産後骨盤矯正ブログ

介護腰痛は

  • 2014年12月09日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

子育て中の方が腰痛になりやすい、という話をしましたが

実は同じように、介護をしている方も腰痛になりやすいです。

特におうちで介護をしている、という場合。

親が介護される年齢になっているということは

介護する側も年齢がある程度高くなりますよね。

 

 

残念ながら、骨盤は油断していると加齢と共に開きやすくなります。

また、筋肉も衰えてきてしまいます。

ですから、介護をしている人は腰痛に悩まされやすいです。

 

 

その上、中腰で介助をしたり、抱きかかえたりしますし

中腰の状態をキープしてお世話をすることが多くなります。

中腰はとても負担が大きいです。

きちんと立っていると、上半身の重さは骨盤に乗りますが

中腰で斜めになっていたりすると

その支えは筋肉のみです。

 

 

筋肉が弱っているのに負荷をかけてしまうと

固まってしまいやすくなります。

腰が痛いとついつい普段の姿勢も悪くなりますから

骨盤や背骨のゆがみに拍車をかけてしまいがちです。

 

 

大阪市で骨盤矯正をお望みならば

手のひらで押さえるだけのオリジナル整体を施している

リボディ魚住へどうぞ。

腰痛の原因を丁寧にチェックして取り除いていきますので

介護による腰痛も改善することができます。

ページトップへ