産後骨盤矯正ブログ

産後太り、2つの原因

  • 2014年07月13日
  • |カテゴリー: ブログ
  • |コメント: コメントはありません。

こんにちは。

大阪市の整体院 リボディ魚住の院長 魚住行弘です。

 

 

産後太り、という言葉を聞くことがあります。

出産後、何だか下半身を中心に肉付きが良くなり

すっかり肝っ玉母さん体型になってしまう。

子どもを1人産むごとにどんどん体重が増加して

お悩みの方も多いようです。

 

 

この原因の1つは栄養の取りすぎです。

授乳中は、お母さんたちはしっかり栄養をとります。

そしてそれが全部赤ちゃんにいきます。

しかし、その食生活が習慣化していると

授乳をやめた後もそれは残ります。

そして栄養過多になり、これが体重増加につながります。

 

 

もう1つは、お肉がつく土台が整えられていることです。

出産でゆるんだ骨盤は、通常より広がった状態にあります。

ゆるんで不安定な状態を支えようとする体の反応により

重点的にお肉がついてくるのです。

土台が大きくなっているので、脂肪が付くスペースはたっぷりです。

 

 

授乳をストップした時が産後太りするかしないかの境目です。

それをチャンスとして骨盤矯正を行いましょう。

大阪市周辺の方が通う整体院、リボディ魚住は

お子様連れでも安心できるよう、専任の保育士が常駐しております。

お母さんの施術中は保育士がしっかりお子様に対応いたします。

安心して骨盤矯正にお越しください。

ページトップへ