産後骨盤矯正ブログ

産後がチャンス?!骨盤矯正をするタイミングについて

  • 2017年04月27日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市玉造の保育士がいる骨盤矯正サロン リボディ魚住です。

今日は「産後がチャンス?!骨盤矯正をするタイミングについて」です。

 

 

 

骨盤を締めるなら子供産んだ後!みたいな定説がありますが、

子供産んだ後っていつ??

 

 

 

産後直後?

いやいやそれどころじゃないし。

 

 

 

産後1カ月?

産褥の検診も終わるし、いいかもですね~。

 

 

 

産後3カ月?

子どもも落ち着いてきますし、外出しやすいですね。

 

 

 

産後6カ月?

え?もう遅い??

 

 

 

産後1年?

え?もう無理?!

 

 

 

産後3年?

もう一人産まないとダメ?!?!

 

 

 

はっきり言って決まりはありませーん!!

 

 

 

ただ、開始できる時期としては、

普通分娩で1カ月検診を受け、

産褥機関を問題なく終了とお医者さんに認めてもらってから。

 

 

 

帝王切開でもだいたい同じころですが、

傷口の状態にもよりけりです。

 

 

 

早く始めるメリットデメリット、

おそくに始めるメリットデメリットがあります。

 

 

 

早くに始めるメリットとしては、

①産後はホルモンによって、

関節を繋ぐ部分が柔らかくなっているので

骨盤の形が整いやすい。

②育児の中での骨盤のために、

良い・よくない動作や姿勢を

早くから知れることで、整えた後も崩れにくい。

 

 

 

デメリットとしては、

メリットでもある関節を繋ぐ部分が、

柔らかいためちょっとしたことで

形が崩れやすい。

 

 

 

でもこのデメリットは、

当院ならではの生活習慣を直すことで解決できます。

それだけ、生活習慣が大事になってきます。

 

 

 

じゃあ、産後1年…3年…と経過したら、

もう骨盤矯正は受けれないの?

意味ないの?かと言うと、そうではありません。

 

 

 

産後直後の方とは骨盤の状態が変わってきます。

生活の環境も産後直後に比べると、

かなり変わってきているはずです。

 

 

 

だから気を付けるべき生活習慣などが、

変わってくるんですね。

患者さんのお話をしっかり聞き、

状態を把握し、

なるべく生活に寄り添い、

治療計画を立てていく。

 

 

 

そんなママと赤ちゃん思いなリボディ魚住で、

骨盤矯正を受けてみたいって思ったら、
ご予約の方はこちらから。

もしくはお電話06-6763-2677まで

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン

リボディ魚住


産後のダイエットはコレに気をつけろ

  • 2017年04月22日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の保育士のいる骨盤矯正サロン リボディ魚住です。

今日は「産後のダイエットはコレに気をつけろ」という記事です。

 

 

 

 

妊娠中は10キロまで。

これ一つの基準ですね。

そして10キロまでで成功する人と、

17、8キロ行ってしまう人と2種類いますね。

 

 

 

まあその基準の中だったとしても、

違ったとしてもどっちでも注意して欲しいのが、

今回の内容なんです。

 

 

 

まずダイエット=食事

 

 

 

ダイエットの鉄板ですね。

ですが食事って何をするかというと、

ほとんどの人が食べている食事量を減らす。

 

 

 

だってカロリー取りすぎているから。

 

 

 

わかりやすいですね。

取りすぎているカロリーを減らす。

 

 

 

そこで注意!

 

 

 

カロリーが減ると栄養も減る。

これを知っていますか?

 

 

 

その結果、おっぱいを通じて栄養が行かない。

=子供は栄養不足

=栄養を摂ろうと、お母さんは食べまくる(笑)

 

 

 

だから栄養バランスは良くしながら、

カロリーを減らす努力が必要なんです。

 

 

 

リボディ魚住では栄養を摂りながら、

産後のダイエットをしていきます。

 

 

 

そして産後にダイエットをした時に

あなたが直面する問題がこれです。

 

 

 

運動しても効果が出ない。

 

 

 

これも当たり前です。

理由は2つもあるんです。

 

 

 

まず1つ目。

そもそもダイエットをしていくにあたって、

運動は2割くらいの要素なんです。

 

 

 

でも勘違いしないでください。

運動したほうが痩せやすいし、

リバウンドしにくい体にはなります。

 

 

 

そして次の原因。

それは運動ができる体の状態ではないということ。

これは骨盤が広がったままなんで、

いくら運動してもほぼ0点なんです。

 

 

 

よっしゃ!

