産後骨盤矯正ブログ

骨盤のゆがみが内臓に及ぼす影響もある

  • 2014年12月12日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

体が多少歪んでいても、別に体調に変化ないだろう。

そんなことを思っている人。

とんでもないです。

骨盤がミリ単位でゆがんでいるだけでも

あちこちに支障が出ます。

 

 

女性の場合は、特に内臓です。

骨盤の中に納まっている臓器は、定位置があります。

これが骨盤がゆがむことにより、圧迫を受けるようになると

血行も悪くなりますし、リンパの流れも滞ります。

 

 

そして、ずっと引っ張られっぱなしで固くなってしまった筋肉は

ちょっとしたことで痛めやすくなります。

神経も巻き込まれて引っ張られるので

痛みやしびれが出て悩まされることもあります。

 

 

女性で起こりやすいのは、生理不順やひどい生理痛などですね。

毎回耐えられないくらいの痛みがある。

具合が悪いなどが続く場合、骨盤矯正を試みた方がいいかもしれません。

ぜひ一度、リボディ魚住にお越しください。

 

 

大阪市にある整体、リボディ魚住は女性専門です。

女性の骨盤をしっかり知り尽くしている院長だからこそ

丁寧な施術が行えます。

女性が1人でも安心して来院できるように

保育士資格を持った受付が常駐しております。

 

 

2人きりになるのは不安・・・、子連れじゃないと無理。

そんなお悩みをお持ちだった方にも好評です。

ページトップへ