産後骨盤矯正ブログ

腰痛と坐骨神経痛の関係

  • 2015年03月26日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

腰痛や股関節痛に悩まされている人には

同様に坐骨神経痛が起こっていることがあります。

坐骨神経は、腰から太ももにかけての間にある後大腿皮神経、膝部分の神経、

ふくらはぎにある神経などの大きなものをメインにして、

その周囲に小さい神経があります。

 

 

大きな神経、小さな神経ともに腰から足にかけてのびているため

坐骨神経痛というのは足のしびれなども引き起こしてしまいます。

基本的にお尻や太ももがしびれることが多いのですが

すねやふくらはぎ、または全体にかけて痛みやしびれを感じることもあります。

 

 

坐骨神経痛はヘルニアなどの腰痛が関係しているといわれます。

改善するにはヘルニアの手術が必要と言われることもあります。

が、こわばった筋肉をほぐしてあげればOKです。

マッサージではなく、骨盤を整えていくことによって

こりをほぐしていくのです。

坐骨神経痛も、実は固くなった筋肉から痛みが出ているのですから。

 

 

大阪市の整体院、リボディ魚住ではそのような症状も

きちんと原因を追究し、患者さんに対しては

丁寧に原因と今の症状を説明します。

納得して施術を受けていただけますから

治療計画通り来られる方が増えます。

 

その結果、改善率がうまく上がるのですね。

ページトップへ