産後骨盤矯正ブログ

整体で余計に痛くなった経験がある方へ

  • 2014年08月26日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

整体に行ってから調子が悪い。

そんな声を聞くことがあります。

だから整体を敬遠していた。

そんな方が紹介されて当院にいらっしゃることがあります。

 

 

よくよく聞くと、その整体はやはりボキボキ整体なのです。

その日は体が軽くなった気がしたけれど

次の日はもっと痛みが強くなった。

体のコリがひどくなった。

しびれが出た。

 

 

それは、逆に関節や筋肉を痛めてしまっているのです。

ボキボキは受ける側も怖いので

ついつい力が入ってしまうことがあります。

そのため、予定外の場所に負荷がかかるのです。

そして、違う所が痛くなってしまう。

 

 

痛みやコリを治すために行った整体でそんな目に遭えば

もう整体はこりごりと思うでしょう。

 

 

そんな人にこそ、是非リボディ魚住の整体を体験してほしいと思います。

大阪市玉造にある当院では

ボキボキ整体は一切行いません。

手のひらを使って骨盤をそっと押さえるだけの整体です。

 

 

そして、せっかく整えた骨盤がずれないように

ズレを引き起こす生活習慣の改善アドバイスや

体重バランスの矯正も同時に行います。

これが、リボディ式トライアングル整体です。

 

 

リボディ魚住に来れば、整体のイメージが変わります、と

自信を持ってお伝えします。


関節の変形を招く危険がある整体は

  • 2014年08月26日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

リボディ魚住では、ボキボキ音を鳴らす整体は

お勧めしていません。

「でも整体ってボキボキ鳴らすものでしょう?」

という声が聞こえてきそうですね。

 

 

違います。

実はボキボキ鳴らすのは危険を伴うため

厚労省からもよろしくない、という通達が出ていたりするのです。

 

 

整体ではない通常の動きの中で

ぼきっと鳴ることがありますが

その程度ならばおそらく問題はないのです。

もちろん、無理に鳴らすのは別ですよ。

 

 

無理にボキボキ鳴らしていると

段々と関節が太くなっていきます。

それは、鳴らすたびに関節に衝撃があるからです。

それに耐えるために、関節液が入っている袋が

分厚くなっていくんですね。

 

 

それを自然にではなく

無理にボキボキ鳴らすということは

この袋をどんどん厚くして

変形を促していることになってしまうとは思いませんか?

 

 

ですから、大阪市の整体院リボディ魚住では

無理に鳴らさないのです。

手のひらで押さえながら

じわっとゆがみの矯正を行っていくのです。

 

 

ですから、よく見るように派手にボキボキは鳴りません。

あんな風にボキボキ鳴らさなくても

骨盤を整えることはできるのだということを

ぜひ知っておいてください。


立ち上がろうとすると腰が痛くて・・・

  • 2014年08月25日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

ずっと座っていて、立ち上がろうとしたら

腰痛が出て立ち上がることができない。

すっすっと動けないとストレスがたまりますね。

かといって無理をすると

今度はぎっくり腰のような状態になってしまう・・・。

 

 

こういう症状に悩む人は結構多いのでは?

たいてい皆さん、マッサージに行ってみたり

湿布を貼ったりして頑張っていらっしゃいます。

しかし、恐らく改善はなかなかしないでしょう。

 

 

一時的にほぐしたり、炎症を抑えたりしたところで

その原因がなくなるわけではないからです。

激しく運動をしたから痛みが・・・という場合でなければ

その痛みは間違いなく骨のゆがみが原因なのです。

 

 

骨盤や背骨、仙骨などがゆがんでいるために

周囲の筋肉や筋が引っ張られ、固くなってしまいます。

疲労がたまり、こわばってしまった筋肉は

ちょっとしたことで痛みが出ます。

 

 

座った状態で筋肉が固まっているまま立ち上がろうとすると

当然筋肉は伸びません。

これを治すには骨のゆがみをとってあげることが大切なのです。

 

 

大阪市の女性専門の整体院、リボディ魚住では

骨盤矯正と同時に、生活習慣の改善の指導もしていきます。

だから、再発率はかなり低いです。

自信を持って、当院オリジナルの

リボディ式トライアングル整体をお勧めします。


しびれは何が原因か

  • 2014年08月25日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

肩こりがひどいな、と思っていたら

だんだんとしびれてくる。

痛みは何となくこらえるけれど

しびれは途端に怖くなりますよね!

