産後骨盤矯正ブログ

腰の痛みと内臓トラブル

  • 2015年08月16日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

私たちが、ただの腰痛だと思っているものが

実は死に至る危険がある場合もある、ということをご存知でしょうか。

ぎっくり腰のように急激な痛みが起こった場合。

もちろん何か重たいものを持った瞬間に起こった、など

確実にぎっくり腰である場合は別ですが、そうではない場合。

大動脈解離になっていることがあります。

腰だけではなく、胸や背中が痛んだり、痛い場所が変わったりするのが特徴です。

 

 

また、慢性的な腰痛に似た痛みがある時は

腹部大動脈瘤ということもあります。

普段は痛まないのですが、炎症が起こると腰痛が起こります。

これも理由がなく痛み始めた場合には、疑った方がいいでしょう。

 

 

腰痛はついつい軽く見がちですが、このように病気が隠れていることもあります。

痛みが激しい、または長く続く場合には、早めに受診をしましょう。

そして、それで問題がなければ整体にいらしてみてください。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

検査をして理由が分からない場合は施術せず

受診を勧めています。

ですから、先に受診してきていただけると

その後の受診までがスムーズに運べます。

問題なければ、その腰痛、当院で改善までお手伝いします。


スポーツによる腰痛

  • 2015年08月16日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

スポーツをしていて腰痛になることがあります。

中腰の姿勢を長く続けるものなどは、痛みが起こりやすいです。

スポーツによる腰痛はスポーツ障害と分類されますが

その原因はオーバーユース、つまり使い過ぎです。

同じ姿勢を長く続けることや、同じ部分に負荷をかけすぎることで

筋肉が固まってしまい、痛みが起こります。

 

 

しかし、これは骨格や骨盤のゆがみも影響してきます。

同じ姿勢を続けて負荷をかけることで、骨盤にも影響があるんです。

骨盤がゆがめば、それに引っ張られる筋肉も柔軟性を失い

周囲の筋なども巻き込んで痛みを引き起こします。

そうなると、いくらマッサージをしたところで、

いくら湿布などをしたところで、またしばらくすると

ぶり返してしまうのです。

 

 

何度も再発することを予防するためには

早めに骨盤やそのほかの骨格を整えてやる必要があります。

骨盤矯正を行える整体院を選んで行ってみてください。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は女性専門の整体院です。

骨盤矯正は、産後1カ月以内の方以外はほぼ全部

受け付けております。

初回は検査もあって1時間ほどかかるので、初回のみ、お時間を

しっかりとっていらしてください。

 


ストレッチは良いけれど

  • 2015年08月15日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

少し前から、ストレッチ専門店というものが流行っているようです。

体のあちこちをしっかり伸ばす、というもので

イタ気持ちいい、というのが魅力なようです。

 

 

普段からデスクワーク等で、同じ姿勢でじっとしている時間が長い人には

確かにぴったりだと思います。

筋肉は動かさないと固まってしまい、ちょっとした刺激で

損傷しやすくなってしまうからです。

プロの指導のもと、体全体を伸ばすストレッチを行うのは

腰痛や肩こり予防には有効だと思います。

 

 

しかし、それを模倣して自己流で行っていると

逆に筋や筋肉を痛めてしまうかもしれません。

固まってしまっている筋肉は、説明したように

ちょっとの刺激でダメージを受けやすくなっています。

無理に伸ばそうとすると、その瞬間ぎっくり腰、ということも。

自分だけで行うのであれば、無理のかからない程度のストレッチを

選んでやった方が安心です。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は女性専門の整体院です。

初回の検査でコリや痛みの原因を見つけ出し

それに対応した処置を丁寧に行っていきます。

ストレッチに関するアドバイスなども行いますので

心配な方はお気軽にご質問ください。


強い刺激は固まった筋肉には厳禁である!

