産後骨盤矯正ブログ

慢性的な腰痛って治らないの?

  • 2016年01月20日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

慢性的な腰痛って治らないの?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「慢性的な腰痛って治らないの?」
という記事です。

 

 

腰痛の女性が気にするのは、
・そもそも慢性的な腰痛って治るの?
・慢性的な腰痛ってどういう状態なの?
・お医者さんは年のせいだと言うけど
・腰に負担がかからないようにと言われるけど

 

 

と不安を感じる女性が多くいます。
そこで慢性的な腰痛を解消するために、
慢性的な腰痛とはどういうものなのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

 

整骨院の先生の説明とは

なぜこれを説明するかと言うと、
勘違いをしている腰痛の女性が多いからです。
そもそも慢性的な腰痛ってどういう状態なの?
これを理解していない方が多いですね。
 

 
もし整骨院などに行かれているなら、
先生にも聞いてみてください。
きっと長引いている腰痛のことと説明されるでしょう。
おそらくあなたもそれを聞いて、
そうなんだ〜って思っていてはダメです。

 

 

なぜ長引くのかを聞きましょう。

 

慢性的な腰痛とは…

長引く原因は1つです。
毎日毎日傷つけているからです。
大なり小なりの負担をかけているのです。

 

 

慢性的な腰痛の原因は●●

それはあなたの生活の中の習慣と言われるところです。
この生活習慣によって
腰の筋肉に負担をかけているのです。
 

 
そして最大の問題があります。それは、
そのことに気づいていないあなたがいる。
そりゃ、腰痛も長引きます。
筋肉だって傷。
骨盤のズレだって傷なんです。

 

 

これからあなたにしてほしい事

ネットや雑誌、テレビで話題だからと言って、
腰痛改善ネタに飛びつくとまた腰痛になります。
早く腰痛を改善しようと思うなら、
自分の行動を振り返ってみてください。
きっと近くに大きなヒントがあります。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で慢性的な腰痛を改善させたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


帝王切開で骨盤矯正は必要か?

  • 2016年01月19日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

帝王切開で骨盤矯正は必要か?

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「帝王切開で骨盤矯正は必要か?」
という記事です。

 

 

産後の女性によく聞かれる事があります。
・帝王切開は骨盤矯正が不要。
・帝王切開は安静で骨盤が戻る。
・帝王切開は骨盤ベルトで戻る。

 

 

と帝王切開の後の骨盤の状態に
不安を感じる産後の女性が多くいます。
そこでその不安を解消するために、
帝王切開の出産に対する骨盤矯正の必要性を
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

 

帝王切開の産後の問題とは

なぜこれを説明するかと言うと、
勘違いをしている産後の女性が多いからです。

 

 

例えば、
帝王切開で出産したから、
骨盤矯正は必要ないと言われた。
帝王切開で出産したから、
安静にしていたら骨盤が戻る。
帝王切開で出産したので、
骨盤ベルトをしていたら大丈夫。

 

 

 

このあたりは産婦人科や、
助産院でも言われているようです。
しかしよくあるのが、こんな問題です。

 

 

安静にしていても骨盤の不安定感がある。
それに腰痛がなくならない。
骨盤ベルトを巻くと、
帝王切開後の傷が痛む。
だから骨盤ベルトを巻くことができない。

 

 

帝王切開には骨盤矯正が必要か

要するに、
帝王切開であろうと、普通分娩であろうと、
骨盤は矯正するべきなんです。

 

 

その理由は、
出産の形態は違えど、
骨盤が緩む過程は同じだからです。

 

 

産後の骨盤の状態は●●に関係する

妊娠している最中、
10ヶ月かけて骨盤が緩んできたのです。
出産の手段が違うかっただけです。
どんな産み方であれ、骨盤を整えるべきなんです。
当たり前ですね。

 

 

注意したいのは、
出産の時のダメージが大きいかどうかです。
それは骨盤を壊すことに直結するからです。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤矯正を受けたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


腰痛の時に安静が怖い件

  • 2016年01月18日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

腰痛の時に安静が怖い件

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛の時に安静が怖い件」
という記事です。

 

 

腰痛の時に気になるのは、
・腰痛の時には安静がいいの?
・そもそも安静ってどんなこと?
・腰痛に運動っていいの?
・腰痛の時に自宅でケアってどうするの?