やったでー!!

 

 

 

っていうやった感があるだけなんです。

 

 

 

だからリボディ魚住では、

産後のダイエットとして運動や食事バランスの修正を、

行う前にすることがあります。

 

 

 

 

骨盤矯正

 

 

 

 

これをしないと、

受け皿がない状態でダイエットをすることになります。

これ結局、結果が出ないんですね。

 

 

 

土台に骨盤がある。

 

 

 

って話は聞いたことあると思います。

いろんな意味はありますが、

ダイエットでも当てはまります。

 

 

 

だからリボディ魚住でダイエット整体をすると、

こんなメリットがあります。

 

 

 

■腸の位置が正常な位置に戻る。

=腸での消化吸収率が上がる。

■筋肉の位置が正常になる。

=筋肉が使いやすくなり、代謝が上がる。

■高栄養低カロリーの食事を提案。

=迷わずに結果が出てしまう。

 

 

 

どうですか?

産後専門の整体院でしか提供できない

知識や技術、経験があります。

気になる方はご連絡ください。

 

 

 

 

今日はここまでです。

ありがとうございました。

 

 

 
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン

リボディ魚住 院長 魚住行弘


産後の子育てって誰が教えてくれるの?

  • 2017年04月20日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市玉造の保育士がいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 スタッフの門堀です。
今日は「産後の子育てって誰が教えてくれるの?」と言う話題です。

 

 

わたしは自分に子供がいませんが、
たくさんのママさんたちに出会ってきました。

 

 

赤ちゃんは可愛いけど、
自分の体がつらい時、
ママはとてもそう思えないようでした。

 

 

 

私も毎度思うのですが、
眺めてるだけの赤ちゃんは可愛いけど、
ずーっと泣いていて
何が欲しいか分からない子を、
相手にするのは大変だなぁ…と。

 

 

 

だって分からないんですもん。

 

 

 

骨盤矯正の整体院である、
当院がなぜこんなことを話題にするかと言うと、
産後のママたちの骨盤の開きや緩み、
歪みなどは子育てのやり方に大きく
影響を受けるからです。

 

 

 

誰だって初めてはあるじゃないですか。
子育てに関してはなかなか事前に、
学ぶことの難しい分野だと思います。
自己流でというか、
なるようになってるって方が多いですよね。

 

 

 

それが産後のママたちの骨盤を、
緩めてしまっているんです。
妊娠期間約10カ月、産後~カ月緩みっぱなし。

 

 

 

リボディ魚住では骨盤矯正プラス、
この育児に関しても口出しさせていただきます。
骨盤が広がっていかない動き方を提案していきます。
だから骨盤の緩みにくい状態をつくれるのです!!

 

 

 

ですが今回さらなる育児とゆうか、
乳幼児の専門家、妊産婦の専門家、
現役助産師さんを当院にお招きして、
産後のママたちの先生をしていただこうと
企画しているのです!

 

 

 

妊娠時期からママたちの体を診て、
お産に携わる助産師さんだからこそできるアドバイス。

 

 

 

授乳のタイミングや、
夜泣きのこと、
育児のあるあるをきっと解決してくれますよ。

 

 

 

ママも赤ちゃんも100人100様。
だからお1人ずつに、
寄り添ったアドバイスをしていきたいと考えています。

 

 

 

今回助産師さんの力もお借りして、
産後のママのお悩みにお答えしていきます。

 

 

 

気になられた方は、ご予約の方はこちらから。

もしくはお電話06-6763-2677まで。

 

 

 

今日はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住


産後の骨盤はおへそとネジの関係

  • 2017年04月17日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の骨盤矯正サロンリボディ魚住です。

今日は「産後の骨盤はおへそとネジの関係」という記事です。

 

 

 

産後って何に気をつけたらいいのか。

いっぱいありすぎやわ、、、

 

 

 

正解です(笑)

いっぱいありますよ。

 

 

 

でもそんな中でも、

僕がかなり注意して欲しいこと。

それはおへそです。

 

 

 

おへそに気をつけない人は、

背中が丸くなります。

こちら猫背と言います。

 

 

 

おばあちゃんの見た目の特徴ですね。

遠くから見てもわかります。

ちなみに私のおばあちゃんは背中が丸くなかったです。

 

 

 

踊りの舞台をしていたから。

 

 

 

ではなぜ舞台役者さんなどは、

まっすぐな背中をしているのでしょうか?

