産後骨盤矯正ブログ

泉佐野から通院される慢性的な腰痛の患者さん

  • 2015年11月28日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

泉佐野から通院される慢性的な腰痛の患者さん

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「泉佐野から通院される
慢性的な腰痛の患者さん」
という記事です。

 

 

慢性的な腰痛の時に気になるのは、
・このままだったらヘルニアになるの?
・特に原因はわからない
・長い間、腰に負担がかかったのかな
・この前、冷えたからかな

 

 

と、原因を考える腰痛のママさんが多くいます。
慢性的な腰痛がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
長期間にわたって腰の調子が悪いので、
何が良くて何が悪いのかがわからなくなっています。

 

 

目次

 

 

実際の慢性腰痛の患者さん

この患者さんは1年ほど前に来られました。
その時の症状はこれでした。
慢性腰痛の部分をご覧ください。
http://rebodyuozumi.com/comments/

 

 

介護のお仕事をされている女性です。
毎朝起きると、疲労が残ったまま。
首から背中にかけてのコリ。
寝ている間に何度も起きる。

 

 

自分の立ち位置わかっていますか

午前中から腰痛があるものの、
仕事終わりが近づくと腰痛で立っているのやっと。
それが嫌なのでコルセットを巻いていた。

 

 

慢性的に腰痛や肩こりがある方は、
自分の立ち位置がわからないようになっています。
言うならばずっと痛いので何がいい状態で、
どうなるとダメなのか?
整体を始める前にこれをはっきりさせました。

 

どうしたら体は壊れるのか

 

まずは週1の頻度での整体です。
これを2ヶ月行いました。
8割の症状は取れました。
その後は月に1回の頻度で整体をしています。

 

 

今でも大切にしていることがあります。
それは、「どうしたら体は壊れるか」

 

 

体のサインを見逃さないようにしてもらってます。
そうでないとまた同じ失敗をしちゃうので。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境でヘルニアの治療をしたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


京都からの通院するヘルニアの患者さん

  • 2015年11月27日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

京都からの通院するヘルニアの患者さん

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「京都からの通院する
ヘルニアの患者さん」
という記事です。

 

 

ヘルニアの時に気になるのは、
・このままだったらヘルニアになるの?
・病院でヘルニアと診断された
・リハビリに行っているけど…
・しびれがだんだんきつくなっている

 

 

と、原因を考える腰痛のママさんが多くいます。
ヘルニアがどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
「リボディには京都からくる価値」があるからです。

 

 

目次

 

 

実際に京都から来るヘルニアの患者さん

この患者さんは3ヶ月前に来られました。
その時の症状はこれでした。
椎間板ヘルニアの部分をご覧ください。
http://rebodyuozumi.com/comments/

 

 

車に少し乗ると太ももの裏が痛くなる。
太ももが痛くなると休み休みしか歩けない。
デスクワークでも腰痛が出て我慢できずに立つ。
寝ていると腰が痛くて眠れない。

 

 

やった時だけマシだった

こんな状態で腰痛や痺れを、
1年ほど我慢されていたようです。
整形外科に行ってヘルニアの診断。

 

 

怖いので違う病院に行き、そこではリハビリを受け、
会社の同僚からの紹介でヨガに行ったり、
ホットペッパーで見つけたマッサージに、
行ったりしたそうです。

 

 

でもそれらをしても腰痛が、
「やった時だけ少しマシかな?」
って感じだったそうです。
それでもやらないよりマシだから、
必死に通ったそうです。

 

 

最初はやった分だけマシと感じたものも、
だんだんひどくなってきたら、
そのマシという感覚も無くなったようです。

 

最終的には○○に頼る

 

最終的にネットで検索しまくったそうです。
それでリボディのホームページを見つけて読んでいると、
「女性専門か、、、整体を受けてみたい」となったそうです。

 

 

京都からは電車で片道1時間でしたが、
週に1回通院され見事にヘルニアの腰痛、
しびれは無くなりました。
デスクワークの姿勢や歩きかたなどを
必死に改善した成果です。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境でヘルニアの治療をしたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


