産後骨盤矯正ブログ

産後太り

  • 2014年05月09日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は産後太りに関してです。
これに悩む産後のお母さんは多いと思います。
産後は特に骨盤周りから下半身に脂肪が付きやすいのです。

なぜか?

骨盤が緩んでいるからです。
骨盤が緩むと脂肪が付きます。
緩んだ分だけスペースが出来るのです。
緩むと骨盤は不安定になります。
この不安定感を安定させようと体が反応するのです。

これで脂肪が付くのです。
だから運動や食事制限を頑張ってやっても
産後にあまり成果が出ないのはこの為なんです。

じゃあどうすればいいか?

産後に骨盤矯正をするのです。
骨盤矯正をすることで産後の骨盤の緩みがなくなります。
といっても、1回で緩みが完全になくなるわけではありません。
何度か定期的に緩みを取る必要があります。

産後に骨盤が緩むと脂肪が付きやすい。
という以外には何も起こらないわけではありません。

「産後に体質が変わった」という話を
よく聞くと思いませんか?これは骨盤の中に
何が入っているかを考えれば一目瞭然なんです。
わかりますか??

骨盤の中には大切な内臓が入っているのです。
産後に骨盤が開くと体質が変わる原因はこの内臓にあるのです。
ですので腰痛や肩こりなど産後の症状が出てなくても骨盤矯正が必要なんです。
その上、産後のお母さんは頭痛や腰痛が出ても薬を飲めないので、予防が大切なんです。


帝王切開、骨盤矯正は必要?

  • 2014年05月09日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は産後の骨盤に関してです。
産後の骨盤は出産で開きます。
よく聞かれる質問に
「帝王切開なんですが骨盤矯正必要ですか?」と聞かれます。

「必要です。」

なぜかと言うと、
これは出産の形態が違うだけなのです。
それまでは同じ経過を辿っているのです。

同じ経過というと、
妊娠中は骨盤が緩むのです。
これは皮膚は引っ張られてあそびがあります。
しかし骨(骨盤)は硬いのであそびがありません。
骨盤はあそびがないから関節同士のつながりを緩くします。

こうして骨盤のゆるみを出して、
赤ちゃんが大きくなるためのスペースを作っているのです。
ですので、帝王切開だろうと普通分娩だろうと関係はありません。
産後は骨盤矯正が必要なのです。

そしてこれもよく聞かれます。
産後はいつから骨盤矯正出来るのですか?

産後は1ヶ月目からが骨盤矯正が出来るのです。
理由は1ヶ月以内に骨盤矯正をしても、
不安定な状態過ぎて、ちっとも安定しません。
立ったり座ったりするだけで骨盤がズレます。
それぐらい産後1ヶ月以内の骨盤は不安定なのです。

ですのでこういう時期は、
無理して外に出ても仕方ないのです。
家で安静にしてください。とお伝えしています。

安静にする時期なのです。
だから病院では産後1ヶ月以内は安静期と言われるのです。


生活習慣とは?

  • 2014年05月09日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は生活習慣に関してです。
リボディ魚住では腰痛などの患者さんに
骨盤矯正の整体を行い、同時に生活習慣もお伝えします。

腰痛などの痛みが出ている人は
骨盤の歪みが原因で痛みが出ている事が多いのです。
ではなんで骨盤の歪みが出たかというと、
これが今日お話する生活習慣からなのです。

生活習慣は自分のクセです。
無意識なうちに骨盤をずらす行動をしているのです。
この無意識的な行動をいかに意識的に変えていくのかです。

詳しく言うと、
寝方、
歩き方、
イスの座り方、
荷物の持ち方などがそうです。

骨盤のズレだってクセなんです。
クセは放っておいても自然に戻ります。
だからしっかり日常生活の中で気をつけて、
悪いクセの状態に戻らないようにしなくてはなりません。
そもそもが下り坂の上にいる意識を持ちましょう。

行動だってそうです。
無意識なうちに悪い使い方に戻るのです。

下り坂にいるので、
頑張らないと下に落ちていきます。
これは体を整体した後の状態と同じです。
意識して頑張ってこそ良くなっていくのです。

この生活習慣を改善するからこそ、
リボディ魚住での整体は症状が再発しないのです。

腰痛などで再発したくない人は
リボディ魚住までご連絡ください。


整体院と整骨院

  • 2014年05月08日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は整体院と整骨院に関してです。
大きな違いは保険が使えるか使えないかです。
これは大きな違いですね。
500円くらいか5000円くらいという違いがあります。

あとは治療の範囲です。
保険は症状が出ているところ。
整体(自費治療)は症状の有る無しは関係ありません。

私はココが大切だと思います。
なぜなら症状が出ているところが必ずしも悪いということはありません。

どういうことか説明しましょう。

例えば頭痛です。
頭が痛いからと頭周辺の治療をするのが整骨院。
しかし、頭が痛くなる原因が頭ではない場合が多いのです。
多くの場合は骨盤のズレと首の骨のズレが関係あるので整体院では体全体を治療します。
でも、保険治療では適応範囲があり治療の幅に限界があります。

これはどういう事か?

