産後骨盤矯正ブログ

立っている時の腰痛

  • 2014年05月12日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は立っている時の腰痛に関してです。
あなたは1日の中でどれぐらいの時間、
立って過ごしているかご存知でしょうか?

私はほぼ半日なんで、
8時間くらいは立っていると思います。
家事をしている方なら同じくらいの時間は立っているでしょう。
立っている事は結構体には負担になるのです。だから腰痛になるのですが。
しかもあるクセが必ず出てしまうのです。

このクセとは??
これはリボディ魚住の整体の中でも
1番はじめにお伝えすることです。
それは腰痛にならないようにする体重の乗せ方なんです。

あなたも含めて人間は、
必ずと言ってもいいほどどちらかの
足に体重を乗せて立ってしまうのです。
立ってしまうというのがポイントですが、
これは無意識的にやってしまう生活習慣なんです。

どちらかの足に体重が乗りやすいようになっています。
それは一体どこからやってくるのかと言うと、これが骨盤のズレなんです。
当然、立っている時に骨盤をズラしてしまうので、腰痛は出てくるのです。

立っているときなんで、
筋肉の疲労と勘違いされやすいのです。
しかし、自分の立ち方を確認して下さい。
きっとどちらか片一方の足に体重を乗せて立っていますよ。

ページトップへ