産後骨盤矯正ブログ

産後のベルトのまき方

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は産後のベルトに関してお話します。
産後にベルトはしましたか?と、
リボディ魚住では産後の患者さんに聞きます。

ほとんどの患者さんは、
1人目はしました、
痛いから外しました、
ズレてめんどくさいから外しました、
効果が微妙だったからしないようになった、

こんな感じです。
要はちゃんと理由を聞いていないから
自分で全部決めているのです。

しかも悪い事に骨盤矯正などで整えていないのに
とりあえず産後はベルトだけ巻きましたみたいな人が多いのです。

少し考えたらわかると思いますが、
家などが傾いた時に危ないと思って、
傾いたまま支えて、コンクリートで固めてしまう。
これでいいと思いますか??
傾いたままで固まってしまいますよ。

普通に考えて、
家の傾きを直してから
コンクリートなどで補強しますよね?

しかもきちんとしたまき方を
知らない人が8割以上もいるのでびっくりしています。
巻いた方がいい期間などもあります。

リボディ魚住では
そんな産後の方に2回目の整体の機会に
骨盤ベルトを持参して頂いてまき方を説明します。
ちゃんと説明したら理解出来るものです。

産後の骨盤ベルトを巻いている時に痛い、
産後の骨盤ベルトがグルグル回転する、
産後の骨盤ベルトがしわくちゃになるという方はご相談ください。


産後の骨盤が不安定な理由

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は産後の骨盤が不安定な理由をお話しします。
不安定は理由は3つ程あります。

まず1つ目です。
出産という大きな衝撃を体が覚えているためです。
これは骨盤を含め大きな傷が体についているのです。

10月10日をかけて緩んできたものが
産後すぐに安定するかと言うと安定しません。
手術の傷跡なんかを考えてもわかると思います。
骨盤を整えるとだんだん傷が塞がっていくものです。

2つ目です。
授乳ホルモンの存在です。
これは授乳している時に出てくるホルモンですが、
骨盤を緩める作用が隠れています。

これが産後の骨盤の状態を結構不安定にする要素なんです。
しかし、授乳しないという選択肢はないと思うので対策を考えるべきです。
リボディ魚住では授乳の際に気をつけるべきことを3点程お伝えして対策しています。

そして3つ目です。
これは産後の体の使い方です。
地味ですが産後は骨盤を広げる要素の作業が増えます。

地べたに座る事、
ソファーでの授乳、
沿い乳をしながら寝てしまう、
あぐらをかいての授乳などです。

こんな産後の使い方をしていると
いくら産後の骨盤矯正をしたところで整いません。
産後は崩しやすい時期なので特に生活習慣が大切になってきます。
ですのでリボディ魚住ではこの3つに対して同時に対策を取ります。


整体のメリット

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は整体のメリットをお話しします。
リボディでは全身の整体治療をするのですが、
どんなメリットがあるかをご存知でしょうか?

しびれが取れる。
腰痛などの痛みが取れる。
肩こりなどのこり感が消える。
産後の骨盤矯正が出来る。

全部正解です。
でももっとたくさんあります。

今日はお一つ紹介しましょう。
体には以前お伝えしたように200個くらいの骨があるのです。
この骨は何の為にあるかと言うと、体の中の内臓を守るためでもあります。
他には神経や脳みそなどを衝撃から守る為でもあります。

これらは教科書でも乗っています(笑)
では何の働きがあるか?
それは体を支える為です。
えっ?体を支えるため?
という声が聞こえてきそうですがこれ本当なんです。

筋肉で支える事を筋性支持と言います。
これは腰痛や肩こりなどのなりやすい人に多いのです。
逆に骨で支える事を骨性支持と言います。
これは腰痛や肩こりにはなりにくい人に多いのです。

筋性支持は姿勢が悪い人、
骨性支持は姿勢がいい人のことを言います。

よく考えてください。
姿勢が悪い時ほど、腰痛や肩こりになりませんか?
それがまさしく骨性支持か筋性支持かの違いです。
だから骨性支持をしたら疲れにくいのです。

リボディ魚住の整体ではこの骨性支持が、
出来るように全身を整体していきます。
そして生活習慣も整えることにより再発防止ができるのです。


マッサージの有害性

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日はマッサージの有害性をお話しします。
マッサージに行く時は腰痛や肩こりの時ですね。
そもそもマッサージに行く人は何を考えているか?

腰が痛い、、、
肩こってしんどい、、、
背中と首がこってきて気分が悪い、、、

こんな感じだと思います。
そしてマッサージをしてもらい少し楽になります。
これは何が楽になっているか?
筋肉の緊張感が取れて少し楽になっているのです。

では筋肉の緊張感はなぜ出るの??

