産後骨盤矯正ブログ

ぎっくり腰が繰り返す理由とは??

  • 2015年04月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

はい、こんにちは。大阪市の整体院リボディ魚住です。

今日は、あなたがなぜぎっくり腰が繰り返すのか、というのをご説明していこうと思います。その理由なんですけど、恐らく、繰り返される方っていうのは、たとえば行動のくせであったりとかね、あとは、表面的な対処っていうのをたぶん繰り返されてると思うんですね。

まあ、くせっていうのも改善されずに表面的な対処っていうのを繰り返されてると思います。

これ、どういうことかっていったら、たとえば、よく言われるのは「くしゃみした瞬間にぎっくり腰なった」とか重たい荷物を持った瞬間とか、子供を抱っこしようと思った瞬間、とかってよく言われるんですけど、これ、一つ一つの動作を、やっぱり改善していかないといけないんですね。

「だから、重たい荷物持たんようにしてる」とかって、そういうやり方ではありません。こういうものを持つときはこうですよ、とかね。足の位置こうですよ、とか、腕はこうやって使ってくださいよ、とかっていうことをしていかないといけないんですね。

だから、これがまず一つのポイントです。改善するポイント。

もう一つは、表面的な対処。

たとえば、湿布とか電気とかマッサージとかっていうのを繰り返してると、どうしても再発してしまいます。

これ分かりやすいと思うんですけど、体の痛みとかっていうのはアラームなんです。警告が鳴ってるんですよ。体の中で何かおかしいこと起こってますよっていう警告音なんですね。

でも、電気とか、湿布とか、薬とかマッサージとかすると、その警告音消しちゃいますよね。たとえば火事とかでいったら、「火事やで!」っていってサイレン、非常ベル鳴ってるのに、非常ベル、プッと消すようなもんなんです。

ほんなら、火事どんどん広がりますよね。ということなんで、そのサイレンだけを消さんと、その原因、どこで出火してんのかなって探りにいって、そこに対して対処をしないといけないんですね。

それが整体であったりとか、うちでいったら骨盤矯正とかね、バランスの調整であったりとか、生活習慣の改善だったりするんです。

ですんで、そこまで踏み込まない限り、ぎっくり腰っていうのは必ず再発します。なんでかっていったら、原因が残ってるから。

ですんで、ぎっくり腰の再発でお困りの方っていうのは、もしよければリボディ魚住、ご連絡いただいたら絶対再発しません。ご連絡お待ちしております。ありがとうございました。


優しい整体は効果がないのか??

  • 2015年04月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は、優しい治療と強い治療、この違いをちょっとご説明していこうかなと思っております。これは、どういうことかっていったら、みなさん整体院とか来られるときって、腰が痛いとか首が痛いとか、肩痛いとかって、痛い状態で来られますよね。

そういうときに、治療って2種類あるんですよ。強い治療と、優しい治療と、この二つなんです。

強い治療ってどういうことかっていったら、もう痛んでる状態やのにボキボキとかギューッとねじったりとかしますよね。普通に考えてほしいんですけど、痛いときってどうされたいですか??

強い治療は「痛いです」って言って来られてるのに、「こことここが痛いんです」言うて、ドーンて強い治療とか強い衝撃っていうのを受けるとどうなるかっていったら、もう、体は拒否反応起こしますよね。余計、こうやって反射でグッと力、防御反応起きますよね。

まあ、痛んでる状態なんで、そんなに強いこととかきついことが怖いですし、もう、その時点で強いこととかされること自体が痛いじゃないですか。余計、悪なりますよね。

ですんで、リボディ魚住では、そういった強い治療であったりとかっていうのは一切しません。

優しい治療をするのが、一番体って治るんです。

強い治療をお好みの方っていうのは、逆にうちには来ないでください。逆に、痛んでて、どうしても治したい、早く治したいっていう方はリボディに来ていただいたら、めっちゃくちゃ早く治ると思います。そしたら、これで今日は終わりたいと思います。ありがとうございました。


子供に熱が出たらどうするべきか??

  • 2015年04月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。今日は、産後のお母さん達に、ちょっとご説明していこうかなと思っております。

今日ご説明する内容っていうのは、熱が出たときにする処置なんですけど。新米のお母さんとか最近やったら、たとえば冷えピタのシートとか、あとアイスノンとか保冷剤とかってあるじゃないですか。熱出たときにああいう物を、でことか首の下とかに乗っけはるんですけど、ほぼほぼ意味ないんですよね。

冷えピタシートに関しては、ちょっとだけ熱取れるんですけど、もっと早い方法があります。アイスノンとか保冷剤っていったら、全然熱取れません。まあ、表面が冷たいだけなんですよね。