 

 

と疑問を持つ腰痛の女性が多くいます。
そこで腰痛の女性の疑問を解消するために、
腰痛の時に安静がいいのか、それとも別に方法が
をあるのかを解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

日常でリアルに腰痛に悩む瞬間とは

なぜこれを説明するかと言うと、
勘違いをしている腰痛の女性が多いからです。

 

 

例えば、
歩くと腰痛が出てくるから安静にしている。
立っていると腰痛になるから座る。
座っていると腰痛になるから寝る。
じゃあ寝ていて腰痛になったらどうします?

 

 

痛くないように寝ます?
確かにそれも1つの手段です。
でもそれは積極的に改善する手段ではないですね。
悪くなる要素を止めただけの話です。

 

 

実は動物なので害になる

患者さんがこれを言うなら、
教えてあげればいいだけです。
我々のような治療家がこれを言ってはダメ。

 

 

私たちは動物です。
動く物と書いて動物ですね。
ということは「動いてナンボ」なんです。
だから安静にすることはマイナス要素なんです。

 

 

ぎっくり腰以外の腰痛に関しては、
安静は害になります。
適度な運動がいいのです。

 

 

安静にするとこうなります

高齢者が1ヶ月寝てばかりになると、
歩くのもままならなくなります。
こうして寝たきりになります。

 

 

これを廃用性症候群と言います。
要するに、必要ない機能を捨てていくのです。
一度失った機能を取り戻すには、
たくさんの時間と労力が必要です。

 

 

だから安静にするということは、
最終手段なんです。
それまでにやるべきことはたくさんあります。

 

 

リボディ魚住では「安静にしてください」
とは言いません。
その理由は必要ないからです。

 

 

その代わりに歩くことをお勧めします。
老若男女、誰でも行うことができる運動です。
歩くことから始めてみてください。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


ボキボキ整体は怖い件

  • 2016年01月16日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

ボキボキ整体は怖い件

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「ボキボキ整体は怖い件」
という記事です。

 

 

出産後に気になるのは、まず骨盤です。
・骨盤矯正を受けたいけど怖い
・ボキボキ整体は怖い
・ボキボキ以外の骨盤矯正はないの?
・どれくらい骨盤が緩んでいるか自覚がない

 

 

と不安になるママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
ボキボキ整体の体への影響を
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

ボキボキ整体が怖い

なぜこれを説明するかと言うと、
ほとんどの女性が気付いているからです。

 

 

ボキボキ整体で腰痛が痛くなった。
ボキボキの音が怖かった。
二人がかりでされて怖かった。

 

 

ボキボキ整体ではよくあることです。
リボディ魚住にもこういう経験をされた方が、
たくさん来られます。
そもそも治療なんで少し恐怖感もあるでしょう。

 

 

ボキボキ整体の正体

でも考えてください。
恐怖感があるなら安心させてあげてください。
音がなりますからとか、
二人でしますのでとかですね。
それだけでもだいぶ安心すると思います。

 

 

今日言いたいのはこういう事ではなく、
「ボキボキ整体は続けるとどうなるか?」
という事です。

 

 

指をボキボキ鳴らすとどうなると思いますか?
私も経験があります。
これは関節が太くなるんです。

 

 

しびれや痛みの原因にも

関節の中で気泡が爆発する音が、
あのボキボキ音の正体なんです。
その気泡が爆発する衝撃波で関節が変形するんです。
怖いですねー。

 

 

おばあちゃんの膝も変形した結果。
膝ではなく、首なんかで同じ事が起こると、
手にしびれなんかが出るでしょう。
腰で同じ事が起こると、
しびれや腰痛になるでしょう。

