産後骨盤矯正ブログ

産後自宅で気をつけること

  • 2014年10月22日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

産後1ヶ月は骨盤ベルトを巻いて

おうちでゆっくり過ごしてください。

リボディ魚住ではそうお伝えしています。

 

 

でも、何もしないというのは何となく落ち着かないでしょうね。

いくつかアドバイスをさせていただきます。

まず、骨盤ベルトはきちんと巻くこと。

しかし、これも間違った巻き方だったりすると

あまり意味がなくなってしまいます。

 

 

骨盤矯正はまだ産後1ヶ月では早いのですが

骨盤ベルトの巻き方のアドバイスは行えます。

 

 

また、その他にも授乳の際にあぐらをかかないようにする、など

注意点がいくつかあります。

ついつい床に座ってあぐらをかいて授乳ということが増えるのですが

これは骨盤の開きを増長してしまいますし

片方に体重が乗ることが多いので

ゆがみを引き起こしやすくなります。

 

 

大変ですが、できるだけきちんと膝を閉じて

赤ちゃんを抱く方がどちらかに偏らないようにして

ゆがみを防ぎましょう。

 

 

産後1ヶ月を過ぎたら、一度チェックにいらしてください。

大阪市の整体院、リボディ魚住では

常駐の資格のある保育士がおりますので

赤ちゃんを預けてこなくちゃ・・・という心配もありません。

安心してお越しください。

ページトップへ