 

 

 

意識、、、(笑)

 

 

 

そうです。

意識をするんですが、

何を意識するのでしょうか?

 

 

 

それは背骨です。

 

 

 

舞台役者さんたちならわかります。

意識している背骨のこと。

背骨意識やでー!!って言ってもね、

一般の産後のママさんにはわからない。

何を意識する?

 

 

 

おへそ。

 

 

 

産後のママさんが意識するのは、

おへそです。

 

 

 

座った状態で体を横から見てください。

リビングなどのガラスで。

なければもガラスや姿見で結構です。

 

 

 

このおへその位置が、

後ろにあると背中は丸くなる。

前にあると背中は丸くならないのです。

 

 

 

簡単でしょ。

それだけの話です。

 

 

 

背中が丸くなると見た目は悪いです。

だからおしゃれな服を着てももったいないです。

でもね、もっと大事なことがあります。

 

 

 

骨盤がゆるむ。

 

 

 

骨盤はネジなんかと一緒なんです。

一方方向には緩みます。

その逆は締まります。

それがおへそと同じなんです。

 

 

 

姿勢を良くするといろんなメリットがあります。

例えば、ダイエットにも効果的。

だって姿勢をよくするだけで筋肉を使います。

だから代謝が上がります。

代謝が上がったら脂肪は燃焼されますからね。

 

 

 

産後、骨盤のまわりがパンパン。

ズボンのボタンが閉まらない。

いろんなダイエットで失敗した。

でもご安心ください。

おへそを気にするだけで変わります。

 

 

 

今日はここまでです。

ありがとうございました。

 

 

 

ご予約の方はこちらから。

もしくは06-6763-2677まで。

 

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン

リボディ魚住 院長 魚住行弘


産後は気になる骨盤とお尻のお話

  • 2017年04月14日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市の保育士がいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 スタッフの門堀です。

 

 

今日は「女子なら気になるお・し・り!!」についてです。

 

 

骨盤矯正の整体院ですから、
お尻の話は日頃からしているつもりですが、
お尻の形って骨盤の形が大きく関係しているってご存知ですか?

 

 

産後のママたちは、
痛みや違和感で骨盤の開きやゆがみを
なんとなく感じてる方も多いのですが、
1番多いのは、、、

 

 

「お尻が大きくなった」と言うことです。

 

 

当院ではダイエットサークルなるものがあり、
目標は様々ながら、
週に1回エクササイズを楽しんでいます。

 

 

そこで産後のママさんたちに
「どこが1番気になりますか?」と尋ねました。

 

 

すると、
「おしり!!ヒップアップしたい!」
と口々におっしゃいます。

 

 

ダイエットサークルの参加者は、
ほとんど骨盤矯正の治療を受けている方ばかりなので、
お尻の横幅は結構キレイに整ってきています。

 

 

問題はお尻のふくらみ!

 

 

骨盤の上には大きく3つのお尻の筋肉があります。
妊娠中から産後しばらくの間、
運動不足+骨盤が開いて上手に体を、
動かせなくなっているママたちのお尻の筋肉は
しぼみ気味・・・。

 

 

それならば!ということで、
次回のダイエットサークルではお尻の筋肉を中心に
エクササイズしていきます。

 

 

それもお尻の筋肉を鍛えられるだけではなく、
骨盤に歪みを作らない、
骨盤を開かせない、
背骨を整えていくようなエクササイズです!

 

 

子供さんで少し負荷を強めるのもいいかもしれません。
ママと赤ちゃんが一緒に楽しめるとよりやりやすくなりますからね!

 

 

お家で出来るエクササイズと、
注意点なんかもお伝えしていきます。

 

 

骨盤矯正でしっかり整えていっている骨盤を開かせたり、
歪めたりする運動はしないようにしましょう。

 

 

そしてみんなでヒップアップしましょう!!

 

 

ダイエットサークルに参加したい方、
骨盤矯正のご予約をしたい方へ。
ご予約の方はこちらから。
もしくはお電話からもどうぞ。06-6763-2677まで。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


出産時にもらう出産セットに関して

  • 2017年04月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の保育士がいる骨盤矯正サロンリボディ魚住です。

今日は「出産時にもらう出産セットに関して」という記事です。

 

 

 

最近の人は妊娠中にすることが明確。

どこで出産するか?

