産後骨盤矯正ブログ

腰痛骨盤ベルトの必要性について

  • 2015年09月25日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。
今日は「腰痛骨盤ベルトの必要性」をご説明します。

なぜこれを説明するかと言うと、
みんな勘違いされているからです。

「痛くなってからでは遅いから」
「お守りの意味で巻く」
「予防のために巻く」

まず結論から。
腰痛骨盤ベルトの意味は予防のためではありません。
これは応急処置の目的です。
切り傷とかと同じなんです。
予防のためにバンドエイドなんか貼らないですよね(笑)

だから腰痛骨盤ベルトの目的は、
ぎっくり腰ですぐに仕事に行かないといけない。
激痛が走るけど、車で帰らないといけない。
こういったときに応急処置として
痛みが少しマシになるまでの期間限定としてベルトを巻くのです。

人によっては何年も巻いている人がいますが、
それは腰痛だから骨盤ベルトで解決するのではなく、
整体などに通う、または整体に通っている人ならその整体院を変えるべきでしょう。
理由は通っていても腰痛が改善していないからです。

何年も骨盤ベルトを巻いているなんておかしいのです。
本当に人間の体に必要なら、
もとから骨盤付近に腰痛骨盤ベルトが付いています。

という理由から大阪市の腰痛専門整体院 リボディ魚住では
腰痛骨盤ベルトはオススメしません。
リボディ魚住では何年間も腰痛骨盤ベルトを巻いている人でも、
腰痛が改善できるように整体していきます。

腰痛骨盤ベルトを巻いて腰痛で困っている人は、
大阪市の腰痛専門整体院 リボディ魚住までお電話ください。

ページトップへ