産後骨盤矯正ブログ

8割以上の産後の女性が間違えている! 産後の骨盤が開かないようにするには、 どうしたらいいか?

  • 2017年01月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
大阪市にある産後の骨盤矯正サロン リボディ魚住です。

今日は「8割以上の産後の女性が間違えている!

産後の骨盤が開かないようにするには、

どうしたらいいか?」という記事です。

 

 

出産で開いてしまった骨盤が、
これ以上開かないように何を注意するかということです。

 

 

なぜこれを説明しようと思ったかというと、
産後の女性は逆の行動を取っていること多いのです。
うちの患者さんの中でも8割が間違っています。

 

 

正しい説明をしたらみんなびっくりされます。
代表的なのは産後のヨガ。

 

 

別にヨガを否定するわけではありません。
ですので、ヨガの先生でこの骨盤に関する記事を読んで、
気分を害される方にはすいませんでした。
先に謝ります。

 

 

そもそも地面に座ることで骨盤は開きます。
地面という条件がすでに悪いのです。
だから産後のヨガが悪いというのではなく、
そのヨガをやる環境が悪いのです。

 

 

産後ではなくても、
ヨガは地面に座ってあぐらの状態でしますね。
「地面+あぐら」という状態では骨盤は非常に開きます。
ヨガが終わった状態では腰痛になる方が多いですから。

 

 

だから産後のヨガが悪いのではありません。

 

 

もう少し踏み込んで説明すると、
地面では背中が丸くなります。
この背骨の丸みで骨盤が緩むのです

 

 

究極、地面に座らなくても、
背中を丸めて座っていれば骨盤はゆるまります。
緩くなるので開きます。

 

 

でもどうしても産後のヨガをしたい人は、
姿勢を良くして産後のヨガをすればいいんです。
もしくは、骨盤矯正をするといいのです。

 

 

骨盤矯正をすれば姿勢が良くなります。
姿勢を良く使えば、骨盤は広がりにくいのです。
産後の女性は骨盤が緩んでいるせいで、
背中も丸くなります。

 

 

産後の姿勢が悪くなってきたかな?という人は、
骨盤矯正を受けていただくと姿勢が良くなります。

 

 

今日はここまでです。
ありがとうございました。

 

 

ご予約の方はこちらから。
お電話の方はこちらから。
06-6763-2677

 

 

保育士のいる骨盤矯正サロン
リボディ魚住 院長 魚住行弘

ページトップへ