 

 

このしびれの原因は、整形外科に行くとたいてい

神経が骨に圧迫されていると言われます。

しかし、本当は違うのです。

根本的な原因は、骨のゆがみにあるのです。

 

 

まず、何らかの原因により、骨盤にひずみが出ます。

そうすると、骨盤を土台としている背骨や

下にある股関節に影響が出てきます。

 

 

骨にゆがみが出ると

その周囲の筋肉が引っ張られます。

その筋肉の中に神経が通っています。

筋肉が引っ張られれば、もちろんその中の筋も

同じように引っ張られてしまうのです。

それによってしびれが出てくるという訳です。

 

 

原因を改善すれば、もちろんしびれは取れます。

そのために最良の方法が骨盤矯正なのです。

大阪市の玉造にある整体院、リボディ魚住は

女性専門の整体院です。

女性の骨盤の形に合わせた施術を行いますので

効果も早く現れます。

 

 

そしてゆがみを引き起こしにくいように

生活における動きの注意点などもお伝えします。

しびれたら慌てず、リボディ魚住にお電話ください。

きちんと原因を説明しながら、しびれを取り除いていきますよ。


産後どうしても骨盤がゆるむのです・・・

  • 2014年08月24日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

産後はぜひ、骨盤ベルトを巻きましょう

というお話をしました。

実は産後は、骨盤がゆるむ要素がいろいろあるのです。

 

 

そもそも、赤ちゃんを育て、産むために

骨盤自体がゆるんでいます。

10ヶ月以上かけて広がった骨盤は

すぐには元に戻りません。

 

 

それに加えて、授乳中に出るホルモンの影響で

骨盤がさらにゆるみます。

そして授乳をする体勢も問題です。

あぐらをかいている。

横座りをしている。

添い寝をしながら授乳する・・・。

 

 

ゆるんだ骨盤をそのままにして

ゆがみを引き起こす動きをしていれば

骨盤のずれはひどくなっていき

腰痛などの原因になります。

 

 

そこで骨盤ベルトなのです。

大阪市にある整体院、リボディ魚住では

産後1ヶ月は骨盤矯正ではなく

骨盤ベルトを巻いて安静にするようお勧めしています。

1ヶ月は不安定すぎて、矯正したとしても

すぐに戻ってしまうからなのです。

 

 

その間は骨盤ベルトを正しく巻いて

少しでもズレを防ぎ

1ヶ月たったら、今度はお子様を連れて

リボディ魚住にいらしてください。

 

 

リボディ魚住では、資格を持った保育士がおります。

お母様が施術をしている間は

すぐ近くで、責任もってお世話させていただきます。

それならお母様も安心して

骨盤矯正を行えるのではないでしょうか。


産後の骨盤ベルト、していますか

  • 2014年08月24日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

リボディ魚住では、産後1ヶ月を過ぎたら

骨盤矯正をしましょうとお勧めしています。

それまでは自宅で安静にし

骨盤ベルトを締めておいてください、と言っています。

 

 

しかし、産後に骨盤ベルトをきちんとつけている方は

意外と少ないようです。

面倒くさいから、暑いから。

効果があるのかどうか分からなかったから。

理由はさまざまです。

 

 

しかし、骨盤ベルトをしてください、と言うからには

もちろん理由があるのです。

出産後の骨盤はかなりゆるんでいます。

10ヶ月以上かけて、赤ちゃんのためにゆるんで行くのです。

産んだからといってすぐに元には戻りません。

 

 

ゆるんだ骨盤はそのままにしておくと不安定になります。

そしてちょっとしたことでズレやすくなっています。

それを少しでも防ぎ、腰の負担を減らすために巻く。

それが骨盤ベルトなのです。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

骨盤矯正の際にこの正しい巻き方もお伝えします。

そして、巻いておいた方がいい期間などもお伝えします。

 

 

一度きちんと知っておけば、巻く必要性が分かっているので

意味がない、と感じることはないでしょう。

骨盤ベルトの巻き方が良く分からない、という際にも

ぜひご相談ください。


自然分娩も帝王切開も、骨盤の開きは同じです!

  • 2014年08月23日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

出産には、自然分娩と帝王切開の

2つのパターンがあると思います。

両方とも、およそ10ヶ月の間、赤ちゃんをお腹で育てます。

その経過はまったく変わりません。

 

 

でも、なぜか帝王切開の方は

骨盤矯正が必要ないのでは、と考えるようです。

確かに、赤ちゃんは産道を通っていないので

骨盤の開きはないような気がしますね。

 

 

しかし、骨盤は赤ちゃんの成長に合わせて

徐々にゆるんで行くものです。

分娩の時に一気に開くわけではないのです。

赤ちゃんの成長スペースがしっかりとれるように

関節を緩めてスペースを広げるのです。

 

 

骨は皮膚のようにのびる訳ではありませんから

広げようとすると、関節をゆるめるしかないんですね。

これは全ての妊婦さんに起こる事ですから

帝王切開の方でも自然分娩の方でも

骨盤のゆるみは同じ、ということです。

 

 

