産後骨盤矯正ブログ

女性の骨盤はゆがみやすい・・・だから整体

  • 2015年04月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

リボディ魚住は、女性専門の整体院です。

なぜ専門なのか、というと、それは男性と女性の骨盤の違いに

重点を置いているからなのです。

女性の骨盤は、男性の骨盤に比べて横幅が大きく

横長い形になっています。

そのため、男性の手の方がしっかりと届きやすいのです。

 

 

加えて女性の骨盤は、子どもを産むという大切な仕事を

無事にこなせるために作られているので、開口部が大きく丸くなっています。

そのため、男性に比べてどうしても骨盤がゆがみやすくなっているのです。

そのため、産後に腰痛や股関節痛などを訴える人が増えるというわけです。

骨盤のゆがみにはやはり整体がベストです。

しかも、手の大きい男性による施術の方が

より的確に矯正ができると思っています。

 

 

女性の骨盤についてしっかり学んだ結果生まれた

オリジナルの整体法により、腰痛などの不快症状から解放された女性患者さんは

とても多くなっています。

信頼していただいて、定期的にメンテナンスに通ってくださっている

たくさんの患者さんが効果を証明しているのではないでしょうか。

 

 

産後の腰痛にお悩みで、整体を探している女性の皆さん。

大阪市玉造のリボディ魚住に来てみませんか。


産後は骨盤がグラグラだから生活習慣が大事!

  • 2015年04月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は産後の方に、なんで産後の方っていうのは骨盤矯正と生活習慣が大事なのかなっていうのをちょっとご説明していこうと思います。

産後の方じゃなくても生活習慣ってめっちゃ大事なんです。
なんでかって言ったら、骨盤をずらす原因だから。
だからちゃんと生活習慣直したら骨盤がずれないようになります。
そしたら骨盤矯正も必要ないですよねっていうところなんです。

でも産後の方っていうのは骨盤がもうグラグラなんです。
なんでグラグラかって言ったら、やっぱり授乳とかされているからホルモンの関係でグラグラになっちゃうんです。

プラス生活習慣としてお子さんを抱っこしながら、授乳の時なんか背中丸くとかされたりするんですけど、そういうのが10分15分続くと男であってもあの姿勢をずっと続けてたらちょっと腰とか痛なってくるんです。

その上ホルモンの関係で骨盤がグラグラになっちゃうんで、産後の女性っていうのはすごい体には負担かかっています。
自分で分からないだけでも。

だからそういう方には僕はお伝えしています「授乳の仕方はこんなんです」とか「歩き方こんなんしてください」って。「お子さんの抱き方ってこんなんしたら体に負担ないです、もっと育児楽しめます」っていうことをご説明してます。

要は産後の方こそ骨盤矯正と生活習慣を綺麗に整えていくと、めっちゃ楽な体になるし育児めちゃめちゃ楽しめるんです。

今しかないお子さんの現状の小ささとか可愛さとかあるじゃないですか。
そういう時に可愛いなって思える感覚じゃなくて、体痛い腰痛いって思う感覚が先にきたら可愛いなんか思ってられないんです。

自分の痛みのほうがやっぱりインパクトがきついんです。
ですんで私はそうやって産後の生活習慣っていうのをどんどん患者さんに伝えていって、ぜひ痛くない状態でいい状態で育児っていうのを楽しめるように、ずごい楽しめるようにサポートしていきますので、そういうことでお困りの方がいらっしゃったらぜひリボディ魚住までお電話ください。

そしたら今日はこれで終わりたいと思います。ありがとうございました。


産後の骨盤矯正は痛くなくても必要なの??

  • 2015年04月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住と申します。

今日は産後の骨盤矯正「痛みがない場合もしないといけないの」っていうことをよく聞かれるんですけど、これの必要性っていうのをご説明していこうかなと思っております。

結論から言いますと、痛みがなくても骨盤矯正っていうのは産後は必要です。
なんでかっていう理由を今から説明していきます。

まず一つ目なんですけど、痛みがなかったとしても骨盤っていうのは出産で緩むからです。
なんで緩むと駄目なのかっていうのを今からご説明していきます。

それは骨盤っていう中には内臓って言われる大切なもの、人間の例えば栄養とか水分っていうのを食べ物を食べてからガーっと回ってきます。
その間に消化吸収っていうのをしていくんです。
消化したり吸収したりっていうのをしていくんですけど、そういわれる内臓ですよね、その内臓がちゃんとした働きをしないようになってくるからなんです。