  • 2015年08月15日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

家族や親族が集まるお盆。

小さな子どもに、腰や肩を叩いてもらったり

揉んでもらったりすることがありませんか。

腰が痛いからちょうどいいと思いやってもらったら

翌日は逆に痛くて動けなくなってしまう。

これはよくあることなのです。

 

 

叩く、揉むという動作は、慢性的に腰痛を感じている人には

あまりお勧めできません。

というのも、慢性的に腰痛や腰の重さを感じているということは

筋肉の柔軟性が欠けてしまっている可能性が高いからです。

固まっている筋肉にさらに刺激を与えると

その部分はその刺激に対応してさらに固くなったり

叩く刺激に負けてしまい、筋肉自体が断裂して

炎症を起こしたりしてしまいます。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では、腰痛の治療の際に

叩く、揉むということは一切行いません。

患部を直接触るのではなく、体のバランスと骨盤を整えることによって

痛みやコリをほぐし、腰痛を改善させていきます。

強い刺激に慣れてしまっている患者さんだと

初回は物足りない、と感じることもあるようです。

しかし、施術を受ければ受けるほどに改善していくので

強い刺激を与えないと筋肉はほぐれない、と思っている方は

かなり驚かれますよ。


長時間の運転の合間には

  • 2015年08月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

お盆です、皆さん、いかがお過ごしですか。

お盆は、腰痛になる危険があちこちに隠れています。

例えば、帰省のために、普段はしない長時間の運転がありますね。

車の運転は、慣れている人でも腰痛の危険がありますが

慣れないと余計に疲れやすいものです。

 

 

車の運転をする姿勢というのは

どうしてもシートに腰が沈み込みやすくなります。

体がくの字に曲がってしまうので、腰にかなりの負担がかかります。

これは、寝る時に柔らかすぎる布団を使った際に

腰が沈み込んで寝返りが打てない状態と同じです。

その恰好のまま何時間も運転すれば、腰が痛くなるのは当たり前なのです。

 

 

長時間の運転の際には、必ず1時間に1回は車を降りて

軽いストレッチをする方が腰痛になりにくくなります。

これはオフィスで働く人と同じです。

また、腰痛になりにくい姿勢で運転をするようにする、という方法もあります。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では、整体はもちろんですが

日常生活における注意点をお伝えし、アドバイスを行っていきます。

車の運転における注意点などもお伝えすることができますので

施術の際にはお気軽に質問してくださいね。


お盆は腰痛の危険がいっぱい!

  • 2015年08月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

お盆です、皆さん、いかがお過ごしですか。

普段は会えない人に会うことも多いでしょう。

お盆は、腰痛になる危険があちこちに隠れています。

例えば、兄弟や親戚が戻ってくる本家の方は

その準備で大わらわでしょう。

 

 

テーブルや灯篭など、荷物を出すことも増えるでしょう。

普段はやらない動きをすることで

腰を傷めてしまうこともあります。

そういう場合には、ぎっくり腰が多いですね。

 

 

ぎっくり腰になったら、まずすべきこと。

それは、安静にして冷やすことです。

間違ってお風呂につかったり、温湿布をしたりすると

炎症を起こして熱を持っている部分が

さらに悪化してしまいます。

徹底してアイシングを行い、安静をキープ。

そしてお盆が開けたら、病院を受診しましょう。

 

 

そして骨にトラブルなどがなかったら

そこからはマッサージやリラクゼーション、整体など

お好みの所で腰痛の改善をしましょう。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住は女性専門の整体院です。

骨盤を優しく押さえて矯正を行います。

最初にしっかり対処をしていれば

改善も早いです。

無理して動かしたりせず、安静にしてアイシングです。

今ぎっくり腰に悩んでいるあなたは、まず冷やしてくださいね!


歩き方の改善で腰痛が治る?

  • 2015年08月12日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

ご自分の歩き方をチェックしたことがあるでしょうか。

歩き方が正しいと、筋肉疲労はたまりにくく

体のゆがみも出にくいです。

しかし、歩き方がおかしいと、腰痛などが起こることがあります。

特に一日に歩く時間が長ければ長いほど

歩き方ひとつであれこれ変わってきます。

 

 

靴のかかとのすり減り方はどうですか?