どんなサービスが欲しい!

こんな食事したい!

こういった基準で産婦人科を決めて出産します。

 

 

 

そんな産婦人科で出産セットっていうのを、

もらえるのをご存知でしょうか?

 

 

 

産後直後から必要なセットです。

主に赤ちゃんのものがほとんどです。

その中にはお母さんのものもあります。

 

 

 

骨盤ベルト

産褥ニッパー

産後ガードル

産後サポーター

 

 

 

などがそうです。

これらについて少し説明があります。

実際にこんな説明があったので載せてみました。

以下は業者さんの説明文です。

 

 

 

「産後の体の状態は人それぞれです。

ベルトやニッパーなどの使用目的はさまざまです。

 

 

 

産後半年は骨盤は緩んで不安定になりますが、

なんとなく骨盤の安定感が悪いと感じる程度であれば、

柔らかいサポーターでソフトに固定するだけで十分。

 

 

 

恥骨痛や腰痛などがあれば、

骨盤ベルトの装着をお勧めしています。

 

 

 

妊娠前の洋服を着たいからと、

外側からぎゅーっと巻くのはNGです。」

とこんな感じでまだ続きはありましたが、、、

 

 

 

これを読んでどう思いましたか?

僕はこう思いました。

 

 

 

「で、結局??」

 

 

 

不安定感=サポーター

腰痛、恥骨痛=骨盤ベルト

ぎゅーっと巻く=ダメ

 

 

 

私は産後の骨盤の専門家として言います。

不安定感でも、痛みでも骨盤矯正です。

だってサポーターの意味知ってますか?

サポートをするんです。

骨盤が不安定なのをサポートするんで、

解決はしないんです。

 

 

 

痛みが出てたら骨盤ベルト?

なぜ痛いのかを理解しないとダメでしょう。

その理由によって処置は違うはずです。

 

 

 

骨盤ベルトに関しては

骨盤矯正で整えた骨盤をキープするのに

使うべきだと思います。

 

 

 

ぎゅーっと締めたらダメ??

これって、どれくらい締めたらいいのでしょう。

よく聞かれますからね。

 

 

 

締め場所、締める方向、締める強さ。

このあたりの「ハウツー」ってとっても大事です。

このあたりを知らずに使うから、

 

 

 

効果が出ない。

実感が湧かない。

ズレる。

痛くなる。

=使わなくなる。

 

 

 

こういったことを伝える場合は、

具体的な数字などで伝えることをおすすめしています。

ですので、「ギュッと」などの表現で表している

商品などには要注意です。

 

 

 

骨盤矯正をするといろんなメリットがあります。

例えば、産前に履けていたズポン。

産後は履けなくなるというのがお決まりです。

しかもほとんどの産後の女性が体重は元に戻った。

でもズボンが履けないというお悩みを持たれています。

 

 

 

骨盤のまわりがパンパン。

ズボンのボタンが閉まらない。

太ももの付け根のところで引っかかる。

でもご安心ください。骨盤矯正をすると履けるようになります。

 

 

 

今日はここまでです。

ありがとうございました。

 
ご予約の方はこちらから。

もしくは06-6763-2677まで。

 

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン

リボディ魚住 院長 魚住行弘

 


産後のママに多い悩みの肩こりって、骨盤と関係があるんです。

  • 2017年04月07日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市玉造の保育士がいる骨盤矯正サロン

リボディ魚住、スタッフの門堀です。

 

 

今日は、「産後のママに多い、悩み~肩こり~」編です。

 

 

 

あるある~!

とたくさんの同意をいただけると思います。

 

 

 

妊娠するまで感じたことなかった。

仕事してるときはひどかったけど。

出産してからひどい!

などなど、肩こりの出方は人それぞれ。

 

 

 

ですが多いのは、やはり産後!

1番分かりやすいのは、

“育児”によるものだということ。

 

 

 

その中でも今までしたことがない、

赤ちゃんの時期にしかしないこと

そう“授乳”ですね。

 

 

 

赤ちゃんの首が座るまでは、

首も支えなきゃいけないし

ちゃんと吸えてるかのぞき込むし、

そもそもずっと抱っこしてるし!!