 

 

ずっと続けたらどうなるか

注意して欲しいのは、
今この症状が出るのではないという事。
これらは忘れた頃に出てくるのです。
5年や10年後なんかにです。

 

 

治療方法とは色々あるものです。
あなたが責任を持って調べて行きましょう。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


産後の女性は知らずに骨盤を開いている件

  • 2016年01月15日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

産後の女性は知らずに骨盤を開いている件

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「産後の女性は知らずに骨盤を開いている件」
という記事です。

 

 

出産後に気になるのは、
・あんなに大きい赤ちゃんが出てきて骨盤大丈夫かな
・骨盤が実際に歪んでいるのが実感できないし
・産後の骨盤矯正って、しても戻るでしょ
・産後6ヶ月以上経過したし

 

 

と不安になるママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
産後の骨盤を考える前に何を考えるべきかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

全ては手段

なぜこれを説明するかと言うと、
ほとんどの産後の女性が知らずに、
骨盤を開げているからです。
といってもこれだけ情報が溢れている社会なんで、
本質を考えてみてください。

 

 

産後の骨盤を整えるヨガ
産後の骨盤には骨盤ベルト
産後のガードル
産後の骨盤矯正だってそうです。

 

 

これらは全て手段なんです。
こんな世の中ですから、
いくらでも手段はあると思います。
でもこの手段なんて追いかけているとキリがないし、
そもそもが全て表面的なんです。

 

 

本質は○○なんです

じゃあ本質は?
生活ですよね。
実はあなたの生活の中で壊している。
なら生活を変えたらいいだけですよね。

 

 

実は生活の中で知らずに骨盤を開いているんです。
ってか、誰もそんなこと教えてくれないですから。
だから自分で気をつけましょう。

 

 

産後の生活習慣って知ってますか

産後、ソファでの授乳で骨盤が広がり、
腰痛がひどくなったいる。
それなら、ソファでの授乳をやめたらいいのです。

 

 

どこでするねん?

 

 

イスに座ってしたらいいんです。
そもそもソファがなんであかんねん?
ってことですよね。
これは背中が丸くなるから。

 

 

例えば授乳に関して

イスに座って授乳をする際に、
背中を丸くしないようにして下さい。
イスに座って授乳しても、
背中が丸かったら全く意味ないんで(笑)

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


産後1ヶ月の嫁さんを旦那さんがサポートする件

  • 2016年01月14日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

産後1ヶ月の嫁さんを旦那さんが理解する件

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「産後1ヶ月の嫁さんを旦那さんが理解する件」
という記事です。

 

 

患者さんと接していると出産後に気になるのは、
・旦那さんが奥さんのことを理解していない
・旦那さんが育児に関して無関心
・自分の子供に対する理解が少ない
・そもそも旦那さんと会話が少ない

 

 

といった旦那さんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
産後の奥さんへの理解を深めてもらいたいと
思います。では解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

あなたの妻の状態知ってます?

なぜこれを説明するかと言うと、
旦那さんはもっと勉強するべきだからです。

 

 

嫁さんがどういう状態なのか?
どういった行動が負担なのか?
日中にどういう生活をしているのか?
どこか痛みが出ていないか?などです。

 

 

ほとんどの旦那さんが嫁さん任せです。
嫁さんは出産後は大変です。

 

 

妻を取り巻く環境とは

まず出産という戦いをしたこと。
そして間も無く普段の家事をすること。
そして全てをしながら、
今度は育児が始まっています。
全てが同時進行ですので大変です。

 

 

かといって旦那さんはいつも通りなんです。
育児といっても面倒を見るというより、
子供がかわいいから触りたいという感じですね。

 

 

育児がしやすい環境整備

最低限自分のことは自分でしましょう。
それだけでも嫁さんの負担は減りますから。
その上でしてほしいことがあります。。
それは環境の整備です。

 