治療の幅に限界があるという事は、
回復に時間がかかります。
改善しない可能性が高くなります。
時間の経過とともに悪くなります。

しかも体の不調というのは
1カ所だけという事は少ないはずです。

しかし選択の基準が、
高いからと整体を敬遠する。
保険が効いて安いからと整骨院を選ぶ。
これでは改善できるものも改善できません。

しかしこれに気付いていない方が
多いような気がします。
私はこのことをとても心配しています。


マッサージは体にいいの??

  • 2014年05月08日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長の魚住行弘です。

今日はマッサージに関してです。
あなたはこんな時にどうしますか?

腰痛だから、シップを貼る、、、
腰痛だから、はりをうってもらう、、、
腰痛だから、お風呂でよく温もる、、、
腰痛だから、リラクゼーションマッサージに行く、、、
腰痛だから、病院に行ってレントゲン検査を受ける、、、
腰痛だから、整骨院に行ってマッサージをしてもらう、、、

おそらくこんな感じだと思います。
その中でもマッサージをする人はご注意ください。

マッサージの有害性をご存知ですか?
腰痛などの時にマッサージをすると、
筋肉は柔らかくなります。
血行が良くなるから柔らかくなるのです。
でもあまり強い力でマッサージをするとどうなるか?

腰痛の筋肉は繊維状になっています。
この繊維が壊れてしまいます。
壊れると中から少しだけ出血します。
筋肉痛の時のような状態になるのです。
これがいわゆるもみ返しというものです。

出血すると当たり前のように修復されます。
かさぶたが筋肉内にできます。

もう一つの反応として、
人間の体は外から入るマッサージの力に自然と対抗しようとします。
と、どうなるか?
筋肉の繊維を硬くして対抗します。

こうなるともはや理想的な柔らかさの筋肉ではなくなり、
硬い筋肉になるのです。
だから痛めやすいのです。
これは肩こりなどでも同じ反応が出ます。
だからこり感の強い人はかなり強くマッサージをしないと
満足感をえられなくなるのです。

強くマッサージをしている人はご注意ください。
強い力でなんか筋肉は修復しません。
修復させたいなら、違う手段を考えるべきです。
ちなみにリボディ魚住ではマッサージは行いません。
それ以外の方法でも安全に筋肉の修復はできますので。


改善しない腰痛

  • 2014年05月08日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長の魚住行弘です。

今日は改善しない腰痛に関してです。
腰痛が出る原因は人により様々です。

出産をした後に腰痛になった、、、
寝ていても腰痛でうずく、、、
重いものを持った瞬間に腰痛になった、、、
いつもしない運動をした後に腰痛になった、、、

この中で危険信号の出ている腰痛があります。
あなたはわかりますか?
それは、寝ていてもうずいている腰痛です。
これはどんな危険信号が出ているかと言うと、
内臓の病気が疑われる腰痛がこの種の「うずき感」が出るのです。

普通、腰痛は動かした時の痛みが出ます。
これは医療用語でいうと運動痛というものです。
この運動痛は筋肉を動かした時に出る痛みを意味するものです。
要は痛んでいるのが筋肉ですよ、という事の証明になるのです。

一方で寝ていても腰痛が出る。
しかもうずき感もある。

これは一見、同じ腰痛に思えますが、
筋肉を動かしていないのに腰痛が出ています。
これが大きな相違点ですね。

ではなぜ内臓の病気でも、腰痛がでるのでしょうか?

これは内臓筋反射というものです。
内臓に問題がありますという事を筋肉が教えてくれているのです。
全ての内臓の問題が筋肉に症状として出るのではありませんので注意が必要です。

このような症状が出ているならリボディ魚住では
まず病院に行っていただきます。そして検査をして頂きます。
理由はいくら筋肉の治療をしたところで原因がそこにはないから改善しません。

あなたもこんな腰痛が出ているときはご注意ください。


再発する理由

  • 2014年05月07日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長の魚住行弘です。

今日は再発に関してです。
なかなか腰痛などが改善しない人がいます。
これには2つ原因があります。

1つは解決方法自体が間違っている、もしくは下手。
これは解決方法が整体ということ自体が間違っているという事。
もしくは解決方法のスキルが低いという事。
要するに整体をいくらしたところで、時間の無駄です。
時間の経過とともにどんどん腰痛などの痛みは増していくばかりです。

そもそも筋肉などの傷は2週間くらいで修復されます。
ですので2週間経っても変化があまり感じない場合は要注意です。

2つ目は使い方の問題です。
これは本人の使い方に問題があり、腰痛などが出ることです。
腰痛などを起こす筋肉の傷が修復するにはいい環境が必要です。
いい要素と悪い要素のバランスが大切なのです。
この悪い要素が多い場合はなかなか腰痛などは改善しません。

治しながら、同時進行で傷つけているわけですから。
本人はそんなこと微塵も思っていない場合が多いのです。
だからこれはうまく治療者が伝える事が必要になってきます。

だから改善しにくい人は、
知らないうちに再発しているのです。

リボディでは再発しないように
使い方、体重バランスなどの生活習慣を改善します。
そうする事で、腰痛などが再発しません。
再発しない腰痛整体がリボディの特徴です。
再発でお悩みの方はお電話ください。


ページトップへ