要は骨盤が広がっていると内臓の調子が悪くなってくるんです。
これを皆さんよく言われる「産後やから体質が変わった」って言われるんです。
例えば冷え性なったりとか、あと何かな、肩こりやすくなったりとかいろいろあると思うんですけど、便秘になったとかいろいろあると思うんですけど、そうやって体質の変化っていうのを言われることがあるんです。

これは何も痛みが出るわけではないんです。
ただ、自分で何かちょっと産後変わったなっていうのを実感するんです。
これなんでしてくるかっていったら、さっき説明した骨盤の広がりによって内臓がちゃんと動かないっていうことになってきますので、痛みがなかったとしても骨盤矯正っていうのは産後必要になってきます。

ですので産後で特に痛みもないって言われる方でも1度お越しいただいたほうが僕はいいと思います。
どこでもいいので、そうやって産後骨盤矯正っていうのをしていただいて、ちょっと整えるところを探されたらどうかなと思います。

今日はここまでです。ありがとうございました。


産後の骨盤矯正はいつから受けたらいいの??

  • 2015年04月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市の整体院リボディ魚住です。
今日は「産後の骨盤矯正っていつから受けたらいいねん」という質問をよくいただきますので、それにお答えしていこうと思います。

これはいつからかというと、産後1ヶ月以降です。
早ければ早いほうがいいですけどあまり早過ぎると、例えば1か月以内とかですとやっぱりなんぼ整体して整えたとしても結構ぐらぐらなんで、もう帰っている間にまたぐらぐらになっちゃったりしますので、リボディ魚住では1ヶ月以降に来てください。

「できるだけ早く1ヶ月以降で来てください」とお伝えしています。

じゃあ1ヶ月以内はどうしたらいいねんっていうことになるんですけど、そういう場合お電話でお問い合わせください。
症状がある場合など複雑な状況が考えられるのでお電話ください。
自宅でできる対処法、応急処置っていうのをお伝えします。

1ヶ月以内っていうのはなんで受けたらあかんかっていったら、さっき言ったみたいに不安定な要素っていうのが多いっていう。
受けていただいてもいいんですけどすぐ元に戻っちゃうからちょっともったいないという理由もあるんですけど、1ヶ月以内っていうのは基本的におうちでも安静にしてほしいんです。

だからちょっと頑張って応急処置をしながら、おうちではやっぱり安静にしていただいて家事とかもできる限りしないほうがいいです。
ちょっと落ち着いて外に出れるなと思った頃がやっぱり1ヶ月以降になってきますので、それぐらいの時に少しずつでいいので無理しない程度に来れる時に来ていただくという形がいいと思います。

ですので、いつ受けたらいいねんっていうことなんですけど、産後の骨盤矯正に関しては1ヶ月目以降です。
そしたら今日はここで終わっときます。
ありがとうございました。


産後の骨盤矯正でお尻は小さくなる!

  • 2015年04月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は、産後の女性に向けて骨盤矯正のお話をしていきたいと思います。
今日の内容なんですけど、産後の女性によく言われるのが「骨盤矯正をしてる途中でお尻小さくなった」ってよく言われるんですね。
僕からしたら当たり前です。

でも患者さんってけっこう分からなかったりするんですけど、最近インターネットの普及でね、こういうことが言われるようになってきて、皆さんけっこう気づかれてる方がいらっしゃると思うんです。
産後の骨盤矯正をちゃんとしていくとお尻って必ず小さくなります。

どういうことかって言ったら、出産とともに骨盤ってこれ、ドーンと開くんですね。
で、ドーンと開いたら、人間って本来骨で支えてるもんなんで、その骨組みがガーンて開くとめっちゃ不安定なりますよね。

だから体ってこうぐらぐらして不安定になっちゃうんですけど、その不安定感をちょっとでも安定させようと思って、こう広がった骨盤の間にどんどん脂肪を埋めようとするんですね。
だから産後のお尻まわりっていうのはすぐ大きくなっちゃうんです。
ぽちゃっとね。

逆にそういう方を見ると、あ、骨盤矯正してないねんなと、まあしててもちゃんと受けれてないんやなっていうのが分かるんですね。
でもちゃんと定期的に骨盤矯正をしていくと、どんどん骨盤まわりってちっさくなるんですね。

なんでか言うと骨盤が整うから、脂肪がつくスペースがないっていう感じなんですね。
逆に産後の骨盤矯正を受けてるのにお尻ちょっとちっさならへんわなっていうのは、二つ原因が考えられるんですよね。

1個は骨盤矯正の技術が悪い。
骨盤矯正になってないっていうパターンですね。

もう1つは、産前からそれぐらい大きかったっていうことなんですよね。
要は、ちゃんと閉まってる状態でもそんだけ本来お尻が大きかったら、産後やから言うてそれが小さくなるかって言ったらそれちょっとなりませんよね。

