産後骨盤矯正ブログ

産後の骨盤矯正がなぜ必要か?その4:産後の体質変化

  • 2015年10月19日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「産後の骨盤矯正がなぜ必要か?その4:産後の体質変化」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
よく産後の患者さんから聞くある1つのことがあるからです。

「産後は体質がかわるから、、、」

これホントなんですか?って聞きたくなります。
だって産後に体質が変わる→みんなが??ってなりませんか?
これも前回お伝えしたように、原因があるからですよね。

例えば、
産後に腰痛が出てくる。
産後に便秘が続いている。
産後に冷え性になった。
産後に風邪をひきやすくなった。

これらは「産後の体質の変化」と捉えられやすいですね。
でも原因がありますよ。
それが今日のお題です。

結論を先に言います。
それは「腸内環境の変化」です。
そうなんや!!って思った方。
ぜひ本質まで理解してください。

産後の骨盤と腸内環境
どこでどうなって関係があるのか?

それは骨盤の中に収まっているのが、大腸や小腸なんです。
これらが骨盤が開くことによって、やはり引っ張られる。
それにより、収縮という運動がしにくくなるのです。
だから便秘や栄養が吸収しにくくなるんです。

大腸はもともと消化や吸収をする臓器なんです。
その大切な臓器の働く環境が悪くなるので、
そりゃ、体質も変わりますがな、、、という話です。

今日はここまでです。
次回はではなぜ体質が変わるんだ?ということをお話しします。
お楽しみに。

大阪市女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。


「産後の骨盤矯正がなぜ必要か?その3:生理痛」

  • 2015年10月17日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「産後の骨盤矯正がなぜ必要か?その3:生理痛」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
全ての起こる事象には原因(理由)があるからです。

例えば、
腰痛がひどくなる。
座骨神経痛がしびれる。
産後に腰痛が出てくる。

全て理由があります。
では産後の骨盤と生理痛の関係は?

骨盤の中に子宮があります。
子宮は靭帯というひもで骨盤とつながっています。
ということは、骨盤がズレると子宮もズレます。
ズレるというか引っ張られるのです。

何でもそうですが、物質は引っ張られると硬くなります。
子宮は本来柔らかいものです。
その柔らかい子宮が引っ張られると硬くなるのです。

そうやって硬くなると、収縮しにくくなります。
子宮が収縮するのは生理の時などです。
だから生理の時に生理痛が発生しやすい体になるのです。
これは骨盤のズレを整えると生理痛が改善するという根拠にもなります。

このように産後の骨盤を整えると、
1年後くらいに始まる生理痛が驚くほど楽になります。
元々、生理痛がひどくて、
出産を機に生理痛が楽になる人を聞いたことがあると思います。
その例がこれにあたります。

今日はこの辺で。
大阪市女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。


「産後の骨盤矯正がなぜ必要か?その2:お尻が大きくなる」

  • 2015年10月15日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「産後の骨盤矯正がなぜ必要か?その2:お尻が大きくなる?」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
誤解をされている方が多いからです。

産後やから、骨盤矯正が必要。
骨盤矯正したら痩せる。
骨盤矯正をしたら腰痛が改善する。

単純にそう思いませんか?
確かにその通りなんです。
でもその手前に理由があります。
その理由を知らずにすると、ただ体の負担にしかなりません。

「ではなぜお尻が大きくなるのか?」

これは骨盤を安定させるためになる体の働きなんです。
だからむしろ健康な証拠なんです。
実はその流れが問題なのです。

骨盤は中が内臓が入っているんですけど、空洞に近いんです。
出産で骨盤が不安定になると、脂肪で間を埋めて安定させようとします。
だからお尻周りが大きくなるのです。
お尻まわりというか骨盤周りですね。

それを骨盤矯正をして、
骨盤を元に戻さないとお尻が大きくなるんです。
そうすると産後の緩んだ骨盤に脂肪がつきにくいということなんです。
逆に産後に早く骨盤矯正をしないと、
一旦付いてしまった脂肪が取れにくくなります。

次回は「産後に骨盤矯正が必要な理由その3:生理」をお伝えします。
大阪市女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。


正座で座ると腰痛に良いけど、、、

  • 2015年10月14日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「正座で座ると腰痛に良いけど、、、」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
ある角度からは良いことも他の角度からは良くないことが多いからです。
今日は地べたに座った時が正座が一番良い姿勢と前回のブログでお話ししました。
今日はその続きです。