これ、どういう状態かっていったら、たとえば、風邪で体に熱出てます、その状態を取ってあげたら体って楽になっていくんです。排熱してあげる。だから汗かいたりとかしますよね。そうすると洋服着替えさしてあげたりとか、汗拭いてあげたりするじゃないですか。

で、地球上で一番熱を取るのに適してるのっていうのは何かっていったら、氷なんです、実は。だからスポーツ選手とか、ビニール袋とか氷嚢っていわれる袋に、氷、ガーッと入れて、アイシングっていってやるんですけど。

よく野球選手とか、ピッチング終わった後に肩とかやったりしますよね。ボクサーとかやったら、試合の途中に、こうやって顔に冷やしたりしますよね。あれをしてあげたほうがいいんです。

あれを頭とか首元にしてあげると非常に効果的です。だから今の時期とかってインフルエンザとかありますので、結構高熱出たりしてしんどいので、ちょっとそうやって氷で、頭と、氷枕とかで首を冷やしてあげると非常に回復が早くなります。

ですのでアイスノンとか保冷剤とか、冷えピタシートとか使ってるお母さんっていうのは、ちょっとそのあたりを変えられたほうが、僕はいいと思います。

アイスノンとか保冷剤とかっていうのは体に負担になりますんで。凍傷の危険にもなりますんで。

おまけに、熱を取るのにまったく意味がないっていったら、ちょっともったいないですね、せっかくされてるのにね。

ですので、そのあたり変えられたほうがいいと思います。はい、そしたら今日はこれで終わりたいと思います。ありがとうございました。


腰痛でマッサージをしたら危険です。

  • 2015年04月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は、マッサージの意味っていうのをちょっとご説明していこうかなと思っております。

みなさん、たとえば腰痛いとか、っていう状態で、どっか治療院に行かれますよね。
たとえば整骨院、整体院とか、どこでもいいですけど、リラクゼーションとか、いろいろあるんで、そういうところに行かれると思うんですけど。

腰が痛い状態っていうのはどういう状態かっていったら、腰の筋肉に傷が入った状態ですね。炎症起きたり、傷が入ったりした状態です。これをマッサージしてもむとどうなるかっていうことなんですけど。

考えてほしいんですけど、たとえば、手をピッと切りました、早よ治そうと思ってガーッともみますか。もまないですよね??

何するか。ここにバンドエイド貼るとか、ここかさぶたやから触らへんようにするとかって、そういう処置しますよね。

でも、あなたがされてる、たとえば腰が痛いとかっていうとき、筋肉が痛んでるんですよ、筋肉が炎症を起こして傷がついた状態ですよ、っていうのに何してるかっていうかいったら、マッサージされてると思うんです。

ぐーっと、たとえば力入れてマッサージしたりとかって、しますよね?

これ、どういうことかっていったら、皮膚で見えへんだけなんですけど、腰の筋肉に奥のほうでピッて傷入ってます、それを外からギューッと強い力でマッサージしてる。

で、これで治るかっていったら、こんなん治りませんよね。普通に考えて。ここの、手の傷をギュウギュウ触ってんのと一緒なんで、治んのがどんどん遅くなります。

こういう理論的なことがありますので、僕はマッサージっていうのはあまりおすすめしておりません。

たとえば、肩こりとかでね、筋肉がカチカチになったから、それをマッサージでほぐすっていうんやったら、別にそれはそれで、僕は一つのやり方やからいいかなとは思いますけど、炎症が起きてたりとか、まあ、腰痛やからっていってマッサージとかしていくのは、これはもう全然違いますよね。

ですんで、腰痛などでマッサージをされてる方っていうのは、このマッサージの意味をちょっと考えて受けられたほうがいいんじゃないかなと思っております。リボディ魚住ではマッサージなんかは一切しません。

はい、そしたらこれで今日は終わりたいと思います。ありがとうございました。


肩こりにマッサージ以外が良いのはなぜ??

  • 2015年04月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は、前回あたりでマッサージのご説明させてもらったんですけど、肩こりのときにみなさんマッサージをよくされると思うんですけど、これはこれで僕は一つのやり方やからいいと思うんです。

でも、もっと深く考えたときに何をしたらいいかっていうのを、ちょっとご説明していきたいなと思っております。

要は、肩こりなんかで、「肩こったわー。筋肉硬いわー」ってなったときにマッサージ行ってほぐしてもらいますよね。「ああ、気持ちよかった」って帰りますよね。でもまた何日かしたらこりますよね、で、また行きますよね。

やってもらって「ああ、気持ちよかった」って言って帰るじゃないですか。これの繰り返しですよね。で、何をみなさん繰り返されてるかっていったら、肩こったっていう表面の問題に対して、マッサージっていう表面的な解決、処置をするんです。

