産後骨盤矯正ブログ

股関節が痛いのはうまくはまっていないから?

  • 2014年12月11日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

歩くとすぐに足の付け根が痛くなる。

だんだん辛くて歩けなくなる。

こういう症状が出る場合、もしかして股関節がゆがんでいるかも・・・。

 

 

何となく想像してもらえれば分かると思うのですが

足は、骨盤にしっかりはまっています。

本来の正しい向きでうまくはまっていれば

動いても痛みを感じることはほぼほぼありません。

 

 

しかしながら、それが斜めに入っているなど

少しでもずれたりしていると大変です。

お人形の手足がずれるとうまく回らないでしょう。

あの状態が人間で起こるのです。

 

 

人形は歩かないからいいのですが、私たちはどうしても

動いて回る必要がありますね。

特に子育て中であれば、自分の体重に加えて

子どもを抱っこしての移動などがおこります。

 

 

さらに負荷がかかれば痛くなるのは当たり前です。

これは、大半が股関節をきちんとはめてあげれば改善します。

そんな時こそ、整体の出番です。

 

 

大阪市玉造にある女性専門の整体院であるリボディ魚住では

初回に丁寧な検査をし、原因が分かるまで施術はしません。

適当なことはしたくない、本当に改善をさせたいからです。

 

 

今の体の状態をきちんとお話するので

納得して施術を受けてもらえること間違いなしですよ!

ページトップへ