なっていって、それが骨盤をゆがませる。

ゆがんだ骨盤は、周囲の筋肉や筋を引っ張る。

ほんの少しずつですが、ずっと違う方向に引っ張られたままの筋肉は

柔軟性を失って固くなります。

 

 

そうなると、疲労がたまりますし、ちょっとしたことで痛めやすくなります。

だからいつもいつも腰が痛い、という状態になるんですね。

そうならないためには、やはり大きな原因である骨盤のズレを

確実に解消してやることが大切です。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では、骨盤矯正と同時に

ずれを引き起こす生活のクセと体重バランスの改善を行っていきます。

ですから、効果がとても長持ちすると評判です。

ページトップへ