産後骨盤矯正ブログ

骨盤に良くない姿勢・体育座り

  • 2014年09月03日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

今日は誰しもが経験があるであろう体育座りです。

体育座りの姿勢を思い出してみてください。

股関節、骨盤、背骨・・・どれにもとても負荷がかかっています。

膝を抱えて座るって、結構大変ですよね。

 

疲れれば疲れるほど腕に力が入ります。

そして背中は丸まっていきますね。

そして骨盤は後ろ側に傾いた状態になります。

これを長時間行うと、腰痛になりやすくなります。

 

 

体育館などでやっていると腰も冷えます。

大人になるにつれて回数や時間は減って行きますが

テレビを見たりする時には

体育座り、という方もいらっしゃいますね。

 

 

テレビを見ながら体育座りは

何気なく行っている日常動作です。

こんなことが積み重なって

ひどい腰痛や、ぎっくり腰を引き起こすのです。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

そういう指導もきちんと行っていきます。

 

 

カウンセリングをしっかりすることで

日常動作に潜むクセを見つけ出し

骨盤や背骨のゆがみを引き起こすものを

1つずつ減らしていくようにしていきます。

 

 

骨盤矯正をして、クセをただせば

腰痛はもちろん起こりにくくなります。

今現在腰痛にお悩みの方は、まず体育座りをやめてみてください。

そして、当院にご相談くださいね。

ページトップへ