肩がこる要素しかないです。

 

 

 

でも実は、産後のママの体そのものに

肩を凝らせる要素があります。

それは何か。

 

 

 

「骨盤」です。

 

 

 

10カ月かけて大きくなる赤ちゃんを

支えてきた骨盤は、

その大きさを変えることなく

ママの骨盤として納まっています。

ユルユル、ぐらぐらで。

 

 

 

授乳をすると必ず出ているホルモンが、

骨盤のユルユル、

ぐらぐらを維持します。

 

 

 

背骨の土台である骨盤がユルユル、

ぐらぐらしているから

上に積み重なる背骨も不安定。

 

 

 

これが産後の姿勢の悪さとして表れています。

 

 

 

骨盤、背骨がユルユル、ぐらぐらだから

まわりの筋肉は固めようと踏ん張って、

頑張っています。

なんにもしてない状態でも、

筋肉が頑張って働いているんです。

 

 

 

そもそも筋肉は体を動かそうとして働くものですよね。

体を動かす前から頑張って働いているのですから、

いざ動かそうと思ったらもう限界!ってなっちゃいますね。

これが痛みやコリです。

 

 

 

産後のママの体は凝りやすい、

痛みが出やすい状態だということです

 

 

 

マッサージで筋肉をほぐす、

育児のやり方を見直す、

姿勢を直す、

 

 

 

の前にしなければならないのは、

骨盤を安定させることです。

 

 

 

ユルユル、ぐらぐらの骨盤を直せて、

育児のやり方も見直せて、

マッサージも受けられる。

保育士さんが赤ちゃんを見ていてくれるから安心。

 

 

 

そんなリボディ魚住で骨盤矯正を受けてみたい、

骨盤がどうなってるか見て欲しいという方は、

ご予約の方はこちらから。

もしくはお電話06-6763-2677まで。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

保育士のいる産後専門整体院

リボディ魚住


産後っていつまでに骨盤矯正したらいいの? 一番効果がある時期をご存知ですか?

  • 2017年04月04日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市の保育士のいる骨盤矯正サロンリボディ魚住です。
今日は「産後っていつまでに骨盤矯正したらいいの?
一番効果がある時期をご存知ですか?」という記事です。

 

 

産後は骨盤を整えるチャンス!
ってよく聞きますね。

 

 

結論は6ヶ月以内が最も効果的。
これはネットなんかでもよく出ていますね。
安心してください。

 

 

でも、、、

 

 

何に効果的か?
これ大事だと思いません??
別に隠したりしません(笑)

 

 

それはいくつかあります。
1つ目は骨盤が整えやすいのです。
これはズレを直すというのではなく、
緩んでいるという状態なんです。

 

 

ですので、ズレよりも
緩みの方が技術的にシンプルなんです。

 

 

2つ目はダイエット効果が出やすい。

長期間にわたり骨盤が緩んでいると、
脂肪がつきやすいのです。
量も問題ですが、期間も問題なんです。

 

 

少しでも早く骨盤を整えることで、
脂肪の粘着を最小限に抑えることができます。
結果としてダイエット効果が出やすいのです。
骨盤周りの脂肪に関して、
お悩みの産後の女性はめちゃくちゃ多いですね。

 

 

最後に赤ちゃんへの影響です。
骨盤が開いているといろんな症状が出ます。

 

 

産後の腰痛
産後の恥骨痛
産後の股関節痛
産後の肩こり
産後の頭痛

 

 

このような産後の症状があると、
お母さんはイライラしがちです。

 

 

お母さんがイライラすると
ホルモンのバランスが悪くなります。
そのホルモンバランスで授乳しますね。
そのおっぱいを経由して赤ちゃんは栄養をとります。

 

 

何が言いたいかわかりましたか??

 

 

イライラ満タンのおっぱいを飲んでいるんです。
ってなると赤ちゃんだってイライラします。

 

 

結果的に、

 

 

夜泣きがひどくなったり、
指吸いがなかなか止めれなかったり、
後追いがひどくなったりします。
不安や満足感が不足します。

 

 

これお母さんの骨盤が関係あるって
ご存知でしたか??

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

次回はこんな内容でお送りします。

 

 

どんな骨盤矯正がいいの?
どれくらいの期間必要なの?
どれくらいのタイミングでするの?

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 院長 魚住行弘


ページトップへ