腰痛治療の違い

  • 2015年11月26日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

腰痛治療の違い

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛治療の違い」
という記事です。

 

 

腰痛の時に産後のママさんが気になるのは、
・このままだったらヘルニアになるの?
・病院に行ったけど治療はなかった
・リハビリに行っているけど特に変化ない
・しびれ、痛みがだんだんきつくなっている

 

 

という腰痛のママさんが多くいます。
腰痛の治療がどのようなものなのかを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
「腰痛の治療なんてどれも同じ」
と思っている人が多いからです。

 

 

目次

 

 

腰痛の治療って…

腰痛の治療と一口に言ってもいろいろあります。

 

 

シップ
電気治療
温熱治療
リハビリ
注射
 

 

マッサージ
牽引治療
マシントレーニング
ヨガ
ピラティス
 

 

気功
鍼灸治療
鎮痛薬
ストレッチ
カイロプラクティック
 

 

整体
骨盤矯正

 

 

ざっとあげただけでもこれだけあります。
こんなにあるんやな、、、
そりゃこれだけあったらわからんわ(笑)
って感じですね。

 

 

方法はなんでもいい

何が言いたいかと言うと、
腰痛が改善されて健康になるのなら

 

 

「どれでもいいやん」

 

 

本当にその通りです。
治ればいいんですよ。
じゃあ「治る」って言いますけど、
その治るってのはどんな状態??ってことです。

 

 

これが人によって違いますね。
例えば今の痛いのだけ取れたらいいわ、って人。
再発しないように完璧に治したい人。
いい状態をキープしたい人。

 

 

だからリボディ魚住では
どういう状態になりたいのかを最初に聞きます。

 

 

最終的にどうなりたいか

 

とりあえず今の痛みなのか、再発させないのか、
メンテナンスをしていきたいのか?
方向性がわからないと、
何を提供したらいいのかわかりません。

 

 

これだけ多くの腰痛治療の方法があります。
目的に応じて選ぶ必要があります。
そうしないと、満足いく結果に結びつきません。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で腰痛の治療をしたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


良くする因子が少ないから腰痛が改善しない

  • 2015年11月25日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

良くする因子が少ないから腰痛が改善しない

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「良くする因子が少ないから腰痛が改善しない」
という記事です。

 

 

腰痛の時に産後のママさんが気になるのは、
・何をしていても腰が痛い
・病院に行っても解決しない
・マッサージでは根本的に解決できない
・しびれ、痛みがだんだんきつくなっている

 

 

という腰痛のママさんが多くいます。
腰痛を解決する時にどんな要素が必要なのかを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
良かれと思って何かをしている人がいます。
でも逆に何もしていない。
何もする気もないのにいい結果を、
求めようとしている人が少数ですがいるからです。

 

 

目次

 

 

腰痛治療の技術が悪いの?

そういう方はほとんど腰痛が改善しない人たちです。
そして腰痛が改善しないのを人のせいにしています。

 

 

「技術が悪いから」

 

 

ちょっと立ち止まって、少し考えましょう。
何もせずに改善するレベルなら、
おそらく様子を見るというレベルで
その腰痛は改善していたでしょう。

 

 

あなたに何が足りないのか?

一旦、様子を見てそれでも改善しないから、
病院や整骨院、整体などの
次の手段を探したわけですよね?
ということは積極的に治す要素を入れていかないと、
その状態の腰痛は改善しないというわけです。

 

 

何もしなくて腰痛が改善するなら、
自宅で寝ていても改善すると思います。
リボディ魚住ではハッキリとお伝えします。
あなたに何が足りないのか?

 

 

知らないといけない条件

 

使い方なのか?
体をいたわる気持ちなのか?
健康を維持するための時間なのか?

