産後骨盤矯正ブログ

骨盤のズレ=股関節痛の原因に

  • 2014年10月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

骨盤を立てると正しい姿勢ができて、痛みが起こりにくい。

しかし、骨盤が寝ているといろいろ支障が出る。

そういうお話をちらっとしました。

 

 

骨盤が寝ていると、上半身を骨で支えることができません。

想像してみてください。

斜めになった部分に、上から重さがかかる。

力が他の方向に分散していきますよね。

 

 

そうすると、斜めになった土台はズレます。

これが骨盤のズレです。

 

 

そして骨盤がずれると、その下がずれます。

骨盤にはまっているのは股関節。

骨盤が開いたり、斜めにズレたりすると

当然、その下の太ももの骨は

間違った場所にいきますよね。

 

 

例えば、本来まっすぐ下に引っ張られているはずの

骨盤周辺の筋肉や神経が

斜めに引っ張られるとどうなるでしょうか。

距離が長くなる分、負荷が大きくなりますよね。

 

 

ずっとその負荷がかかれば、その結果は

当然のように「痛み」につながります。

これは湿布やマッサージでは改善することができません。

 

 

湿布やマッサージでは

骨のずれを解消することはできないからです。

大阪市の整体院、リボディ魚住では

女性専門の整体院です。

女性の骨盤矯正ならば、ぜひ当院におまかせください。

ページトップへ