だから何回も何回も繰り返していくんですね。

じゃあ、よく考えてほしいんですけど、なんで肩が凝るねんっていうことを考えていったら、たとえば姿勢が悪かったとか、首の背骨にずれがあったとか、骨盤にずれがあったっていって、原因がたぶんあると思うんですよ。

この原因を改善したほうがいいですよね。そしたら肩がこる原因がなくなるんで、肩がこらなくなってくるじゃないですか。そしたら毎回毎回治療に行かなくても済みますよね。

これが原因治療っていうんですけど、肩こりでお悩みの方とかね、頭痛が出てしょうがないっていう方は、僕は原因をしっかり見極めて原因に対して治療をされたほうがいいんではないかなと思っております。

ですので、リボディでは肩こり、腰痛とか、頭痛の方もたくさん来られます。そういう方にも原因に対してしっかり治療していくことによって、その人達っていうのは、肩こりとか頭痛とか腰痛っていうのが完全に治っていきます。

ですので、肩こりでマッサージとかよく行かれる方っていうのは、一度そういう原因に対して目を向けられたらいいんじゃないかなと思います。

はい、そしたら今日はこれで終わりたいと思います。ありがとうございました。


ボキボキ整体は怖い

  • 2015年04月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

大阪市整体院のリボディ魚住です。
今日は、ボキボキ整体がなんで怖いかっていうのを、ご説明していこうかなと思います。

よく整体のイメージとしてあるのが、「ボキボキ鳴らされる。だから怖い」っていうじゃないですか。みなさん、この「怖い」っていうのをよく言われるんですね。

怖いって解剖していったら何かっていったら、たとえば、いきなり何かが横からドーンと来るとかっていうと、やっぱり怖いですよね。思いもよらぬ方向からとか、思いもよらぬ力がドーンと入ったりすると、やっぱり反射的に怖いですよね。これがもう、怖いっていうことの核心やと思うんですけど、要は、強かったりとか、強い治療をされたりとか、自分が思ってない方向に治療されたりすると、どうしても力が入っちゃうんです。

ですんで、これらが何に当てはまるかっていったら、これがもうボキボキ整体なんですね。

「力抜いてくださいね」とかって言われるんですけど、もう、力抜けないですよね、怖いから、まず。

で、もう一つは、思いもよらぬ方向に、首、ガーンねじられたりするんですね。
腰でもそうなんですけど。だから、こういう状態になると体は拒否反応起こしますし、こうやってグッと力を入れて防御反応起きますよね。

ですんで、治療にならないですよね。
これ、治療してると思われがちなんですけど、何してるかっていったら、力に対して力で反抗してるっていう、ただそれだけなんです。

何も、傷に対して何かが治るとかっていう作用ではないですよね、こういうなんってね。
ましてや、自分も防御反応として力グッと入れたときに、これもう、まず痛いですよね。たとえば首とか腰が、力入れるだけでも。

痛いっていうことが起きてる時点で整体院とかに行かれてんのに、余計その治療でグッと力入れたりとか、入れられたりして、余計痛い、と。
そしたら痛い目盛が上がりますよね。治っていきやすいかっていったら、逆にちょっと治っていきにくいんじゃないかなと僕は思っております。

ですんで、リボディではそういった変な方向にねじったりとか、強い力っていうのを与えて整体っていうのは一切しません。

安心して来ていただいたらいいかなと思います。はい、そしたら今日はこれで終わりたいと思います。ありがとうございました。


ボキボキ整体が怖い理由

  • 2015年04月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市整体院のリボディ魚住です。

今日は、ボキボキ整体が怖い理由について、ちょっとご説明していこうかなと思っております。

よく整体で、イメージとしてあるのが「なんかボキボキいわされる」っていうやつなんですけど、怖いですよね。
で、怖いっていうのはどういうことかっていったら、反射的に力がこうやって、グッと入るじゃないですか。もう本能で分かるんですよね、みなさん。
力をグッと入れられたもんに対しては、グッと力をこうやって入れて防御しようとするんですけど、これ、結局どういうことかっていったら、体が本能で拒否反応を起こしてるんですね。

危険だと感じてるんですね。

で、僕ら、整体とか治療って、もうハッキリいって痛んでる状態でみなさん来られるんで、痛いとか、強いことをされると余計悪くなっちゃうんですよね。

もう痛い状態で来てんのに、余計痛いことされて、怖いことされたら、悪くなって当然ですよね。しかも、気持ちも疲れるじゃないですか。

ですんで、いい方向っていかないですよね。逆に、治してもらわないといけないときってどういうときか、どういう状態かっていったら、優しくしてほしいですよね。ご自身でされてるときもそうなんですけど。


ボキボキ整体が怖いのはなぜか?