 

90%以上の産後の女性がやっているのですが、
まずソファなどで授乳をしているなら、
やめたほうがいいです。

 

 

理由は骨盤が開くからです。
一度、嫁さんに聞いてみてください。
ソファで授乳をした後に腰痛がないか?
きっとあるはずです。

 

 

授乳クッションを使っているなら

授乳クッションを使っているのに関わらず、
授乳後に腰痛がある、、、
そんな産後の女性は多いのです。

 

 

ではどうしたらいいのでしょうか?
授乳時の対策は次回ご説明させていただきます。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


腰痛の原因が腹筋と背筋のバランスが悪い件

  • 2016年01月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

腰痛の原因が腹筋と背筋のバランスが悪い件

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛の原因が腹筋と背筋のバランスが悪い件」
という記事です。

 

 

患者さんと接していると出産後に気になるのは、
・腹筋が少ないと感じる
・腹筋と背筋のバランスが悪いと言われた
・帝王切開で腹筋を切ったので、、、
・腰痛で腹筋なんてできない

 

 

といった産後のママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
産後や腰痛の時の腹筋や背筋に関して
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

腹筋と背筋のバランス

なぜこれを説明するかと言うと、
皆さん良い人すぎるからです。
よくわからない事を真面目な顔して、
知識のありそうな人から言われれると信じちゃう。
こんなんオレオレ詐欺と同じですやん。

 

 

だって考えてくださいよ。
腹筋と背筋のバランスってどうやったら悪くなるんですか?

 

 

・・・。

 

 

でしょ??
そうなんですよ。
実はそんなことは起こりません。

 

仮定の話をします

仮に腹筋と背筋のバランスが悪くなるとします。
その例が以下です。
日常生活をしている人が寝たきりに1ヶ月なる。
オリンピック級にトレーニングしていた人が、
現役引退して自宅で毎日ゆっくりしている。

 

 

条件は同じはずです

こんな感じでしょうか??
日常生活しかしていない人が、
普段の日常生活を普段通り続けている。
この状況では腹筋と背筋にかかる負担は、
ほぼ同じなはずですよね。

 

 

ということは、
バランスなんか崩れようがないのです。

 

 

オレオレ詐欺と同じ理論

負担のバランスが変わるから、
筋肉の量のバランスが変わる。
だから腰痛になるという理論ですから。

 

 

あなたが腰痛に苦しんでいて、
「腹筋と背筋のバランスが悪い」と
言われたらそれは疑問を持ってください。
オレオレ詐欺と同じかもです。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


「イチロー選手の名言」について

  • 2016年01月12日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

「イチロー選手の名言」について

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「イチロー選手の名言」について
という記事です。

 

 

腰痛の患者さんと接していると気になるのは、
・腰痛がひどいからなんとかしてほしい
・藁をもすがる気持ちで、、、
・本当の原因がわからない
・腰痛だからマッサージなどに行く

 

といった腰痛の患者さんが多くいます。
そこでそういった患者さんの不安を解消するために、
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

 

 

イチロー選手の名言

なぜこれを説明するかと言うと、
誰もが気付いていないからです。
 

 
逆に言うと、長きにわたって現役、
しかもメジャーという最前線で頑張っていけるのも、
こうした考えが根底にあるからだろうと思いました。
イチロー選手は核心をついているなと思いました。
イチロー選手の名言はこちら。
 

 
「プロ野球選手はケガをしてから治す人がほとんど。
しかし、大切なのはケガをしないように、
普段から調整することです。
ケガをしてからでは遅いのです」

 

 

腰痛になる人の考え方

腰痛になる人も同じなんです。

 

 

腰痛になってから治すから、
時間やお金がかかる。

 

 

腰痛になってから治すから、
治らないような傷を負うことがある。

 

 

腰痛になってから治すから、
冷静な判断ができずに一発逆転を狙う。

 

 

腰痛になってから治すから、
日本の医療費や負債がいつまでも減らない。

 

