産後骨盤矯正ブログ

立ちっぱなしでも腰が痛くない訳

  • 2014年10月09日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

長時間立ったままでいると

腰が痛くなる、ということがあります。

立ち仕事をしていると

腰痛が持病になる、という人もいます。

 

 

しかし、同じ仕事をしていても

全く平気な顔をして立っている人がいます。

同じ時間、同じように立っている。

なのに、腰が痛いと言わない。

それはどうしてでしょうか。

 

 

腰痛に悩まされていない、という方は

正しい姿勢で立っています。

両足にきちんと体重が乗り

そのバランスは均等です。

 

 

そして、骨盤がしっかりと立てられていて

その上にきちんと骨が乗っているのです。

腹筋、背筋がともに鍛えられていて

ゆがみが出ないように支えられているのです。

 

 

正しい立ち方をしていれば

長時間立ちっぱなしでも意外に腰は痛めません。

きちんと上半身の重さが骨盤で支えられていないと

その重さを筋肉で支えることになります。

 

 

こと女性は、男性に比べて筋肉が少ないので

支えるのが大変なのです。

そのため、腰痛に悩む人が多いんですね。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

矯正はもちろんですが、生活においての注意点を

ペーパーでお渡しします。

正しい立ち方についても丁寧に説明していますので

とても分かりやすいと評判です。

ページトップへ