産後骨盤矯正ブログ

痛みがない=骨盤がゆがんでいない、ではないのです

  • 2014年10月21日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

骨盤がゆがむと、腰痛や股関節痛など

いろいろな痛みが生じます。

痛みがあると、整体や整形外科などに行こう、と思います。

 

 

では、痛みがなければ骨盤はゆがんでいないのでしょうか。

実はそんなこともないんですね。

足を組む時にいつも同じ足を組む、反対側は組みにくい、とか

横座りをすると、片方はやりにくい、などがあれば

ずれている確率が高いですね。

 

 

骨盤がずれると、痛み以外にも不調がいろいろ生じます。

例えば、ズレによって血流が阻害されることもあったりします。

そうすると、下半身の代謝が下がってしまい冷えが起こったり

むくみがひどくなったりもします。

 

 

また、骨盤の開閉がきれいにいかないので

生理の際の痛みが強くなったりもします。

通常痛みがなくても、このような不調がある場合には

骨盤のゆがみを疑ってみた方がいいでしょう。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

痛みを取るための骨盤矯正ももちろんですが

改善した後のメンテナンスも推奨しています。

定期的に調整を行っていくことで

痛みやこれらの不調とは無縁の状態になることができます。

 

 

痛みが出る前でも骨盤矯正はもちろん可能です。

大切な体の不調を予防するためにも、一度チェックされてみませんか?

ページトップへ