産後骨盤矯正ブログ

妊娠中になんで体重って増えるのでしょうか?

  • 2017年01月31日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市の骨盤矯正サロンリボディ魚住です。
今日は「妊娠中になんで体重って増えるのでしょうか?」という記事です。

 

 

まずあなたは妊娠中に増える、
自分の体重の内訳をご存知でしょうか?
ほとんどの女性が知らないと思います。

 

 

胎児が約3kg
羊水が約500g
胎盤が約500g
子宮が約1kg
血液が約2kg
脂肪が約1kg

 

 

これが妊娠中の体重の内訳です。
まあ合計したら8kgから9kgなんですね。
これは必要があって体重が増えるんです。
最低限これくらい体重が増えないと、
出産の準備ができないという訳ですね。

 

 

逆に9kg以上増える場合が多いと思います。
産婦人科の先生などにきっちり言われているはずです。
体重増加は10kg以下にする。

 

 

これ10kg以上増えるとどうなるか?
出産時にいろんなリスクが増えます。
妊娠中にもリスクは増えるのです。
高血圧やむくみなどです。

 

 

2kgも増える血液は赤ちゃんへの授乳の準備。
1kgも増える脂肪は赤ちゃんを衝撃から守ったり、
子宮自体を守っているんです。

 

 

二の腕も脂肪がつきやすいんですね。
これも授乳の準備と言えます。
と言っても脂肪自体は全体でも1kg程度なんです。
だから9kg以上増加の場合は、
ほとんどが脂肪なんです。

 

 

これは出産の準備もありますが、
妊娠中の運動不足や食事量の増加がほとんどです。
体重が増えすぎて動きにくい。
だからまた体重が増えてしまって、、、
こんな悪循環が多いのが現実です。

 

 

そして動かないので筋肉量が落ちてしまい、
基礎代謝が落ちていくのです。
こうなるとむくみの原因になるんです。

 

 

来られる患者さんに妊娠中のお話を聞くと、
ほとんどの方がこのようなお話をされます。

 

 

結局、妊娠中にこのような状態になると、
産後も何かと問題が起こりやすくなりますね。
おそらく生活習慣の問題が多いのでしょうが。

 

 

産後の体重が思ったように減らないという女性、
リボディ魚住にも多いですよ。
ぜひご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 院長 魚住行弘


産後の尿漏れに対する解決方法

  • 2017年01月28日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市の保育士のいる骨盤矯正サロン リボディ魚住です。
今日は「産後の尿漏れに対する解決方法」という記事です。

 

 

産後に尿漏れなどの排泄系の問題を抱えている人。
全体の半数以上なんですって。
意外と多いと感じました。

 

 

確かに当院でも初診の段階で、
このような排泄系に問題を抱えていて、
私に伝えてくる産後の女性は全体の1割程度です。

 

 

残り4割くらいの産後の女性は言ってくれません。
当たり前ですが。

 

 

この潜在的に問題を抱えた4割くらいの中の
半数の産後の女性は後から言われます。
初診の段階では隠しているんですけどね。

 

 

骨盤矯正をして骨盤が整うにつれ、
そういえば最近、尿漏れがないんです、、、
みたいな感じです。

 

 

仕組みは簡単です。
尿道ってストローみたいなもんです。
骨盤が開くとそのストローが引っ張られます。

 

 

もともとストローは開きっぱなしではありません。
そんなんやったら尿がだだ漏れですから。
ストローには蛇口のような役割をする
リング(輪っか)のような筋肉が付いています。

 

 

骨盤が開くとこの輪っか状の筋肉も引っ張られます。
そうするといつも以上に閉めないと尿が漏れますよね。

 

 

ここで間違えたらダメなことが1つ。
骨盤底筋という筋肉を鍛える。

 

 

これよく聞きませんか??
これが大きな間違いです。
骨盤底筋の筋力が下がったわけではありません。
尿漏れの原因は骨盤の緩みなんです。

 

 

だから骨盤矯正をしたら、
尿漏れは解決されるんです。

 

 

骨盤矯正をするとこんなメリットがあります。
それは骨盤底筋も付きやすくなります。
だから代謝が上がり、冷え性などの改善にもなります。

 

 

何もせずに産後のヨガなどするなら、
骨盤矯正をして骨盤を整えてから、
ヨガなどの運動をした方が間違いなく効果は上がります。
女性はもともと筋肉が少ない動物です。
ですので筋肉が付きやすい環境を作ることがポイントです。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 院長 魚住行弘


骨盤ってマッサージで治るのか?