これはサインです。
体が発する危険信号なのです。
要は体がもうこれ以上負担かけないでと言っているのです。
火事の現場などで言うと、非常ベルのサイレンみたいなものです。

でもマッサージに行くとどうなるか?
このサイレンのベルを止めるわけです。
火事の現場の火を消さずにです。
これどういうことかと言うと、余計にヒドくなります。
だから続ける事により、体はドンドン辛くなりマッサージに行く頻度が増えるのです。

火事と同じで、出火元を特定しなければなりません。
体で言うと肩こりや腰痛などの原因追及です。
これは原因治療と言って、マッサージや薬などの対症療法とは真逆の考え方です。

リボディではこの原因治療をする事により、再発予防に力を注いでいます。
腰痛や肩こりの時に本当に時間とお金をかけるべきは、原因に対しての再発予防の治療だと思いませんか?


骨盤矯正は何をしている?

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は骨盤矯正に関してです。
あなたは骨盤矯正が何の目的でされていると思いますか?
(というか、こんな説明を受けたことがありますか?)

リボディ魚住での骨盤矯正の目的は一つです。
それは関節の状態を整える事。

そもそも関節とは何?
関節は骨と骨の継ぎ目のことです。
人間は約210個の骨があると言われています。
その多くの骨がうまくつながっていなかったら、
スムーズに動く事ができません。

関節のイメージですが、
バナナの皮を連想したらわかりやすいと思います。
うまく噛み合うとスゴくスムーズに滑ります。
しかし噛み合いが悪いと抵抗を受けながら動くことになります。

全ての関節がうまく噛み合い、
スムーズに動き出すと腰痛などの痛みは出ません。
いい例が田舎のおばあちゃんは背中が丸くなっています。
しかし本人に聞くと全く腰などは痛くないのです。
これは見た目は丸くなっているけど、背骨の関節がしっかり整っている証拠です。

リボディ魚住での整体は、
骨盤矯正で骨盤の関節の動きを整えます。
骨盤は全ての土台です。
その上には背骨が積み重なっています。

骨盤がズレると肩こりや頭痛が出るのがこの為です。
逆に言うと、肩こりや頭痛、手のしびれなどを治すのに
骨盤から治していかないのは余計な時間がかかるだけです。


なんでしびれる?

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日はしびれに関してです。
リボディに来られる患者さんの多くは、
腰痛、頭痛、肩こり、しびれがほとんどです。
どれも深刻ですが「しびれ」は最も患者さんが心配します。

手のしびれ、
腕のしびれ、
足の裏のしびれ、
足の指先のしびれなど場所もいろいろ。

ジーンとしびれたり、
正座の後のようにしびれたり、
ピリピリしびれたり人によって種類は違います。

これらのしびれの多くは、
引っ張られてしびれが出ているのです。

しびれと聞いて連想するのが
ヘルニアやすべり症、坐骨神経痛などです。
病院ではレントゲン検査などでわかるのが、
「骨の隙間が狭くなっており、神経を圧迫している」と診断されます。

以前にもお伝えしましたが、
神経はストローのように少し硬いのです。
ですから圧迫したとしてもしびれなどの症状は出にくいのです。

それよりも引き伸ばされる方が症状は出やすいのです。
それが特にしびれ感なら。

ではどうやって引き延ばされるか?

それが骨格のゆがみなのです。
骨盤がゆがみ、背骨を通じて全身が歪むのです。
ですからまず筋肉にハリ感やこり感、痛みなどが出てきます。
その後、しびれ感などが出てきます。
場合によっては逆の場合もあります。

筋肉の中に神経が通っているので、
筋肉が引き延ばされると神経も引き延ばされ、
しびれ感が出ます。
神経は電線みたいなものなのです。
ですのでしっかりゆがみをとれば、しびれはとれます。


産後に体質が変わる

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は産後に起こる体質の変化についてです。
産後に体質が変わったというお話をされる患者さんが多いです。
これを読んでいるあなたもそんな経験をされたことがあるかも知れませんね。

なぜ体質変化が産後に起こるのか?

これは内臓の位置に関係があります。
産後に内臓の位置が下がるからです。
内臓は骨盤という入れ物に支えられています。
しかし、出産ではこの骨盤が開いてしまいます。

出産で開いた骨盤は正常な位置に戻さないと、
自然に戻ることはほとんどありません。
しかも産後の生活でどんどん開くばかりです。
ということはどんどん内臓の位置も下に下がるのです。
そうなることで内臓はいつもの動きをしてくれなくなります。

いつもの動きとは食べ物の消化や栄養分の吸収などです。
当たり前ですが食べ物の消化が出来なければ便秘になりやすく、
栄養分の吸収がうまくいかなければ、カゼや傷が治りにくい状態になります。

位置が下がる事により、引っ張られるます。
引っ張られると体は硬くなる反応を起こします。
これが産後に体質が変わっていく過程です。
ですので腰痛などの症状があるから産後の骨盤矯正を受ける!
という基準だけでなく内臓の位置を元の場所に戻すという基準も必要です。

リボディではここまで考えて整体を行います。


整体とは?