まあよくあるんですけど「二人、三人てご出産されてて1回も骨盤矯正受けてないんです」っていう方は、受けられたらめっちゃ変わります。
なんでかって言ったら、それだけ受けてないシーズンが長かったんで、要はぐらぐらのままずーっと過ごされてるんですね。

本来、産後ってけっこう骨盤矯正をして効果が得やすいタイミングなんです。
ですんで、「2、3人産まれててまだ骨盤矯正してないよ」っていう方はね、受けられるとけっこうお尻まわりちっさくなりますんで。
けっこううちの患者さんでも喜ばれてる方は多いです。
そしたら今日はこれで終わりたいと思います。ありがとうございました。


産後の骨盤ベルトはどれくらいの期間巻くの??

  • 2015年04月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は、前回産後のベルトの巻き方っていうのをご説明さしていただいたんですけど、今日はですね、いつまで巻くねんということをご説明します。

ちゃんと検査に行っといたら、大体産後1ヵ月ぐらいから骨盤矯正っていう整体をができるようになります。
それから骨盤ベルトを巻き始めて大体3ヵ月目に入ってまあ半分ぐらいですね。
3ヵ月目と2週ぐらいでまあ大体外していったらいいかなっていう感じですね。

産後1ヵ月後から始めたとしたら、2ヵ月半ぐらいですかね。
そのぐらいの期間巻いとかれたらいいかなと思います。

理由なんですけど、それだけ不安定やから、まあ使えるもんは使っといたほうがいいっていうことです。
そのほうが効果は得やすいと思います。
ですんで当院では、産後の骨盤ベルトは「大体3ヵ月半ぐらいを目安に外していきましょう」と言ってます。

そうやって骨盤ベルトを巻きながら骨盤を整えたらいいのです。
逆に言うと、それまでっていうのは何もサポートがない状態では整いにくいと考えていただいて結構かなと思います。

産後の骨盤ベルトを巻かれてる方っていうのは、それぐらいの期間を目安にね、巻いてあげてください。

で、基本的には寝てるときっていうのは巻かなくてけっこうです。
寝てるときっていうのは、骨盤は体と一緒で呼吸してますんで。
その呼吸を邪魔しないようにしてあげてください。
そのほうが体は治りやすいです。

そしたらこれで今日は終わりたいと思います。ありがとうございました。


産後の骨盤ベルトの巻き方②

  • 2015年04月12日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市整体院のリボディ魚住です。
今日は前回に引き続き、産後の骨盤ベルトの巻き方をご説明していきます。

前回の引き続きですが、恥骨が体の表面から触りにくいのです。
だから今回は目印をご説明します。

「じゃ体の表面からどうやって触れんねん」って言ったらここなんです。
ここにちょうどポケットが、ズボンとかで言ったらポケットがある場所ですね。
太ももの付け根を触っていただいたら分かるんですけど、骨がぼこっとしたところがあります。

このラインの上にベルトがすぐ来るとちょっとこすれて痛なるんで、少し上にずらしといてください。
このあたりに巻いてあげると非常に効果的に産後の骨盤ベルトが巻けます。
正しい巻き方になります。

位置的に、ここを巻いてあげてください。
皆さん、ベルトやからって言ってけっこう上のほう巻かれたりするんですね。
チャンピオンベルトのように巻いても効果は全くありません。

この辺巻いてたりとかってされる方が多いんですけど、産後はこの下のほうがすっごい大事になってくるんで、自分でここ合ってんのかなって思ったら、ちょっと聞いてください。
イメージ的にはもうほんまにこの股の付け根にベルトがかかるぐらいなので、すごい下に骨盤ベルトを巻きます。

で、僕なんかで言うと、この辺なんですね。
この辺がさっき言ってた模型の骨のぼっこりしたところなので、ちょっとここにポケットがこうやってあるんですけど。
このポケットの付け根にそこのぼこぼこがあるので、こういったところやねんなっていうところを気をつけながらベルトを巻いてください。

基本的に産後の骨盤ベルトは正しく付けないと効果はまったく出ないと思ってもらっても間違いではないと思います。

正しい巻き方。

今、治療に行かれてるところがあったら、ちゃんと聞いてください。
答えられないような先生でしたら逆に治療は行かないほうがいいと思います。
あんまり意味がなくなってくると思いますのでね。
はい。そしたらこれで今日は終わりたいと思います。ありがとうございました。


産後の骨盤ベルトの巻き方①

  • 2015年04月12日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は、ベルトの巻き方についてご説明していこうかなと思っております。
よくあるのが、産後の腰痛とかね、産後のトコちゃんベルトとか、ぎっくり腰なんかで骨盤ベルトを使ったりするんです。