正座で座ると腰痛には確かに良いのです。
でも◯◯には良くないのです。

答えは膝です。
膝は正座をすると、かかととお尻がぴったりひっつきますね。
実はこんなに曲がらないのです。

?????
って感じですよね。

正座をした時と、立ったまま膝を曲げていった場合の違いです。
正座をした時はぴったりひっつきます。
でも立っている時は全くひっつきません。

これは体重がかかるために、
正座をしている時は膝がひっつくというものなんです。
逆に体重がかからないと、膝はそこまで曲がらない構造になっています。
曲がらないのに体重で曲げているのです。
これは内部で何かが破壊されているのです。

その破壊とは主に軟骨や靭帯といった柔らかいものです。
柔らかいので形は変えやすいのですが、
傷つきやすいものでもあります。

この破壊が進むと、
腰痛どころか膝痛なども始まります。
出産後の方などは特に気をつけてください。
地べたでオムツなどを変えていると、
膝が痛くなりやすいので。

それでは今日はこの辺で。
大阪市女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。


地べたに座ると腰痛がひどくなる。

  • 2015年10月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「地べたに座ると腰痛はひどくなる」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
知らずに間違った使い方をして腰痛がひどくなる方が多いからです。
今日は地べたに座ると腰痛がひどくなる理由をご説明します。

結論から言うと、地べたに座ると骨盤が開くからです。
地べたに座る座り方が問題なんです。
地べたの座り方を考えてください。

あぐらで座ると腰痛がひどくなる。
三角座りで座ると腰痛がひどくなる。
座椅子に座ると腰痛がひどくなる。
お姉さん座りだと腰痛がひどくなる。

そうなんです。
これらは全て腰痛がひどくなる座り方なんです。
どうなるかと言うと、全て骨盤が開くのです。

なんでもかんでも骨盤が開くって言ったら信じると思って!
って聞こえてきそうですが、本当なんです。

これらの全ての姿勢は背中が丸くなってしまうんです。
これが骨盤が開く姿勢なんです。
逆に背筋がピンと伸びていると、骨盤は開きにくいのです。
骨盤が開きにくいので腰痛にはならないのです。

では地べたではどういう姿勢が、
一番腰痛にならずにいいのか??
という疑問が湧くでしょう。

答えは正座です。
だから正座は昔から日本人が長時間行う姿勢なんでしょう。
でも正座も少し問題があるのです。
次回はこの問題に関してご説明しますね。

大阪市女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。


デスクワークでの腰痛予防②

  • 2015年10月11日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「デスクワークでの腰痛の予防②」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
腰痛やヘルニア、座骨神経痛の人に話しを伺うと、
ほとんどがデスクワークをしていて昔から腰痛があった。
という方が多いからです。

何が言いたいのかと言うと、
昔から腰痛持ちだった、ということが原因で本当にヘルニアになるのか?ということです。
今回は仮に昔から腰痛持ちだったということが、
ヘルニアになるのと関係があると仮定してお話しします。

今回はデスクワークでの注意点です。
デスクワークなので座っていますね。
なので、基本的な座り方のところを参考にしてください。

少しおさらいすると、
①足の裏をぴったり引っ付けて座る。
②おへそを少し前に出す。
③膝が直角になるように椅子の高さを調整する。

この3点が基本的な腰痛を予防するイスの座り方です。

では今回はこれに付け加え、
PCでのデスクワークをしているときの注意点です。
注意したいのは、PCの位置です。

PCの位置、特にキーボードの位置が自分の体より離れていると、
自分の脇が開くことになります。
脇が開くと、姿勢がすごく悪くなります。

ここでの注意点は脇を締めて使えるように、
キーボードの位置を手前に引くということです。
昔から腰痛だというデスクワークの方は、
この姿勢を注意してみてください。
そうすることで少し腰痛が改善されるでしょう。

大阪市女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。


デスクワークでの腰痛の予防①

  • 2015年10月09日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「デスクワークでの腰痛の予防①」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
腰痛やヘルニア、座骨神経痛になった人に聞いていると
デスクワークや重いものを持つ人など
様々なジャンルの仕事の人がなっているからです。

何が言いたいのかと言うと、
仕事の内容が原因でヘルニアや腰痛などになるのではないということです。
それはどういうことか??

重い荷物をよくもつからヘルニアになった。
立ちっぱなしの仕事だから腰痛になった。
長時間のデスクワークだから腰痛になりやすい。
昔から腰が痛かったからヘルニアになりやすい。

これらはよく原因と言われていることです。
でもこれが本当に原因なら日本人みんな腰痛やヘルニアになっています。
でも腰痛にならない人、腰痛になる人がいるのはどこに違いがあるのか?