  • 2017年01月27日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市の骨盤矯正サロン リボディ魚住です。
今日は、『骨盤ってマッサージで治るのか?』についてのお話です。

 

 

肩こりや、腰痛、脚のむくみ、
だるさなどの症状で困ったら、
マッサージ屋さんや整骨院に頼りがちです。

 

 

けれど、たいがいの方は、
繰り返しマッサージを受けているはず。

 

 

なぜか?
それは簡単です。

 

 

マッサージを受けたその時は、
気持ち良いけど時間がたったら元通り・・・
固くなった筋肉を柔らかくするだけだからです。

 

 

コリや痛みを感じる筋肉は、
骨と骨とをつなぎ、体を動かしています。
固くなった筋肉(コリ)を柔らかくするのがマッサージ。
ですがこれを何度繰り返しても固くなるんですよ、筋肉は。

 

 

大きな原因は2つあります。

 

 

1つ目は骨と骨の並びが歪んでいるから。
特に土台である「骨盤」に歪みがある場合!
家に例えると分かりやすいのですが、
壁にヒビが入ったとします。

 

 

実は家の基礎がガタガタで、
壁にヒビが入っているのに、
ヒビを埋める補修を繰り返しても直るわけないですよね。
マッサージもこれと同じことが言えます。

 

 

2つ目は「体の使い方のクセ」
何の気なしに動かしているつもりが、
自分の体に歪みを作る原因になっていたりします。
だから何度マッサージしても同じところが凝るんですね。

 

 

そして、強調して言いたいのが、
女性の体はとても脆い。
そんなに力をかけて押したり、
引っ張ったりしたらダメに決まっています!
壊れるだけです。

 

 

マッサージに通いなれると、
どんどん強く押して欲しがります。
押してもらっても、
押してもらっても痛くもなんともない、
という感じで。

 

 

これは、強い圧迫によって細胞が死滅してるんです。
症状の改善にはつながりません。
悪循環です。

 

 

すべてがすべて、骨盤のせい!
というわけではもちろんないのですが、
長年コリに悩まされている方、
あるいは産後の女性は要注意。

 

 

特に産後の女性は、
自分の意志とは関係なくホルモンの影響を受けて、
骨盤が緩みますし、とってもデリケート。
自分一人の都合で変えられないことも多く、
クセを直すのは難しいと感じるでしょう。

 

 

マッサージは方法次第でとても安全で、
楽になる方法ですが、“治す”ことにはなりません。

 

 

根本的な治療をしてみませんか?

 

 

ご予約の方はこちらから。
ありがとうございました。


骨盤矯正で姿勢って良くなるの?

  • 2017年01月23日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の保育士がいる骨盤矯正サロン リボディ魚住です。

 

 

大阪市内でも
めっちゃくちゃ寒い今日この頃。

 

 

真冬真っただ中!
寒いときは、肩をすくめ、猫背になりやすい。
そこで今日は「骨盤矯正で姿勢って良くなるの?」についてです。

 

 

単刀直入に言うと・・・
なります!!

 

 

なぜなら、背骨は骨盤の上にのっていて、
全てつながっているから。

 

 

お家の基礎みたいなもんです。

 

 

骨盤が緩んだり、
歪んだり、
拡がったりしていると
背骨も正しい形でのっかっていられなくなっちゃいます。

 

 

だって土台が歪んでるんですもん。
当然ですよね。

 

 

だから骨盤矯正の治療を受け始めて、
骨盤が整ってきた方たちは、
皆さん自然と良い姿勢になられています。

 

 

腰痛だけでなく肩こりもしなくなり
自分でもびっくり!

 

 

しかし、姿勢と一言で言っても
人によって様々です。
生活スタイルがありますもんね。

 

 

産後のママなら、赤ちゃんのお世話主体でしょうし、
お仕事されている方なら、
デスクワークでPCとにらめっことか
常に座っていたり、
ヒールを履いてたくさん歩いたり、
重たい鞄を持っていたり、
車に乗っていることが多かったり。

 

 

どんな姿勢でいる時間が長いとか、
どんな姿勢が体への影響が大きいかとか、
骨盤へかかる負担は人それぞれ。

 

 

そして、その負担というのも
骨盤の状態次第だということ。

 

 

骨盤を緩めやすい、歪めやすい動きがあります。

 

 

当院での骨盤矯正の治療は
形を整え、それを維持する。

 

 

そのために、その人それぞれ
気を付けなければいけない動きを
フォローし、お伝えしています。

 

 

だから一度よくなったら再発もしにくいんです。

 

 

巷で言われているような、
猫背
反り腰
ガリ股
首の骨がまっすぐ
背骨が普通の人と違うカーブになっている

 

 

実は全然間違ってるかもしれないですよ。

 

 

今日はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677までお電話ください。

 

 

保育士がいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住
大阪市中央区玉造2-15-9
06-6763-2677


休み明けに体が動きにくいのは骨盤が原因かも???