 

 

これを知らない状態で何かをしても、
人任せの状態で結果も良くないでしょう。
どうせするならハッキリした状態で、
健康のためになることをしていきましょう。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で腰痛の治療をしたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


悪くする因子が多すぎるから腰痛が改善しない。

  • 2015年11月24日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

悪くする因子が多すぎるから腰痛が改善しない

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「悪くする因子が多すぎるから腰痛が改善しない」
という記事です。

 

 

腰痛の時に産後のママさんが気になるのは、
・何をしていても腰が痛い
・病院に行ってもマシにならない
・マッサージでは良くならない
・骨盤の歪みが原因だと思う

 

 

という腰痛のママさんが多くいます。
腰痛を解決する時にどんな要素が必要なのかを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
施術前にわかっておかないといけないからです。

 

 

目次

 

 

あなたの理想は?

まずあなたはどっちの人なのか?
最短ルートで腰痛を改善したいのか、
それとも自分の好きなことをしながら、
時間がかかってもいいから、
ゆっくり腰痛を改善したいのか?

 

 

これによって方向性はかなり変わります。

 

 

なんで腰痛になっているのかを考えて欲しいです。
好きなことを、好きな時間に、
好きな量だけやった結果、
今の腰痛が起こっているのです。

 

 

なんで腰痛になったの?

よく聞きます。
あなたが腰痛になった原因はわかりますか?
そしたら返ってくる答えは
「わかりません。いつの間にか、、、」

 

 

これが答えです。
いつの間にかということは、
毎日気づかないところで体を痛めていたのです。

 

 

毎日すること。
それこそが生活習慣なんです。

 

 

歩くこと。
座ること。
荷物を持つこと。
立っていること。
自転車に乗ること。

 

 

知らないうちにの「意味」

 

これらは毎日繰り返されます。
だからこれが原因なんて、
これっぽっちも思っていないんです。
でも本当の原因はこの生活習慣なんです。

 

 

だからあなたが好きなことを、
しながらというのを選ぶなら、
腰痛は改善しにくいでしょう。
だってそれは体を悪くする要素が多いからです。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で腰痛の治療をしたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


いい意味で腰痛の患者さんを裏切る

  • 2015年11月21日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

いい意味で腰痛の患者さんを裏切る

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「いい意味で腰痛の患者さんを裏切る」
という記事です。

 

 

腰痛の時に気になるのは、
・無理したから痛むのかな
・腹筋がなくなったから腰痛なのかな
・運動しないと腰痛治らないのかな
・シップだけでは治らない

 

 

と不安になる腰痛のママさんが多くいます。
そこで産後のママさんの不安を解消するために、
リボディ魚住の腰痛治療がどのようになっているのかを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
私は腰痛のプロだからです。
言い方が悪いですが、患者さんは体のアマチュアです。
その向こう側に危険があるなら、
その道のプロとしては伝えるべきだと思います。

 

 

目次

 

 

あなたの健康とは

その昔、私が整形外科のリハビリに勤めていた時です。
そこではリハビリとして、マッサージや腰牽引、
温熱治療などが施されていました。
病院ではよくある光景です。

 

 

私は勉強するうちに疑問が湧きました。
本当に体にいいものは?
健康とは何か?

 

 

患者さんに提供する基準とは…

この答えは簡単ではないと思います。
でもまずわかったことは、
悪いものを除去することで、
不健康な方向にはいかない。
これは当時の私にもわかりました。

 

 

そこから考えました。

 

 

表面的でもいい。
気持ちいいから。
安いから。
病院でもやっているから。

 

 

これではダメだと。

 

 

ようやく少しわかったのが、
「自分の大事な家族や親でも、
同じことを提供するのか?」という基準。

 

 

家族にも提供できるモノ

私の整体院にも、
腰痛を持った医師などが来院されます。
そのたびに何か矛盾を感じます。

 

 

自分の病院で治療を受けないのかな?

