産後骨盤矯正ブログ

痛み止めを飲むときの注意点

  • 2014年05月10日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。
リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

今日は痛み止めのお話です。
腰痛や頭痛などの体の痛みは不快なものです。
私も出来るなら感じずにいたいものです。
だからリボディの患者さんも同じで飲んでいる方もいます。

私は患者さんに言っています。
飲んだ時のメリットとデメリットを。

まずメリットです。
これはわかりやすいです。
痛みがしばらくしたらおさまります。
だから快適に過ごせるようになります。

薬を飲む際の注意点は、
その場しのぎであるという事です。
これもわかりやすいと思いますが、
薬を飲んで痛みがない状態が治った状態かというと違います。
治った状態というのは薬を飲まないでも痛まない状態を言います。

1つ目のデメリットとしたら痛みがマシになるので、
いつも以上に動きすぎてしまいます。
その結果、薬の効果が切れると飲む前よりも
痛くなっているという事が多いのです。

2つ目のデメリットです。
薬を飲みながら整体を行っていくと、
いつも痛みがないのでいい状態か悪い状態かがわかりにくいという事です。

このメリットとデメリットを理解した上で
薬は服用してください。と患者さんには伝えています。
そして、飲まなくても我慢出来るくらいの痛みになったら
痛み止め薬の服用はやめるという前提でリボディでは整体をしています。

ページトップへ