左右の減りはどうでしょうか。

どこかだけが妙にすり減るという場合には

歩き方が正しくない、または、すでに

体のゆがみが出ていることが考えられます。

 

 

腰痛がひどい人は、靴の外側がすり減っていることが多いようです。

そのままその靴を履き続けると

もっとゆがみがひどくなります。

靴を新調するか、すり減ったところを修理するかして

正しい状態に戻し、それと並行して

歩き方の改善を心がけていきましょう。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

3つの方向から腰痛改善を行います。

骨盤矯正、体重バランスの矯正、

そして日常生活の矯正です。

正しい歩き方についての指導も行いますので

腰痛が再発しにくくなります。

 

 

ペーパーで指導内容をお渡しするのは

大阪市で唯一当院だけであると自負しております。

ぜひご相談ください。


腰痛をもたらす負のループ

  • 2015年08月12日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

慢性的な腰痛を抱えているあなた。

その体の中ではどのような変化が起こっているのか

ご存知でしょうか。

肩こりも腰痛もそうですが、体の中で悪循環が起こっているのです。

 

 

例えば、ずっと座りっぱなし、立ちっぱなしなどで

同じ姿勢を続けていると、筋肉が収縮して

固まってしまいます。

そうなると、いわゆるハリや重さ、コリを感じるようになります。

 

 

また、筋肉が固まると、当然血管が圧迫されて

血行も悪くなります。

そうなると、疲労物質がうまく流れずに

そこに留まってしまいます。

また、固まった筋肉が、末梢神経を傷つけてしまうことがあります。

そうなると、痛みが起こり、それを脳が感知します。

 

 

痛みを感じると、その部分の筋肉を収縮させようとする働きが体内で起こるので

余計にコリやハリがひどくなるのです。

後は永遠のループとなります。

それを途中で断ち切る必要がありますね。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

骨盤矯正によって血行不良や筋肉の硬直を

緩和していきます。

もみほぐしたりはしないので、患部を傷つけることもありません。

コリやハリが気になる方は、ぜひリボディ魚住へお越しください。

ご予約はお電話で。


痛みを耐えるのは美徳ではない!

  • 2015年08月11日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

不思議と日本人は、痛みを感じてもなかなか

病院に行ったりせず、耐えることが多いです。

日本は耐えることこそが美徳とされる部分があるので

ついついガマン。

 

 

しかし、あまりガマンをしていると

痛みがさらに重なることになります。

筋肉が緊張して腰痛が起こっているのに

それをガマンすると、さらに筋肉が硬直します。

固いものは、もろいもの。

ちょっとした衝撃に傷つきやすくなってしまいます。

 

 

また、痛みをずっと感じたまま放置しておくと

どうしても痛みの方に意識が行きます。

それが悪い方に作用して、自律神経が乱れてしまい

痛みを抑える機能のあるホルモンの分泌も悪くなります。

痛みを強く感じるため、それがさらにストレスに。

そして痛みの堂々巡りになってしまうのです。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

今現在、痛みを引き起こしている部位がどうなっているのか

初回に徹底的に検査を行い、腱鞘します。

痛みのもとを確定し、その部分に対する処置を行うことで

つらい痛みがさらに悪化するのを予防しつつ

それ以外の痛みが出ないように予防もしていきます。

 

 

体重バランスの調整や、日常生活の癖の改善も

行っていきます。


立てないほどの腰痛の原因は

  • 2015年08月11日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

腰が痛いと思いつつ、休まずにひたすら仕事。

そんなことをしていたら、痛みがひどくなり

立ち上がることさえもできなくなった。

そうして病院を受診する方がいらっしゃいます。

そうなると、病院ですすめられるのはズバリ手術です。

 

 

大半の方が、ひどいヘルニアになっている、という診断が下るでしょう。

軟骨が飛び出していて、それが神経を圧迫しているから

痛みが起こるのだ、という風に言われます。

しかし、実はそんなことはないのです。

 

 

というのも、70代80代になると、ヘルニアの状態になっている人は

かなり多いのです。

しかしながら、それで痛みを感じる人は少ないのです。

ということは、ヘルニアは腰痛の原因ではないかもしれない、ということ。

その腰痛は、筋肉の緊張から来ているものかもしれないのです。

 

 

実は神経は意外に固いもので、水のような軟骨では

刺激することもあまりないのです。

ですから、ヘルニア=痛み、と考えすぎるのは問題なんですね。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

立ち上がれないほどの痛みを克服し

元気に生活していらっしゃる患者さんにインタビューをし

それをHPに掲載しています。

ご興味のある方は、ぜひご覧ください。


ページトップへ