 

 

私なら腰痛になるとスタッフに施術してもらいます。
それが一番の解決策と知っているからです。

 

 

これが僕の家族にも提供できる
「本当の医療」だと思います。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


原因が違うので腰痛が改善しない

  • 2015年11月20日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

原因が違うので腰痛が改善しない

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「原因が違うので腰痛が改善しない」
という記事です。

 

 

腰痛の治療で気になるのは、
・マッサージはやってもらった時だけ
・シップは貼った時は気持ちいいけど
・お医者さんは様子見しましょうと
・自宅で何かセルフケアできないのかな

 

 

と不安になる腰痛のママさんが多くいます。
そこで腰痛のママさんの不安を解消するために、
腰痛の治療がどうあるべきかを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
治療というのは根本的にするものです。
というか、根本的であるべきです。

 

 

目次

 

 

実は腰痛の原因は○○

腰痛に関して言うと、
腰痛の起こる原因は8割以上が
「骨盤のズレ」なんです。
これは私が10年以上も、
腰痛患者さんを整体してきたのでわかります。

 

 

骨盤のズレが大もとの原因なんです。
その骨盤のズレによって、
体の各所の関節や筋肉が引っ張られて
筋肉が硬くなります。

 

 

この筋肉の硬さがコリや違和感になるのです。
このコリや違和感を通り超えると、
筋肉に炎症が起きます。
これが腰痛なんです。

 

 

これってご存知ですか?

ではなんで骨盤がズレるのか?
これは「生活習慣」なんです。
生活の中での体の使い方ですよね。

 

 

イスの座り方での3つの注意点
キッチンでの立つ時の注意点
子供の抱き方で守る2つのこと
正しく歩く時の3つの注意点
荷物をどっちで持つか?

 

 

生活習慣が大事な理由

これらの普段の生活での使い方が悪ければ、
それによって骨盤はズレます。

 

 

究極は生活習慣を正しくしていく。
そして骨盤のズレを整える整体をする。
この両面からが根本的な解決方法だと考えています。
私がマッサージをしない理由がこれです。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


施術の期間が短くて腰痛が改善しない理由

  • 2015年11月18日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

施術の期間が短くて腰痛が改善しない理由

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「施術の期間が短くて腰痛が改善しない理由」
という記事です。

 

 

腰痛の治療で気になるのは、
・マッサージはやってもらった時だけ
・シップは貼った時は気持ちいいけど
・リハビリに通ったのに改善しない
・通販で腰痛予防グッズを買ったけど効果がない

 

 

と不安になる腰痛のママさんが多くいます。
そこで腰痛のママさんの不安を解消するために、
腰痛の治療をしても改善しない場合があることを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
この期間というのは絶対的に必要な要素だからです。

 

 

目次

 

 

ぎっくり腰で考えて

例えばぎっくり腰を経験された方ならわかるはずです。
ちゃんとした整体をしたなら、
ぎっくり腰になってから1週間ほどで完治します。
ぎっくり腰の後に残りやすい違和感なども
全くない状態になります。

 

 

腰痛が再発しない理由

ぎっくり腰になった人が最も心配なこと。
それは再発するかもという不安です。
このぎっくり腰の再発もありません。

 
だって根本から改善する処置が
前述のちゃんとした整体だからです。
これは他のブログでも言いました。
傷が治るための自然治癒力を
早めるものが整体なんです。

 

 

施術が良くても改善しない理由

逆に言うと、
早く改善できていない理由があるはずです。
その理由で多いのが今日のタイトル、
施術の期間が短すぎることです。

 
原因が作られて、
腰の筋肉に違和感が出てきて、
実際に腰痛を感じ始める。
これが一般的な腰痛の感じ方です。

 
それを巻き戻すのではなくて、
そのほつれをほどいていくのです。
それが整体なんです。
適切な整体ペースで、
適切な期間が必要なんです。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


施術の頻度が悪くて腰痛が改善しない理由

  • 2015年11月17日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

施術の頻度が悪くて腰痛が改善しない理由

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「施術の頻度が悪くて
腰痛が改善しない理由」という記事です。

 

 

腰痛の治療で気になるのは、
・マッサージはやってもらった時だけ
・電気治療をしたけど効果が…
・温める治療をしたのに改善しない
・通販で腰痛予防グッズを買ったけど効果がない

 

 