  • 2017年01月21日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市の骨盤矯正サロン リボディ魚住です。
今日は「お正月明けに体が動きにくい理由」を記事にします。

 

 

お正月が終わり、仕事や学校が始まって、
そろそろみんな通常モードで動き出しているのでしょうか?
休み明けって動きにくいですよね。

 

 

『家事に休みはない!』はずですが、
それでもお正月はいつもよりこうなっていませんでしたか?

 

 

朝少しゆっくり目に起きたり、
ソファーでゆっくり座っていたり、
お腹いっぱい食べたり、
夜更かししたり・・・
される方も多いんじゃないかと思います。

 

 

その動きにくいのって、
もしかしたら骨盤が緩んじゃってるのかもしれません!

 

 

上にあげたような習慣を繰り返していると・・・
朝ゆっくり起きる
→寝る時間が長くなる

 

 

ソファーに座る
→姿勢が悪くなる

 

 

満腹
→骨盤を押し広げる

 

 

夜更かし
→一日のダメージをリセット出来なくなる

 
すべて骨盤に悪い影響を与え、
腰痛や背中が痛くなったり、
寝違えたりなどの症状が出ます。

 

 

また女性は休みでもゴロゴロできない方も
多いかもしれないですね。
お正月は来客があったりなんかすると、
キッチンに立ちっぱなしなんてことも。

 

 

お料理や洗い物など手先に集中していると、
自分がどんな姿勢で立っているか
なんて気にしてないですよね。

 

 

日頃、自分の姿勢を気にされている方って
どれぐらいいらっしゃるでしょう?

 

 

猫背にならないように・・・
反り腰にならないように・・・
がに股にならないように・・・

 

 

人に指摘されたことがあると結構気になるものですが、
その姿勢本当にあなたに合っているのでしょうか?

 

 

そもそも正しい姿勢ってなに~?!
普段か骨盤に悪い影響を与えてたなんて~
じゃあどうしたらいいの??

 

 

って必然的にそう思います!
なかなか整骨院や治療院では
教えてくれるとこってないんですよ。
左右均等になんてのは、
もはやアドバイスでもなんでもないです。
誰でも言えます。

 

 

治療を受けてよくなるのは、当たり前。
いかに再発しないようにするか、
それが生活習慣にかかっているんです。

 

 

新年、しっかり自分の骨盤見つめ直してみませんか?
今日はここまでです。
最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

保育士がいる骨盤矯正サロン リボディ魚住
大阪市中央区玉造2-15-9

 

 

ぜひご相談ください。↓
ご予約の方はこちらから。
06-6763-2677


産後の体を壊しているママさんの共通点とは?

  • 2017年01月18日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市の骨盤矯正サロン リボディ魚住です。
今日は「産後の体を壊しているママさんの共通点とは?」という記事です。

 

 

産後は骨盤が緩むのはみなさんご存知です。
実は妊娠中に骨盤の状態について、
勉強している妊婦の方がほとんどです。

 

 

これスマホの普及が、
産後のお母さんに貢献していますね。
リボディ魚住に来られる産後のお母さんは、
スマホで調べて知りました。
という人がほとんど。

 

 

産後は骨盤の開き、緩み、産後の骨盤矯正などについて、
ほとんどの人が不安を抱えています。
私の仕事はその産後の不安を取り除くことです。
特に産後の体についての不安です。

 

 

でも体の不安を聞いているとある共通点が見つかります。
それは、、、

私生活がボロボロ!

 

 

例えば、子供の夜泣きで寝れていない。
旦那さんの育児の協力がない。
母乳がうまく出ない。
一緒にお昼寝の時間が取れない。

 

 

これ、原因があります。
それは育児に対する環境設定ができていないのです。

 

 

例えば、お昼寝の時間は何時がいいのか?
その時の部屋の明るさは?
お昼寝の服装は?
お昼寝のためにする朝からの準備とは??

