産後骨盤矯正ブログ

腰痛は温めてはいけない

  • 2014年07月08日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

今日は、腰痛は温めるな、というお話をします。

腰痛が起こった際、すぐに整体に来られる方ばかりではありません。

自宅でとりあえず対処をされるという方もいらっしゃいます。

その際には、絶対に温めないでほしいのです。

 

 

温めると、その部分の感度が鈍くなります。

痛みを感じにくくなるので、楽になった、治った、と感じます。

しかしそれはあくまでも気のせいであり、治ってはいないのです。

 

 

腰痛は、腰の筋肉が炎症を起こしてしまっている状態です。

炎症、つまり腫れています。

腫れた部分を温めるということは普段しませんね。

冷やすのが正解なのです。

 

 

でも、それを教えてくれる整体は大阪市でもそうありません。

痛くなったら温める。

痛みが増し、耐えられずに整体に行く。

温めるのが悪いことを知らないまま終了。

そしてまた痛くなったら温める、痛みが増す、の繰り返しです。

 

 

これでは腰痛を根本から改善させることはできません。

大阪市の整体院、リボディ魚住では、

生活習慣、体重バランス、骨盤のズレの3点を改善させる

リボディ式トライアングル整体を行うだけではなく、

日常生活の細かい指導なども行っています。

 

 

ぜひ大阪市の整体院 リボディ魚住へお越しください。

ページトップへ