産後骨盤矯正ブログ

腰痛の時のイスの座り方 その2

  • 2015年10月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛の時のイスの座り方 その2」をご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
イスには「いい姿勢」で座るべきだからと前回のブログでお話ししました。
でも現状、はっきりとこの姿勢がいいという形がわかっていない。

背中をピンとさせて座る、、、
お腹をへこませて座る、、、
背もたれをできるだけ起こして座る、、、
足をひっつけてお行儀よく座る、、、
イスには奥の方までしっかりと深く座る、、、

そんな感じの人が多いのです。
特に腰痛やぎっくり腰、ヘルニアの人は特にです。
これは正しい情報を受け取っていないからです。

私が正しい「腰痛の時のイスの座り方」をご説明します。
その前にまずやる前の注意点を2ついいます。

①まずは1分くらいで行うこと。
最初はずっと続けれるほど体が慣れていないからです。
この1分を1日の中で5回くらいすること。

オススメは朝・昼・晩のご飯の時にすることです。
これだけでも3回で3分できます。
あとはトイレとかでやる。
これで5分なんかは簡単にクリアできます。

②いい姿勢をしていて、
「腰が痛い、、、」と思う時は、
角度や時間を少し緩めて痛くない状態ですること。

この2点が「腰痛の時のイスの座り方」です。
特にぎっくり腰やヘルニアの方は要注意です。
では今回はやる前の注意点でしたので、
次回はどうしたらいいの?という腰痛の時の具体的な座り方をご説明します。

お楽しみに!
大阪市の女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。


腰痛の時のイスの座り方 その1

  • 2015年10月03日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛の時のイスの座り方 その1」をご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
イスには「いい姿勢」で座るべきだからです。
しかも腰痛なんかの時は、余計に注意した方がいいです。
でももっと大事なのは普段から気をつけることですけどね。
そして、ほとんどの人は「いい姿勢」が何かをわかっていないのです。

背中をピンとさせて座る、、、
お腹をへこませて座る、、、
背もたれをできるだけ起こして座る、、、
足をひっつけてお行儀よく座る、、、
イスには奥の方までしっかりと深く座る、、、

果たしてこれで本当にあってるのでしょうか??
この間違った知識はいつからあなたの体に入っているのでしょうか??
おそらく子供の学校の先生とかに言われていたはずです。

「正しい姿勢で座りなさい」
これ抽象的ですよね?
だってどこをどうしたら、
正しい姿勢になるのかさっぱり言ってませんから。

それでも子供の頃はそれが普通なんだと思って、
聞いたことなんかありませんでした。
今なら聞きますよ。

「どこをどうやったら正しい姿勢になるのですか?」

はっきりと定義があるんです。
だからリボディ魚住では腰痛の方を整体する時に、
必ず「正しい姿勢」もご説明します。
逆に説明しなくて腰痛なんかは改善できません。
これは10年以上、多くの腰痛の女性に関わってきたんで言い切れます。

それでは今日はここまでとします。
次回のブログでは具体的な「正しい座り方」をご説明します。
お楽しみにしてください。


腰痛の女性に必要なお風呂の入り方

  • 2015年10月02日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛の女性に必要なお風呂の入り方」をご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
皆さん知らずに腰痛に良かれと思ってしていることが
実は体のためになっていなかったりするからです。

腰痛のためにヨガに行く、、、
腰痛だからお風呂でゆっくりと温もる、、、
腰痛だからお風呂上がりにストレッチをする、、、
腰痛予防にジムに行って、マシンで鍛える、、、

まだあるでしょうか?
こんなもんでしょう(笑)
これらが腰痛に良かれと思ってしていることです。

これ、一体何のためにしているか?

物事の本質です。
「健康のため、体のため」と聞こえてきそうです。
ではどんな風に健康のためになるのでしょう?
どんな風に体のためになるのでしょう?

考えたことありますか?

そう聞くと、
友達から聞いたから。
雑誌に載っていたから。
昔から良いって聞くから。

こんな理由になるんです。
体のことを勉強している専門家からしたら「???」です。
私の知識をひけらかす意味ではありません。

これでは全部が人の責任になっているんです。
そうではなくて、不変の法則があるじゃないですか。
それを大事にして欲しいです。

例えばお風呂でしっかりと温もるという行動。
お風呂も温もり方があるんです。

低めの温度でゆっくり入るか?
低めの温度で素早く入るか?
高めの温度でゆっくり入るか?
高めの温度で素早く入るか?

この答えは次回お伝えします。
大阪市の女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。


雨が降ると腰痛がひどくなる?

  • 2015年10月01日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「雨が降ると腰痛がひどくなる?」をご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
リボディ魚住の腰痛の患者さんでもこの事を聞くからです。
おそらく世間一般の方でもこの理由を知らないと思います。

雨が降ると腰が痛くなる、、、
台風が近づくと体調が優れない、、、
雨が降る前になると、しびれがきつくなる、、、

これが雨がもたらす影響です。
ではなぜそうなるのかです。
理由はご存知の通り、気圧の関係ですね。
気圧が下がると一足飛びに体調が悪くなるのではないのです。

人間の体は圧力がかかる事で正常に働きます。
これは重力がかかる事でということです。
細胞でも関節でも筋肉でもそうです。
だから無重力の宇宙なんかに行くと歩けなくなるんです。
機能が低下するんです。

細胞なんかも正常に働きにくくなるんです。
細胞レベルでも圧力がかかった方が、正常に機能するのです。
細胞で構成されているのが筋肉や軟骨などの体なんです。
要は圧力がかかる事で抵抗なく機能するのが体なのです。

だから低気圧が来ると「古傷が痛む」というのは正解なんです。
気分が優れないやだるいというのも気分の問題ではなくて、
低気圧の問題という可能性は高いと言えそうです。

大阪市の腰痛専門整体院 リボディ魚住では
低気圧が来た時の対処法なんかもお伝えする整体を行っています。
お困りの方はご連絡下さい。


ページトップへ