 

 

こんなことをご存知でしょうか?
まず1人目のお母さんなら知らないでしょう。

 

 

だからバタバタする。
気持ちばっかり焦る。
段取りが悪くなるから、余計に子供が泣く。
泣くからまた焦る。

 

 

めちゃくちゃな悪循環です。
そりゃ産後のお母さんの体は悲鳴をあげます。
なのに、旦那さんは手伝ってくれない。
私の気持ちをわかってくれない。

 

 

産後うつという言葉が出来上がるのが理解できます。
誤解しないようにはっきり言いますが、
うちの骨盤矯正サロンは、
「うつが治る」とかはありません。

 

 

でも解決する策はたくさんあります。
1人で解決しようとするからできないのです。
先輩ママに協力してもらえばいいのです。

 

 

リボディ魚住にはたくさんの先輩ママがいます。
その産後の先輩ママとの交流する機会を
たくさん作っています。

 

 

リボディ魚住に来るといろんなメリットがあります。
そんな先輩ママが参加するカルチャー教室。

 

 

産後の子供と参加できる裁縫教室
産後のダイエットサークル
子供の成長記録ワークショップ
抱っこ紐を使ったウォーキング教室
産後のヨガ教室

 

 

まだまだたくさんあります。

 

 

1歳半からの小さな保育園
産後のストレッチ教室
お習字教室
アロマクラフト教室など

 

 

一人で解決するよりも、
みんなで笑いながらする方が簡単です。
いい循環が作られます。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677までお電話下さい。

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 院長 魚住行弘


大阪市で産後の骨盤矯正を探す時に間違ってはいけない3つのこと

  • 2017年01月12日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市の保育士のいる骨盤矯正サロン リボディ魚住です。
今日は「大阪市で産後の骨盤矯正を探す時に間違ってはいけない3つのこと」という記事です。

 

 

なぜこの内容で書くのかというと、
産後のお母さんたちは妊娠中にスマホで調べるんです。
「出産したらどこで骨盤矯正してもらおっかなー」って。
この時に絶対に間違って欲しくないからです。

 

 

まず1つ目。
「価格」

 

 

これは安かろう悪かろうでもないです。
逆に高いからってそれだけいいか?って聞かれたら分かりません。
でも高いなりの理由があるはずです。
それがはっきりわかるならいいでしょう。

 

 

普通に考えて、世の中の高いものには
高いなりの理由や根拠があります。
逆に安くせざるをえない理由だってありますからね(笑)

 

 

いくら産後の骨盤矯正が大阪で1000円で受けられる!
って言っても、効果がなかったら無駄ですから。

 

 

2つ目。
「環境」

 

 

これは産後のお母さんにとってめっちゃ大事ですね。
例えば大阪市内で骨盤矯正を探す時に大切にしたい要素。
駅から近くて、清潔感があって、保育してもらう環境。
この3つの環境は大事でしょう。

 

 

特に最近多いのが、キッズルーム完備。
これは特にメリットになりませんよね。
だって赤ちゃんが一人で遊ぶはずないですから。
ましてや産後の骨盤矯正が必要なのは、
おおよそ産後1ヶ月から12ヶ月になります。

 

 

この間の月齢の赤ちゃんをキッズルームに置いて、
産後のお母さんが安心できるはずないですから。
自分の子供がどんな状態か、いつでも気になりますから。
しっかり安全に保育してもらえる整体院を見つけてください。

 

 

3つ目。
「なんで根本治療が必要なのか?」

 

 

これは単に骨盤矯正のスキルの話ではありません。
産後の女性に大事なのはその「理由」なんです。
根本治療をしないといけない理由。

 

 

産後に骨盤が緩む理由。
産後に骨盤が開く動作。
骨盤が緩む時間帯。
骨盤が緩む生理的な反応。

 

 

これらは「骨盤が開く産後の生活習慣」と言います。
この生活習慣をどこまで理解し、
どこまで改善できるか。
しかも理解しやすいようにシンプルな形になっているか?

 

 

ここまで考えて「産後専門」
という看板を掲げてほしいものです。

 

 

私が考える産後に必要な要素は以上です。
この3つがしっかり実現できていれば、
どこに行ってもあなたは産後の骨盤矯正で
不満を感じることはないでしょう。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

ご予約の方はこちらから。
06-6763-2677までご連絡ください。

 

 

あなたの大事な産後です。
お子さんをしっかり可愛がれるように、
しっかり可愛がれるように回復をお祈りしています。

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 院長 魚住行弘


8割以上の産後の女性が間違えている! 産後の骨盤が開かないようにするには、 どうしたらいいか?

  • 2017年01月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市にある産後の骨盤矯正サロン リボディ魚住です。

今日は「8割以上の産後の女性が間違えている!

