産後骨盤矯正ブログ

骨盤矯正は何をしている?

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は骨盤矯正に関してです。
あなたは骨盤矯正が何の目的でされていると思いますか?
(というか、こんな説明を受けたことがありますか?)

リボディ魚住での骨盤矯正の目的は一つです。
それは関節の状態を整える事。

そもそも関節とは何?
関節は骨と骨の継ぎ目のことです。
人間は約210個の骨があると言われています。
その多くの骨がうまくつながっていなかったら、
スムーズに動く事ができません。

関節のイメージですが、
バナナの皮を連想したらわかりやすいと思います。
うまく噛み合うとスゴくスムーズに滑ります。
しかし噛み合いが悪いと抵抗を受けながら動くことになります。

全ての関節がうまく噛み合い、
スムーズに動き出すと腰痛などの痛みは出ません。
いい例が田舎のおばあちゃんは背中が丸くなっています。
しかし本人に聞くと全く腰などは痛くないのです。
これは見た目は丸くなっているけど、背骨の関節がしっかり整っている証拠です。

リボディ魚住での整体は、
骨盤矯正で骨盤の関節の動きを整えます。
骨盤は全ての土台です。
その上には背骨が積み重なっています。

骨盤がズレると肩こりや頭痛が出るのがこの為です。
逆に言うと、肩こりや頭痛、手のしびれなどを治すのに
骨盤から治していかないのは余計な時間がかかるだけです。

ページトップへ