産後骨盤矯正ブログ

リハビリと腰痛

  • 2014年06月15日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は病院のリハビリが腰痛を、
改善出来ない理由に関してご説明します。

病院でのリハビリの内容ですが、
温熱療法、
牽引療法、
マッサージ、
シップなどの薬品などがあります。

これらは全て対症療法なのです。
これは腰痛という「症状」に対する治療法なのです。

そこで考えたいのが、
腰痛という症状が出る原因なのです。
何でもそうですが、原因があるから結果があるのです。

そこで腰痛が起こる原因は何か??

それはほとんどが骨盤のズレです。
この骨盤のズレという原因に対する治療が根治療法なのです。
この根治療法をしなければどうなるか?

ずっと腰痛が改善しません。
当たり前ですね。
腰痛という症状の上澄みだけを取る作業がリハビリなのです。
取っても取っても、次から次へと腰痛が出るのです。

これらのリハビリを行った時に感じるのが、
「気持ちいい」という感覚です。
これが対症療法が好まれる理由ですね。

しかしその後に続くのが、
「してもらった時だけは良い」という感覚です。
だからすぐに腰痛が再発するのです。
あなたもそんな経験ありませんか??

再発する腰痛にお困りの方は、
腰痛再発率がわずか7.3%のリボディ魚住にお電話ください。


ページトップへ