ですから、産後の骨盤矯正は

皆さん、必要なのです。

しかし産後の骨盤は最もデリケートな状態です。

ですから、いたわりながら整体をする必要があります。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住の骨盤矯正は

骨盤を優しく手のひらで押さえながら行うものです。

負担がかからないので、

安心して施術を受けていただけると自負しています。

 

 

保育士も常駐しておりますので

お子様連れでいらしてください。

まずはお電話をお待ちしています。


産後1ヶ月は安静がお約束

  • 2014年08月23日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

当院では、産後の骨盤矯正は

1ヶ月を経過してからをお勧めしています。

その間はどうするか。

骨盤ベルトなどで固定をしておいてください。

 

 

産後1ヶ月は何よりも安静が大切です。

骨盤も安静が大切です。

この時期は骨盤がとても不安定で

すぐにずれてしまうからです。

 

 

もし骨盤矯正を行ったとしても

ちょっとした動きでまた元のようにずれてしまいます。

ですから、産後1ヶ月は赤ちゃんのお世話に集中して

それ以外はゆっくり体を休めることをお勧めします。

 

 

産後1ヶ月を過ぎたら

大阪市の整体院、リボディ魚住で骨盤矯正にトライしてみてください。

当院は、資格を持った専任の保育士が常駐しています。

そして完全予約制ですので、赤ちゃんが泣いたら・・・など

心配なくいらしていただけます。

 

 

施術自体も、2回目以降は30分程度で終わります。

その30分で、骨盤矯正を行い

そして日常生活における動きの注意点のアドバイス

そして体重バランスの調整などを行います。

充実した30分間をお約束します。

 

 

3点から行うオリジナル整体は

通常の整体よりも1.5倍長持ちさせる自信があります。

そして最終的にはトラブル知らずになれるように仕上げていきます。

産後すぐに骨盤矯正しなくちゃ、と慌てなくても大丈夫ですよ。


レントゲンを撮っても分からない腰痛の原因②

  • 2014年08月22日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

座ると腰が痛いので、30分も続かない。

仕事に支障が出るので整形外科に行ったけれど

レントゲンは異常なし。

でも痛い。

それはどうしてなのでしょうか。

 

 

まず、座った姿勢というのは思いのほか

体への負担が大きいというのを知っておきましょう。

立った状態だと、下半身全体でしっかり支えられる体重が

すべて腰にかかってくるからです。

 

 

これも、土台となる骨盤がしっかりしていれば

多少は大丈夫なのです。

しかし、骨盤がゆがんでいるとダメです。

その上の背骨もゆがみます。

仙骨もずれます。

 

 

骨でしっかり支えることができなければ

筋肉で支えようとします。

毎日毎日かなりの負担をかけていると

腰回りの筋肉は疲労し、固くなります。

日が経つにつれ、痛みがすぐに出るようになるのは

当たり前なのです。

 

 

これを解消する方法が骨盤矯正です。

大阪市の整体院、リボディ魚住では

手のひらで骨盤を優しく押さえるというやり方で

骨盤を元の位置に戻して行きます。

 

 

そして同時に、座る姿勢などの生活におけるアドバイスや

体重バランスの調整も行いますので

効果が1.5倍長持ちします。

 

 

骨盤矯正をし、生活のクセを改善することで

腰痛解消はもちろんですが

座り方もきれいになりますよ。


レントゲンを撮っても分からない腰痛の原因①

  • 2014年08月22日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

立っていると平気だけれど、座ると腰が痛い。

デスクワークがメインの方にはとても困った症状です。

病院でレントゲンを撮っても異常なし。

じゃあどうしたらいいの、と、途方に暮れてしまうでしょう。

 

 

こんな時、病院では痛みどめの処方がなされます。

でも、それは解決にはなりませんよね。

一時的に痛みは引くかもしれませんが

また必ず同じ状態に、下手をすると

もっとひどい状態になるのです。

 

 

なぜか。

痛みがなくなると、無理をするからです。

本当は薬で痛みを押さえているだけなのに

治った、と思ってしまいます。

そしていつも以上にしっかり仕事をする。

痛みを引き起こす「座った状態」で。

 

 

痛みどめが切れたら

確実に前よりも痛くなっています。

そしてまた痛みどめを飲む。

何も解決しませんね。

 

 

リボディ魚住は、大阪市にある整体院です。

整形外科ではないので、痛みどめは処方しません。

しかし、その痛みの元を取り除いていくことはできます。

なぜそれが可能なのか。

それは、その腰痛を引き起こす原因が分かっているからです。

 

 

当院にいらしていただければ

しっかりチェックし、カウンセリングを行って

あなたの腰痛がなぜ起きているのかを丁寧に説明します。

「だからか!」と必ず納得していただけると思いますよ。


ページトップへ