何が必要になってくるかなっていうのなんですけど、要は巻き方なんですね。
巻き方がむちゃくちゃやったら、どんなええ商品使っても全部意味なくなるんです。
要は効果が出ないっていうことになってくるんですね。

だから正しい付け方、巻き方っていうのが大事になってきます。
巻き方が必要、正しい巻き方が必要になってくるのと、あとは正しい期間。
もう必要がないのに巻いてる必要もないので。
長期間巻く必要もないので。

巻き方と正しい期間です。装着期間です。
この二つなんですけど、まずは今日は正しい巻き方っていうほうを、ご説明していこうかなと思っております。

巻き方なんですけど、もうこれ模型見たら一番早いです。
産後なんかは、どこを安定させていきたいかって言ったら、もうここなんですね。恥骨っていうんですけど、前ですね。前側ですね。
ちょうど股の付け根になります。

ここを産後なんかは安定さしてあげると骨盤がすごく安定してきやすいです。だから治療のときなんかも大事にしてるんですけど、やっぱりこの骨盤全体を整えていかないといけませんよっていうことはご説明していってます。

ここを安定させたいんですけど、これってね、体の表面から触りづらいところにあるんですね。股関節、まあ股の付け根になるんで、確認しづらいです。

まずは今日はここまでです。
次回も産後の骨盤ベルトの巻き方をご説明します。
ありがとうございました。


産後の腰痛の人、90%が間違うこと②

  • 2015年04月12日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

大阪市整体院のリボディ魚住です。

産後の方がまず何せなあかんかって言ったら、出産後はまず骨盤を正さないといけないですね。
整えないといけないんですよね。
整えた後にベルトを巻かないといけないんですね。

それとベルトの巻き方とかも注意しないといけないですね。
その後に育児とか家事とかするときの体の動かし方、ずらさないような体の使い方を覚えないといけないですよね。

こんだけステップがあんのに皆さん大体間違えて、とりあえず出産後にベルトを巻くとかね、適当な巻き方するとかっていう間違った情報が、すごい世の中にはたくさん流れてます。
ですので、もしこの動画をご覧いただいた方で「あ、私も間違っとったわ」ていう方がいらしたら、まずお電話ください。

ご相談に乗れると思います。
っていうか早くしないと、どんどんどんどん骨盤がずれていきますんで、よけいしんどくなります。
よけい痛みもひどくなりますんで。
そうなったらもうね、お金も時間ももったいないじゃないですか。

きれいにちゃんときれいに早く治ったら、お子さんね、だっことかして。
やっぱりそうやって幸せじゃないですか。でも腰が痛かったりしたらやっぱりね、お子さん抱けなかったりとかしてしまうんで。
そんなんて、お子さんの成長を見逃してしまうんですね。

もう一瞬で大きくなっちゃうんで、その一瞬だけでもやっぱりね、全力で育児ができるように僕はサポートしていきたいと思っておりますので。
お悩みの方はホームページなどをご覧いただいて、またご連絡いただいたらいいかなと思います。

今日はそうやって、産後のベルトの巻くときの注意点っていうのをね、ちょっと説明さしていただきました。
ありがとうございました。失礼します。


産後の腰痛の人、90%以上が間違えること①

  • 2015年04月12日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市の整体院リボディ魚住です。

今日は、産後の方にちょっとご説明していこうと思うんですけど。
産後の方で、治療に来られたときによく聞かれることが一つあります。
「私、出産してからずっとベルト巻いてたんですけど、めっちゃ痛くなってきてるんですよ」って言われてるんですね。

まあ出産後にベルトを巻かれて、ベルトを巻いてるだけで腰痛にならないと思ってる人。
もうこれも間違いですよね。
で、あとはそのベルトの巻き方自体をちゃんと説明受けてないとか、インターネットで見ただけとかね、適当に巻いてるとか、ちゃんと巻けてないという人もめちゃくちゃ多いんですよ。

こういうのに共通することは何かって言ったら、要は適当な情報で適当なことしてるんですよね。
だからめっちゃ痛なってくるんです。
そうでなくても育児って負担になることなんで。

何が言いたいかって言ったら、まずそもそもね、出産してぐらぐらに骨盤がなってます。
この状態で骨盤ベルトだけ巻いといたらどないなるかって言ったら、いがんだままひっつきますよね。
まあ当たり前ですけど。

いがんだままひっつくとどうなるかって言ったら、いがんだまま生活送っていかないといけないんで。
そうでなくても育児で負担になってんのに、それ以上のことをしていかないといけないんですよね。
そしたらそれは痛くなって当然ですよね。


ページトップへ