  • 2015年04月05日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。大阪市整体院のリボディ魚住です。
今日は、ボキボキ整体の現実っていうのをちょっとご説明していこうかなと思っております。

ボキボキ整体なんですけど、何が起こってるかっていったら、関節っていって、骨と骨の間をねじることによってボキッて音が鳴るんですね。こう、ぎゅっとねじったことによって。

この音が鳴ってんのって、何がなってるかっていったら、この隙間でちっちゃい爆発が起きてるんですよ、ぎゅっとねじることによってね。で、そのちっちゃい爆発が骨自体を攻撃しちゃうんです。

骨自体攻撃されると、骨がちょっと傷いくんですね。そしたら傷を治そうとするんです。で、みなさん、傷を治した経験があると思うんで、分かりやすいと思うんですけど、たとえば切り傷とかってなると、こう、ピッて切り傷になったりすると、その傷ってちょっと膨らんで治りますよね。

体ってそういうもんなんですよ。
だから、たとえば骨に入った傷っていうのも、修復が完了したときっていうのはちょっと膨らんで治ります。
これが何かっていったら、変形っていうんですね。
で、だんだんボキボキ鳴らすと、一回与えられた刺激に対してまた傷を治そうとする、
で、膨らむ、また傷が入る、またその上から治して膨らんでいくっていうのがどんどんなっていくので、この関節自体がどんどん膨らんでいきますよね。

これはどういう状態かっていったら、指なんか分かりやすいと思うんですけど、この折れ曲がるところを関節っていうんで、膨らんでますよね、明らかにね。

これは高校生のころとかによく指鳴らしたりしますよね。
鳴らしまくった結果、このへん、ちょっと太くなりますよね、他の指よりも。
っていうことが起きてしまうんです。これが変形といいますね。

で、これが首とか腰の背骨で起きたらどうなるかっていったら、首とか腰の背骨には何が通ってるかっていったら、めっちゃ大事な神経通ってますよね。

その神経のすぐそばで関節が変形してくるっていったら、めっちゃ怖いですよね。
だから腕にしびれが出たりとか、足にしびれが出たりとかね。どんどんなってきますよね。

ですんで、ボキボキ整体っていうのは、こういう理由からして、僕は非常に怖いと思います。
ボキボキ整体に行かれてる方っていうのは、僕は一刻も早くそういう整体っていうのは止められて、優しい整体っていうのをされたほうがいいと思います。

結果的にどっちが治っていきやすいかっていったら、優しく治していかないと体っていうのは治りません。

はい、そしたら今日はここで終わりたいと思います。ありがとうございました。


1回じゃ整体の本当の効果は分からない

  • 2015年04月04日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

 

小顔矯正などがいい例だと思うのです。

確かに、骨を整えてやればすぐに効果は出ます。

しかし、それだけではこれまたすぐにもとに戻ってしまうのです。

 

 

たった1度の施術ですべての骨のずれがもとに戻るなんて

本気で考えてもらっては困ります。

いくらきちんと施術をしても、その場では体が整っていますが

歩き始めたときから、またゆがみが出始めます。

歩き方に問題がある、立ち方に問題がある人が多いためです。

整体をして体を整えている時間よりも、ゆがみを引き起こす動きを

している時間の方が長いのですから、当然と言えば当然なのです。

 

 

そうならないために、整体には定期的に通ってほしいのです。

大阪市の整体院、リボディ魚住では、最初に施術計画を立てます。

その計画通りに通ってもらうことにより、効果をどんどん高めます。

まだ前の効果が残っているうちに施術を行うので

ゆがみが出る前に改善させることができるのです。

だからこそ、改善率が90%以上というのを誇れるわけですね。


かかとの骨と整体

  • 2015年04月04日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

皆さんは、足の痛みの原因はどこにあると思いますか。

足といえば、骨盤からつながっている股関節とか

よくある膝とかを考えるでしょう。

実は足の痛みを感じる原因はもう1つ、大きなものがあります。

それがかかとです。

かかとの骨である踵骨のズレによって痛みが出ることがあるのです。

 

 

かかとの骨、踵骨は左右だけではなく前後にもズレることがあります。

ちょっとしたことでズレやすい部分です。

足首の角度まで変わってしまうことがあるので

正座をする際などにその部分をかばってしまい

他の部分をゆがませてしまうことがあるのです。

 

 

また、この部分が痛むと長時間立っていられないということも起こります。

治すのは整体であれば結構簡単ですが、治るのが簡単な分、

簡単にズレやすいとも言えます。

踵骨のズレは、靴下の破れ方や靴のすり減り方でもよく分かります。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では、かかとの骨のずれにも

対応しています。

意外と気づきにくいかかとの骨のズレも、きちんと検査をし

問診をしていくのできちんと把握することが可能です。

整体をお探しなら、玉造にある整体院、リボディ魚住へどうぞ。

予約、お問い合わせは電話やHPからどうぞ。


ページトップへ