産後骨盤矯正ブログ

腰痛を引き起こす日常生活での動き・同じ姿勢での立ち仕事

  • 2014年08月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

日常生活を送っている中の何気ない動きが

腰痛を引き起こす原因になるというお話をしていきます。

今日は同じ姿勢での立ち仕事です。

 

 

例えば、ホームパーティーなどで大人数分の食事を作る時。

同じ姿勢での立ち仕事が続きます。

お仕事でも、工場のライン検査などは

ずっと同じ姿勢で立ったまま。

これが腰痛の原因になります。

 

 

ずっと同じ姿勢で立ち仕事をしていると

血行が悪くなってきます。

血行が悪くなると、筋肉に疲れが生じます。

段々と足や腰が疲れて来て

姿勢もおかしくなります。

 

 

最初はきちんと立っていても

次第にどちらかに体重がかかったり

猫背になっていったり、逆に反り返ったり。

これが骨盤のゆがみも引き起こして行きます。

 

 

普段から骨盤に負担をかける動きを続けていると

ちょっと長く立ち仕事をしただけでも

骨盤がゆがんでその後慢性的な腰痛が続くこともあります。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住では

骨盤矯正と同時に生活の中での注意点を

きちんとお伝えしていきます。

立つときの姿勢のアドバイスも行いますし

体重バランスの調整も行いますので

立ち仕事でも腰痛が起こりにくくなってきます。

 

 

気になる方は一度リボディで施術を受けてみてください。

お待ちしています。

ページトップへ