産後骨盤矯正ブログ

痛いくらいがちょうどいい、はウソ?

  • 2014年08月20日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

痛気持ちいい。

よく耳にする言葉です。

痛いと気持ちいいのギリギリのところのことです。

ストレッチやマッサージ、ツボ押しなどでよく使われます。

そう感じるところまでやってください、と。

 

 

これは、あくまでもギリギリのところです。

痛いのを我慢してやることではありません。

マッサージは特に、痛いと感じるところまでやると

後で大変なことになります。

 

 

腰痛や肩こりの痛みを取るためには

多少痛いぐらいまでやってほしい。

その方が後ですっきりするから、という方が

多くいらっしゃいます。

 

 

しかし、大阪市の整体院リボディ魚住の整体は

スッキリさせるために行うのではありません。

痛みを引き起こす原因となっている体のゆがみを

正すために行うものです。

 

 

ですから、じわっと手のひらで押さえたりするような

とても優しい整体を行っていきます。

 

 

痛みを感じている場所というのは

体が悲鳴をあげている場所なのです。

痛いところをぐりぐり押さえては

痛みが悪化すると思いませんか?

 

 

本気で痛みを根元から取り去りたかったら

その場のすっきり感を求めるのはやめましょう。

整体の効果は、強さと比例するものではないのです。

それをぜひリボディ魚住で体験してください。

ページトップへ