 

先進国アメリカとの違い

この点、アメリカはやはり先進国です。
考え方が違いますね。
病気になったら大変です。
だからみんな病気にならないように注意する。

 

 

安心だからと保険を整備しましたが、
その保険のせいで不安になってますよね。
最近の日本は。

 

 

こうなってほしいものです

腰痛や風邪も同じです。
なってから考えるのではなく、
ならないように予防策を実行するのが、
大人のやるべきことだと思います。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


生理の時の腰痛

  • 2016年01月08日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

生理の時の腰痛について

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「生理の時の腰痛について」
という記事です。

 

 

女性が毎月1回生理に苦しみます。
・生理痛で動けない
・生理になると3日目までがひどい
・生理になると痛み止めを飲む
・生理で腰痛が酷くなる

 

 

と不安になる女性が多くいます。
そこで生理痛の不安を解消するために、
生理と腰痛の関係がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

生理と腰痛の関係

なぜこれを説明するかと言うと、
「毎月1回女性には付き物」だからです。

 

 

患者さんでよく聞かれます。
「生理が近づくと腰痛がひどくなる気がします。
何か関係はあるのですか?」

 

 

実は関係あるんですねー。
生理と骨盤はめちゃくちゃ関係があります。
では、生理の時は何が起こっているのかを考えましょう。

 

 

生理の前に起こる事とは…

まず排卵が行われる前に指令が出ます。
その指令は卵が乗っていられるベッドを、
作って欲しいという指令です。
このベッドの上でしか卵は生きていられません。
卵は1、2日しか生きられません。

 

 

そして排卵がされます。
排卵されて精子が来なかったら、
卵は死んでしまいます。

 

 

だから腰痛がひどくなる

この生理中はホルモンの関係で、
子宮は収縮して不要になった内膜を出そうとしています。
収縮する際に痛みを伴います。
そしてこのホルモンが骨盤を不安定にします。

 

 

だから生理中は腰痛がひどいように
感じてしまうのです。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


箕面市から通院するぎっくり腰の患者さん

  • 2016年01月06日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

箕面市から通院するぎっくり腰の患者さん

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「箕面市から通院するぎっくり腰の患者さん」
という記事です。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
「他の整体などが怖いという理由」があるからです。

 

 

多くの女性のぎっくり腰に対するイメージですが、
・重い荷物を持ってぎっくり腰になった
・くしゃみをしてぎっくり腰になった
・立ち上がろうとしてぎっくり腰になった
・車から降りた時にぎっくり腰になった

 

 

と不安になる女性が多くいます。
そこで整体に対する不安を解消するために、
ぎっくり腰がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

目次

 

最初は尻もちをついただけ

この患者さんは2ヶ月ほど前に来られました。
その時、こんな症状で来られました。
ゴルフ場で尻もちをついたそうです。

 

ゴルフは芝生の上でのスポーツです。
階段なども自然に配慮し、木製なんです。
木製なんで雨に濡れると滑りやすくなります。
そんな状態で滑って、尻もちをついたそうです。

 

 

翌日の朝に…

転倒後、ゴルフも続けられたそうです。
当日はそれほどでもなかったそうですが、
翌日起きれないほどの腰痛だったそうです。

 

 

普通ぎっくり腰などは、
重い荷物や急な運動などをして、
急激な腰の痛みが出るものです。
しかし、今回の場合は違います。
朝目を覚ましたらぎっくり腰になっていたそうです。

 

 

寝ただけでぎっくり腰になる理由

この状態を説明しましょう。
これは尻もちをついた瞬間に骨盤のズレを作ったのです。
そしてゴルフをしている最中に、
どんどん筋肉の負担を重ねていったのです。

 

 

それと作られた骨盤のズレの種類が、
寝ると大きくなるパターンのズレだったためですね。
だから寝るまで問題なかったのに、
起きた瞬間にぎっくり腰になっていたのです。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


ページトップへ