産後骨盤矯正ブログ

姿勢を正しく保つには、ゆがみがないことも大切なんです

  • 2014年11月27日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

姿勢が悪い、と自覚することってありますよね。

座っていても立っていても、いつの間にか傾いている。

ついつい片側に体重をかけてしまう。

そういう時、自分で意識してきちんと立てば改善される。

そんなふうに思っていませんか。

 

 

特に、昔から「背筋をのばしましょう」と言われたイメージが強い人は

正しい姿勢=背筋をぐっと伸ばしてしまうかもしれません。

もちろん、体にゆがみがなければ全く問題ありません。

背筋が伸びているのは正しい姿勢に間違いはありません。

 

 

しかし、すでにゆがみがでている場合。

その姿勢を長く保つことができません。

それどころか、おかしな部分に力が入ってしまうので

逆に筋肉を緊張させてしまい

コリが痛みがひどくなってしまうこともあります。

 

 

正しい姿勢をきちんと保つためには、体のゆがみをとる必要があります。

大阪市の整体院、リボディ魚住では、骨盤矯正はもちろんですが

同時に日常生活に潜むゆがみの原因を解明し

その部分を改善するアドバイスを行います。

 

 

骨盤を整え、骨のゆがみを取って

自分でもきちんと生活に気を付け、正しい姿勢を保つ。

そうすることで、スタイルもよくなりますし

内臓の位置も整うので、体調もよくなりますよ。

ページトップへ