産後骨盤矯正ブログ

骨盤は正しく立てる

  • 2014年10月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

正しい立ち方、座り方というのは

骨盤が立った状態になっています。

骨盤が立つ、って分かりますか。

 

 

坐骨がしっかりと下を向いている状態です。

座っていればよく分かるのですが

お尻の下に手を入れてみて

坐骨がしっかり感じられる状態。

 

 

これが、骨盤がしっかり立っていて

上半身の重さをしっかり骨盤で受けている証拠です。

しかもきちんと重心が真下に行っています。

 

 

よく、美しい座り方として

イスに深く腰掛ける、というのがポイントになっています。

これをやると良い理由は、体が斜めに滑って行かないからですね。

 

 

浅く座っていると、疲れてきたら

背もたれに背中を付けてしまいます。

その際、体とイスの隙間が三角形に。

これは、骨盤がかなり寝ています。

 

 

また、立った時に骨盤を立てたつもりで

かなり反っていたりする人が多いのです。

これも骨盤が寝た状態ですから

変な方向に体重がかかります。

 

 

当然骨盤がズレていきます。

そしてこれが周囲の筋肉や神経の痛みに発展します。

大阪市の整体院、リボディ魚住では

この仕組みを詳しく説明し

生活上での注意点をきちんとアドバイスします。

骨盤をしっかり立てて、痛みを予防して行きましょう。

ページトップへ