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は整体のお話です。
整体とはどういう意味ですか?
と患者さんに聞かれる事があります。
私は「体を理想の状態にする事」とお答えします。

理想の状態とは
肉体的、精神的、栄養的など全てのバランスのいい状態です。
結果的に腰痛や頭痛、肩こりなどの症状がでない体になります。

だからリボディでは腰痛などの痛みが出る原因は
日常生活でのくせであるとお話ししています。
まず一つ目は骨盤のゆがみというクセです。
骨盤にゆがみがあるから腰の筋肉に負担がかかり痛むのです。

ではなぜゆがみが出るのか?
これが2つ目のクセですが体重バランスのクセです。
体重のバランスが乱れているので、
どちらかの足に体重が乗りすぎて骨盤がゆがむのです。

ではなぜ体重バランスが乱れるのか?
これは行動習慣です。
動き方にクセがあるため体重バランスが乱れるのです。
その結果、骨盤がゆがむ。そして腰などの筋肉に負担がかかり痛む。
だからリボディではこの3つクセを同時に整体します。

もちろん、最初に言った精神面、栄養面でも整えます。
体に必要な栄養、腰痛が早く治りやすい食べ物やビタミン、
疲労が早くとれる睡眠時間など最短ルートで改善する手助けをします。
これらは決して病院などでは教えてくれない情報です。


腰痛の時の骨盤ベルト

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は骨盤ベルトのお話です。
リボディには腰痛やぎっくり腰、ヘルニア、
坐骨神経痛など多くの患者さんが来られます。
これら腰痛の患者さんの多くは骨盤ベルトをお持ちです。

リボディでは腰痛の方に
骨盤ベルトはあまりオススメしておりません。
理由は必要ないからです。
必要あれば生まれた状態で腰にベルトが付いているはずです。

よく骨盤ベルトを巻いていると
「腰の筋肉が弱る」という意見を聞きます。

これも少しはありますが、
本当の理由は必要がないからですし、
骨盤ベルトを巻く事により骨盤のバランスが
いびつな形になり、余計に腰痛が出やすくなるのです。
これは長年、骨盤矯正で整体をしている先生は感じているはずです。

リボディで骨盤ベルトをオススメする場合は
ぎっくり腰になったけど、明日も仕事に行かないと、、、
こんな方にはおすすめしています。

しかし、良くなったら必ず外すこと。
そして、付けているからと絶対無理はしない事を約束してもらいます。

中には予防の意味で骨盤ベルトを巻いている人を
見かけますが、これ大きな間違いです。
そもそもベルトを巻かないと腰痛が出るという状態を
ベルトでごまかしているだけのことです。
こんなかたは骨盤が不安定になっている証拠です。

ですので骨盤ベルトはぎっくり腰以外の時は必要ありませんが、
これは整体などの治療を受けていることが前提です。
予防策として骨盤ベルトという選択肢は非常に危険です。


痛み止めを飲むときの注意点

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は痛み止めのお話です。
腰痛や頭痛などの体の痛みは不快なものです。
私も出来るなら感じずにいたいものです。
だからリボディの患者さんも同じで飲んでいる方もいます。

私は患者さんに言っています。
飲んだ時のメリットとデメリットを。

まずメリットです。
これはわかりやすいです。
痛みがしばらくしたらおさまります。
だから快適に過ごせるようになります。

薬を飲む際の注意点は、
その場しのぎであるという事です。
これもわかりやすいと思いますが、
薬を飲んで痛みがない状態が治った状態かというと違います。
治った状態というのは薬を飲まないでも痛まない状態を言います。

1つ目のデメリットとしたら痛みがマシになるので、
いつも以上に動きすぎてしまいます。
その結果、薬の効果が切れると飲む前よりも
痛くなっているという事が多いのです。

2つ目のデメリットです。
薬を飲みながら整体を行っていくと、
いつも痛みがないのでいい状態か悪い状態かがわかりにくいという事です。

このメリットとデメリットを理解した上で
薬は服用してください。と患者さんには伝えています。
そして、飲まなくても我慢出来るくらいの痛みになったら
痛み止め薬の服用はやめるという前提でリボディでは整体をしています。


ページトップへ