産後の骨盤が開かないようにするには、

どうしたらいいか?」という記事です。

 

 

出産で開いてしまった骨盤が、
これ以上開かないように何を注意するかということです。

 

 

なぜこれを説明しようと思ったかというと、
産後の女性は逆の行動を取っていること多いのです。
うちの患者さんの中でも8割が間違っています。

 

 

正しい説明をしたらみんなびっくりされます。
代表的なのは産後のヨガ。

 

 

別にヨガを否定するわけではありません。
ですので、ヨガの先生でこの骨盤に関する記事を読んで、
気分を害される方にはすいませんでした。
先に謝ります。

 

 

そもそも地面に座ることで骨盤は開きます。
地面という条件がすでに悪いのです。
だから産後のヨガが悪いというのではなく、
そのヨガをやる環境が悪いのです。

 

 

産後ではなくても、
ヨガは地面に座ってあぐらの状態でしますね。
「地面+あぐら」という状態では骨盤は非常に開きます。
ヨガが終わった状態では腰痛になる方が多いですから。

 

 

だから産後のヨガが悪いのではありません。

 

 

もう少し踏み込んで説明すると、
地面では背中が丸くなります。
この背骨の丸みで骨盤が緩むのです

 

 

究極、地面に座らなくても、
背中を丸めて座っていれば骨盤はゆるまります。
緩くなるので開きます。

 

 

でもどうしても産後のヨガをしたい人は、
姿勢を良くして産後のヨガをすればいいんです。
もしくは、骨盤矯正をするといいのです。

 

 

骨盤矯正をすれば姿勢が良くなります。
姿勢を良く使えば、骨盤は広がりにくいのです。
産後の女性は骨盤が緩んでいるせいで、
背中も丸くなります。

 

 

産後の姿勢が悪くなってきたかな?という人は、
骨盤矯正を受けていただくと姿勢が良くなります。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

ご予約の方はこちらから。
お電話の方はこちらから。
06-6763-2677

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 院長 魚住行弘


食事の量と産後の骨盤の緩みが関係あるってご存知ですか?

  • 2017年01月03日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市の骨盤矯正サロン リボディ魚住です。
今日は「食事の量と産後の骨盤の緩みが

関係あるってご存知ですか?」という記事です。

 

 

なぜこの内容を書くのかというと、
産後で骨盤が緩んでいる、

または開いている人は勘違いしているからです。

 

 

緩んでいるから閉めたらいい。
開いているなら整えたらいい。

 

 

簡単やん。
そう思っていませんか?
うちの骨盤矯正サロンに来られる産後のお母さんは、
ほとんどの方がこう思っています。

 

 

これ大きな間違いです。
物理的に出産で骨盤が開く。
これは当たり前のことです。

 
これに対して骨盤を締めたり、

整えたりすることは大切です。
でも産後は骨盤のいい状態をキープするのが、

一苦労なんです。

 

 

骨盤がグラグラ、、、
歩いてもふらふら、、、
抱っこしていたら疲れやすくて、、、

 

 

骨盤をキレイに整えてあげるのは二流です。
その状態をキープできるようにするのが、

一流の仕事と私は思います。

 

産後の女性が骨盤を開かないようにするには、
生活習慣を整える必要があります。

 

 

例えば、
バギーの押すときの歩き方
産後で授乳の時の注意点
抱っこひもの巻き方
台所で家事をするときの立ち方  などです。

 

 

今日は冒頭でも言った通り、
食事量と骨盤の緩みの関係をご説明します。

 

 

骨盤の中には内臓が入っています。
わかりやすいのが腸です。
大腸と小腸です。
その上にあるのが胃袋です。

 

 

たくさんの食事を食べたときにお腹はどうなりますか?
ズボンのベルトを緩めませんか??
緩めますよね。

 

 

なんでですか?
お腹が苦しいからですね。

 

 

骨盤の中には胃袋という風船が入っていると思ってください。
たくさんの食事を食べるとこの風船が膨らみます。
骨盤の中にこの風船があるので、
膨らむと骨盤さえもベルトと同じように緩める作用があります。

 

 

ぜひ注意してください。
ベルトを緩めないとしんどいくらい
ご飯を食べたとしたら確実に産後の骨盤は緩みます。
骨盤が開きまくってグラグラになっています。

 

 

もしあなたのお友達などがご存知なければ、
教えてあげてください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

大阪市で産後の骨盤矯正をお探しなら、
ご予約の方はこちらから。
http://rebodyuozumi.com/contact/index.html
06-6763-2677

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 院長 魚住行弘


ページトップへ