と不安になる腰痛のママさんが多くいます。
そこで腰痛のママさんの不安を解消するために、
腰痛の治療をしても改善しない場合があることを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
この頻度というのは大事な要素だからです。

 

 

目次

 

 

家の工事で考えてください

私は整体前の説明でよく言います。
腰痛を治すのは家を工事するのと同じなんです。
家を工事するには理由があります。

 

 

キッチンが使いにくくて、腰痛になる。
ガレージから玄関が遠くて腰痛を我慢できない。
ベッドが置けなくて、腰痛がひどい。
階段がきつくて腰痛を我慢できない。

 

 

家の問題点を解決するのと同じですね。
家でも体でも、
その問題点を計画的に改善していくだけです。

 

 

この予定を組むのが大切

もちろん工事には工期というものがあります。
この日にはこれをする。
次の週にはこれを付ける。
この日までにあれを完成させる。

 

 

これは体も一緒です。
この日までには、、、
次の週までには、、、
腰痛が完治するまでには、、、
これくらいのペースでこれくらいの期間が必要。

 

 

満足いくものを作る条件

病院の薬でも同じですよね。
朝昼晩で薬を2週間飲みましょうって感じ。
この条件が守れないと、
改善するのはなかなか難しいのです。

 

 

工期が守れないと、
満足のいくいい家は完成しませんよね?

 

 

不定期にいい加減なことをすると悪い癖がつきます。
逆に定期的に正しいことをするといい癖がつくのです。
こうやって骨盤にいい癖をつけて、
整えるのがリボディの腰痛専門整体です。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


技術が悪くて腰痛が改善しない理由

  • 2015年11月16日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

技術が悪くて腰痛が改善しない理由

こんにちは。
大阪市の保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「技術が悪くて腰痛が改善しない理由」
という記事です。

 

 

腰痛の治療で気になるのは、
・マッサージはやってもらった時だけ
・電気治療をしたけど余計に痛む
・温める治療をしているのに改善しない
・腰痛予防グッズを買ったけどあまり効果がない

 

 

と不安になる腰痛のママさんが多くいます。
そこで腰痛のママさんの不安を解消するために、
腰痛の治療をしても改善しない場合があることを
解説していきたいと思います。

 

 

なぜこれを説明するかと言うと、
誤解されている方が時々いらっしゃるからです。
腰痛が改善しない理由が、
いくつもあるというのは前回までのお話です。

 

 

目次

 

 

邪魔をしないでください

今回はそれを1つ1つご説明していきます。
「施術の技術が悪くて腰痛が改善しない」
もうこれは最もダメなパターンですね。
売っている商品が悪いということなので、
付ける薬がないです。

 

 

人間には自然治癒力という、
自然に傷を回復させる力があるのです。
それを邪魔していますね。
だから良くならないのです。

 

 

何が良くて何が悪いのか

逆に何がいい施術で、
何が悪い施術なのでしょうか??

 

 

1:きっちりと毎回検査
2:深い原因に対する施術
3:痛くない施術
4:注意点を伝える

 

 

私が腰痛で整体院を選ぶなら、
このあたりをホームページなどで
書いてあるとこがいいですね。

 
逆に腰痛でマッサージを受けているとなったら、
該当するのはおそらく、
1と3くらいではないでしょうか。

 

 

最低限必要な治療技術

マッサージで良くなるのは筋肉の柔軟性です。
柔軟性がなくなる原因までは踏み込めていないです。
注意点と言ってもストレッチや
体操くらいでしょうから、
普段の生活の体の使い方とかではないですよね。

 

 

この4つがきっちりしていたら、
腰痛なんて改善して当然ですね。
ここまでの技術は治療家として必要だと思います。

 

 

保育士に自分の子供を預けて、
安心する環境で産後の骨盤を整えたい人は、
一度ご相談ください。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。
ご予約の方はこちらから。
もしくは06-6763-2677まで。

 

 

保育士のいる腰痛専門整体院
リボディ魚住 院長 魚住行弘


ページトップへ