実はこの動作が原因ではなくて、
腰痛やヘルニアの原因は動作の仕方なんです。

ヘルニアにならないような重い荷物の持ちかた。
腰痛にならないような立ち方。
腰痛にならないようなデスクワークの仕方。
ヘルニアにならないような日常の過ごし方。

こんな風に「◯◯の仕方」が大事なんです。
次回のブログでは「具体的なデスクワークでの注意点」をご説明します。
産後の方がお子さんを持つ時や、
仕事で重い荷物を持つ時なんかに役立ちます。
ぜひお楽しみに。

大阪市女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。


腰痛予防をしましょう 。

  • 2015年10月08日
  • |カテゴリー: 未分類
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛の予防」についてご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
腰痛やヘルニア、座骨神経痛になってから慌てている方が多いからです。
何が言いたいのかと言うと、予防策をしっかり知ったらいいのです。

腰痛予防のために、ジムに通っている。
腰痛予防のために、ヨガをしている。
腰痛予防のために、毎朝体操をしている。
腰痛予防のために、犬の散歩を日課にしている。

4つ目の予防策は私の親父でした(笑)
話を戻します。
腰痛の予防策をしているのですが、
それ本当に効果あるの???ってことです。

これを聞くと皆さん、さあ、、、
ってなるんです。
だから効果があることをお伝えしますね。

やって欲しいことはウォーキングです。
これは犬の散歩とかではなく、
自分ひとりのペースで歩ける環境を作ってください。
あと注意して欲しいのが「◯◯のついで」では効果が出ません。

多いのが買い物や銀行のついでに歩いてますよ。っていう方です。
これはただの移動の手段なんで、ウォーキングにはなりません。
腰痛予防のウォーキングの条件ですが、止まらずに歩き続けることが大事です。
だから信号なんかがあるところでは無理になります。
公園なんかがオススメでしょう。

ではなぜウォーキングをして欲しいのかを次回ご説明しますね。
お楽しみに。
大阪市女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住でした。


生理の時の腰痛について

  • 2015年10月07日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「生理の時の腰痛について」をご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
生理の時に腰痛になる、腰痛がひどくなるという方が多いからです。
女性は毎月1回必ずあるものなので知っておくといいでしょう。

生理とは子宮内膜の炎症なんです。
子宮内膜の必要なくなった部分が剥がれ落ちていく現象が生理なんです。
新しい子宮内膜を作り上がるための準備という意味です。
でも細かく分類すると、炎症というジャンルになるのです。

だから痛みも付いてくるわけです。
できれば痛みなんかはいらないのにね。

でも痛みは体の内部での異変を教えてくれるサインなんで必要なんですね。
同じようなサインとして内臓に問題があっても、
腰痛などが出る場合があります。
これに関してはまた別の機会に説明します。

結局は体の内部の炎症を痛みとして、腰痛で表現しているわけです。
だから生理の時に腰痛がひどくなったりするのです。

そしてもう一つの原因があるのです。
それは生理中はホルモンの影響で骨盤が緩まるわけです。
だから骨盤のズレが原因で腰痛が出ている人は、
生理中に腰痛がひどくなる人がいます。
これは決まって生理中だけでなく、生理前などでもよくあります。

これら2つの理由、体内の炎症反応とホルモンの影響で、
生理中には腰痛がひどくなります。
知っておくだけで安心しますね。
それでは今日はここまでです。

大阪市の女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住がお届けする
生理中の腰痛に関してでした。


腰痛の時のイスの座り方 その3

  • 2015年10月06日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛の時のイスの座り方 その3」をご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
イスの座り方なんて、子供の時に習ったぶり!という方が多いからです。
正直驚きますが、そういう僕も一緒でした。。。

今回は腰痛の時にイスにどうやって座ったらいいのか?
具体的に3つの注意点があります。

まず1つ目。
これは足の裏をしっかり地面につけましょう。
かかとから爪先までという意味です。
よく女性で多いのが、座っている時に爪先だけが地面についている人。
多くないですか??

あとは足首くらいで小さく足を組んでいる人。
どこまで組みたいねん!ってツッコミを入れてくなります。

2つ目。
おへそを前に突き出しましょう。
これは背骨のカーブを作っています。

いい姿勢をするとおへそで前向きのカーブができます。
でも悪い姿勢になるとこれが全く逆の後ろ向のカーブになるんです。
背中が丸まっている状態ですね。
背中が丸くなることで骨盤は緩みやすくなります。
その結果、ずれやすくなりますね。だから結構重要です。

そして3つ目。
それは横から膝を見た時に膝の角度が直角になるように、
イスの高さを合わせて欲しいのです。

小学生の学習つくえを考えてください。
イスにはネジが10個くらいついてますよね?
あれは成長に合わせてイスの高さを変えられるようにあるのです。
こういった感じで腰痛の時のイスの座り方をご注意ください。

大阪市の女性専用腰痛専門整体院 リボディ魚住では、
このように腰痛の時のイスの座り方などもお伝えします。


ページトップへ